福井の古民家レストラン・カフェで至福の癒し時間【まとめ1】

2019/05/20

福井の古民家レストラン・カフェで至福の癒し時間【まとめ1】

古き良き日本家屋には、人の心をゆるりと癒す不思議な魅力があると思いませんか? ということで、福井県内でオススメの古民家レストラン・カフェを2回にわけて紹介。今回は、南越前町、福井市、鯖江市の4店舗です。

福井の「ふーぽ」

福井の「ふーぽ」

歴史をまとう空間で、のんびりと

畝来(うら) / 南越前町

 

2017年、日本遺産に登録された、旧河野村にある北前船主の館「右近家」。

同時期に敷地内にある築105年の建物をリノベーションし、「畝来」がオープンしました。

一方の窓からは日本海を、反対側からは日本庭園を眺められる見晴らしの良いロケーションが魅力です。

 

天井板や欄間など、大正時代の余韻を感じながらいただけるのは、地元で獲れた新鮮な魚や無農薬野菜を使った料理です。

ランチは前菜、スープ、選べるメイン料理で1,700円~。

手間暇をかけた料理だからこそ、スローに楽しんで。

 

窓からは日本庭園だけでなく、高台に建つ「旧右近家西洋住宅西洋館」も眺められます。

海が一望できるので、食後に立ち寄りたいですね。

古さと新しさを洒脱に織りまぜて

焙煎工房 Snowcafe(スノウカフェ) / 福井市

 

古民家の佇まいを残しつつ、どこかモダンな雰囲気。

板間をリフォームしたテーブルや、壁掛けのボンボン時計、天井からつるしたランプなど、クラシカルな風合いを醸す家具が築85年の古民家に新しい息吹をもたらしています

 

書院造りの仏間にあった透かし障子を壁の中にはめ込み再利用しています。

カウンターから客席の様子を垣間見られるほか、通気性の良さも◎

「プレーンのシフォンケーキにアイスとベリーソース、ホイップクリームを添えて」850円、「アイスコーヒー」550円(すべて税抜)

看板スイーツは工学博士であるオーナーが生み出した、きめ細やかな極上シフォンケーキ

おともには店内で自家焙煎された香ばしいコーヒーを。

オーダーごとにハンドドリップし、越前焼の器でサーブしてくれます。

木のぬくもりいっぱい。床に座ってのんびりと

鯖江の古民家カフェ&教室 RAćKU(ラシーク) / 鯖江市

 

中に入るとスッと汗がひく、古民家特有のひんやりとした空気感が心地よく、窓越しの緑も目に優しいですね。

空間になじむ板張りの床やテーブルはすべてセルフリフォームというから驚きです。

築100年余を経た風格を漂わせつつ、広々と解放感溢れる空間に仕上げたのは、「子ども連れの方でも気兼ねせずにくつろいでほしいから」と店主。

 

玄関横を彩るのは日本建築設計学会のワークショップで制作された木材のオブジェ。

日本建築の粋が集結しています。

「ガトーショコラ」480円、「コーヒー」480円

自然由来の材料で作る軽食やスイーツも魅力的です。

コーヒーはオーガニックの豆を仕入れています。

旧家の佇まいにしっとりとたゆたう

coffee&bread 木ノ芽(きのめ) / 南越前町

 

ガラスシェードのランプが温かな陰影を生み出し、土壁に飾られた水車のパーツがノスタルジックな気分へと誘います。

 

ころんと丸いシェードランプは改修の際、蔵で見つかったもの。不思議とモダンな表情を見せてくれます。

 

今庄伝統の建築様式はそのままに、1931年に建てられた旧山田家の邸宅が「今庄旅籠塾」のメンバーと地元の学生たちの手で再生され、カフェとしてオープン。

奥には庭に面した畳の席もあります。

「木ノ芽セット」600円は、ドリンクとパン2種付き

看板の品は毎朝焼かれるふわふわの手作りパン。

静かな宿場町の風情を感じながら、ゆっくりと味わって。

福井の情報は「ふーぽ」におまかせ

おすすめ記事

この記事を書いたライター情報

福井の「ふーぽ」

福井の「ふーぽ」

福井のことならWEBサイト「ふーぽ」にお任せ! 福井での暮らしが少し楽しくなるような情報を毎日発信しています。グルメやイベント、スポット情報、街の身近な話題など、気軽にゆるーく、だけど時には真面目にお届け中!

福井の「ふーぽ」 が最近書いた記事

SERIES