天空の宿坊「生雲」で、心地よい静けさに包まれて【石川県】

2019/05/19

天空の宿坊「生雲」で、心地よい静けさに包まれて【石川県】

石川県小松市にある「白山自然智の里 生雲(いくも)」。ここは、主に仏教寺院や神社などで僧侶や参拝者のために作られた宿泊施設「宿坊(しゅくぼう)」です。最高の景色に癒されるうえ、宿泊客のために毎朝火祭りが行われていると聞き、さっそく行ってきました。

福井の「ふーぽ」

福井の「ふーぽ」

山頂にある天空の宿坊で、静けさに心を澄まして。

 

建物は2階建てのロッジ風。標高470mの円行山の頂にあり、深い静寂の時間が流れます

東側には悠々と連なる山々、西側には日本海や、金沢から福井までの景色を見渡せるパノラミックなロケーションに「生雲」はあります。


一見、山小屋のようですが、先ほども言った通りここはあくまでも「宿房」

山のふもとにある那谷寺(なたでら)の行者が、かつては修行をした場所として知られ、敷地内には御堂も残っています

 

とはいえ、館内はほっこりと暖かな雰囲気で、まるで巣ごもりをしているような感覚に。

寒い時期には薪のはぜる音が響く暖炉の部屋もあります。

 

山を目の前にした写経は心研ぎ澄まされるひとときですよ。

 

地元産の野菜や肉、魚を使用した夕食は旬を尽くした味わいです。

 

シンプルで心地よい寝室でゆっくりと。

夜には満天の星空に出合うチャンスもあります。

 

そして、何といってもここに泊まる醍醐味は、宿泊客のために毎朝行われる火祭り

那谷寺の僧侶が白山を拝みながら護摩を焚く、日本古来の祈りの儀式に参加できます

 

テラスから見える夕陽は圧巻の美しさ

ノイズのない“空”の時間の豊かさに、圧倒され通しの山の一夜でした。

【料金】
1泊2日 21,600円(夕食・朝食付、火祭り祈祷料、那谷寺拝観料込)

※冬期間(12月中旬~翌年3月中旬予定)は閉館。予約時に問い合わせを。

福井の情報は「ふーぽ」におまかせ

おすすめ記事

この記事を書いたライター情報

福井の「ふーぽ」

福井の「ふーぽ」

福井のことならWEBサイト「ふーぽ」にお任せ! 福井での暮らしが少し楽しくなるような情報を毎日発信しています。グルメやイベント、スポット情報、街の身近な話題など、気軽にゆるーく、だけど時には真面目にお届け中!

福井の「ふーぽ」 が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES