東京から日帰りで満喫!「那須りんどう湖レイクビュー」の魅力

2019/05/15

東京から日帰りで満喫!「那須りんどう湖レイクビュー」の魅力

栃木県北部、那須高原の「りんどう湖」を中心としたレジャーランド「那須りんどう湖レイクビュー」へ行ってきました。可愛いアニマルパレードや、湖上のジップライン、最先端の乗り物などを満喫!

旅行メディア「itta」

旅行メディア「itta」

「那須りんどう湖レイクビュー」ってどんな場所?

栃木県北部、那須高原の「りんどう湖」を中心とした、約30万㎡の広さを誇るレジャーランド「那須りんどう湖レイクビュー」。牧場と遊園地を合わせたようなスポットで、丸一日たっぷり遊べます。
子連れファミリー向けのイメージが強いかもしれませんが、新コンテンツも登場し、大人だけのグループやカップルでも楽しめますよ。
編集部が実際に(大人だけで)行ってきましたので、「那須りんどう湖レイクビュー」の魅力・楽しみ方をお伝えします!


魅力1:那須高原の美しい風景

▲ この日はちょうど桜の見頃でした(撮影日:2019年4月20日)

東京都内から車で休憩を挟みつつ向かい、およそ3時間。「那須りんどう湖レイクビュー」に到着すると、まずその美しい風景に心奪われました!

雪が残る那須連峰と湖とのコラボは、まるでスイスを思わせる風景。(後で知りましたが、「那須りんどう湖レイクビュー」はもともと「スイス」をテーマに作られたレジャー施設なのだそうです!) 園内にはのんびりとした雰囲気が漂っています。

▲ 雄大な那須連峰を望むロケーション
▲ ボートに乗ってのんびり風景を楽しむのもおすすめ

魅力2:那須の恵みをいただく! 本格的なビュッフェ

▲「那須の恵み Mekke!」でランチビュッフェ

遊ぶ前に、まずは腹ごしらえ。正面ゲート脇の「那須の恵み Mekke!」にて、那須高原の食材をふんだんに使ったランチビュッフェをいただきました!
ちなみに、こちらは「那須りんどう湖レイクビュー」に入園しない方でも食事やお買い物を楽しめるので、那須観光のついでに立ち寄るのもおすすめです。

▲ Mekke! 店内からの眺めも素敵
▲ 釜焼きのステーキは絶対に食べたい!
▲ 野菜のしゃぶしゃぶも楽しめる

日本ビューホテルグループの那須興業株式会社が運営している施設とあり、ビュッフェもホテルクオリティー! 旬の食材が使われており、その季節限定のメニューも楽しめます。ビュッフェではつい、お肉やデザートばかり選んでしまいがちですが、せっかく那須に来たのですから「野菜」もたくさんいただきましょう!


魅力3:可愛い動物たちに癒される!

▲ 那須りんどう湖レイクビュー内「りんどう湖ファミリー牧場」

ランチビュッフェの後は牧場エリアへ。正面ゲートから牧場エリアまではやや距離があるため、遊覧船に乗って移動しました。

那須りんどう湖レイクビューには、アルパカ、ヤギ、ヒツジ、ウマなどたくさんの動物たちが暮らしています。子牛にミルクをあげる体験や乗馬体験など、ふれあい体験メニューも豊富!

▲ アニマルパレードのようす

園内では毎日「アニマルパレード」が開催されており、動物たちと一緒にコースを歩くことができます。可愛らしい動物たちの姿に癒されること間違いなし! 最後の “アヒルの競争” まで目が離せませんでした。

▲ 出番を終えて帰っていくアヒルたち

魅力4:爽快! 湖上のジップライン

▲「湖上の大冒険 〜KAKKU〜」(往復1人1,000円)

「那須りんどう湖レイクビュー」でぜひ体験しておきたいアトラクションがこちら。片道220m、りんどう湖の上を往復する「ジップライン〜KAKKU〜」。湖上滑空は世界初だそうです! 下を遊覧船が通る場面もあり、空を飛んでいるような気分が味わえますよ。

▲ りんどう湖の上を飛んでいる気分!

魅力5:最先端の乗り物「エアホイール」が体験できる!

▲「エアホイール」(1人1,000円)

「那須りんどう湖レイクビュー」では、セグウェイと似た電動二輪車「エアホイール(Air Wheel)」に乗ることができます。先ほどのジップラインと比べると少し地味に見えるかもしれませんが、乗ってみるとこれが想像以上に楽しいんです・・・!

ブレーキやアクセルは付いておらず、体の重心をほんの少し変えるだけで操作が可能。まずは基礎訓練を受け、その後、スタッフさんと一緒に園内のコースを散策します。

▲ 園内を散策

乗り方を丁寧に教えていただけるので、初めての方でも大丈夫。最初はフラフラしていた編集部も、すぐにコツをつかんで乗りこなすことができました!
まだ日本国内ではなかなか乗る機会が無い乗り物、ぜひ体験してみてくださいね。


魅力6:絶品! コーンまで白いソフトクリーム

▲ 那須りんどう湖レイクビュー内「ジャージーミルク館」

那須といえば乳製品が美味しいことで知られています。那須りんどう湖レイクビュー内でも、美味しいミルクを使ったスイーツが食べられますよ。おすすめは、「ジャージーミルク館」で販売されている「クラウディクリーム」!

▲「クラウディクリーム」(500円)

雲のように真っ白なソフトクリームは、ロイヤルジャージー牛乳がたっぷり使用されており、独特な甘さ。白いコーンにはほどよく塩味がきいていて、甘いソフトクリームとの相性抜群です!

“牧場のソフトクリーム”感が強い「高原ジャージーソフト」(400円)も美味しいので、食べ比べしてみるのもおすすめ。


魅力7:カラフルなフォトスポット

▲ ウォールアート #RindowRainbow

「ジャージーミルク館」のすぐそばには、海外にありそうなカラフルなウォールアートが! 友達や家族との写真撮影にはもちろん、ソフトクリームなどのスイーツを撮影するときの背景としても良さそう。

▲ カラフルなテーブルも可愛い

このほか、虹色の横断歩道や、自分の影がアルパカに変身する影アートなど、楽しいフォトスポットがたくさん! 園内を散策しながら探してみてください。


動物や自然に癒され、那須の美味しい食材を味わい、アトラクションも満喫した1日でした! 他にもコンテンツがたくさんありますので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

\「東京から日帰り」の旅のしおり /

フェリーで行くのがおすすめ! 南房総「浜焼き食べ放題」の旅

フェリーで行くのがおすすめ! 南房総「浜焼き食べ放題」の旅

旅行メディア「itta」

「美味しい海鮮をお腹いっぱい食べたい・・・!」そんな願いを叶えるべく、千葉県の南房総エリアへ行ってきました! 金谷港周辺で、浜焼き食べ放題と絶景を楽しむ日帰り旅です。

東京から日帰りで楽しむ「湯河原温泉」ゆるり旅

東京から日帰りで楽しむ「湯河原温泉」ゆるり旅

旅行メディア「itta」

神奈川県の西南端に位置する「湯河原」は、東京都内から日帰りでも楽しめる温泉地。夏目漱石の作品に登場した滝や、日帰りで温泉が楽しめる話題の施設など、実際に行って良かったスポットをご紹介します。

冒険を求めて無人島へ! 東京から日帰りで行ける「猿島」

冒険を求めて無人島へ! 東京から日帰りで行ける「猿島」

旅行メディア「itta」

数年前からSNSなどでよく目にする「猿島」。行きたいなと思いながらもなかなか行く機会がなかったのですが、ついに行ってきました! 思い切り冒険気分を味わってきたので、ご紹介していきたいと思います。

この記事を書いたライター情報

旅行メディア「itta」

旅行メディア「itta」

近場のお出かけスポットから世界の秘境まで、旅好きライターが訪れた場所を紹介する旅行メディア。旅先でのトラブル体験談など、実際に行ったからこそ分かった情報が満載! 家にいながらでもちょっとした旅行気分が味わえます。

旅行メディア「itta」 が最近書いた記事

SERIES