令和は始まりましたが「平成」という名の中華飯店の歴史は続く

2019/05/21

令和は始まりましたが「平成」という名の中華飯店の歴史は続く

長崎新聞社員の食いしん坊メモ。長崎の王道グルメから意外な食べ物までご紹介します。

長崎新聞『なん食べよっと?』

長崎新聞『なん食べよっと?』

令和は始まりましたが「平成」という名の中華飯店の歴史は続く|長崎市中園町 平成

こんにちは。ybです。
時代は平成から令和に変わりましたが、みなさんどうお過ごしですか?
筆者、いつもと変わらないグルメ散策の日々です(笑)
散策中に、気になるお店を見つけました!

中華ハウス 平成 外観

赤迫電停から徒歩数分、中華ハウス 平成です。
なんとオープンは平成元年。
平成と聞いたら最近と思いますが、30年続いてるお店って事ですよね。

中華ハウス 平成 店内雰囲気

早速お店の中へ。
家族向けのテーブル、お一人様向けカウンター席とスッキリした雰囲気です。

中華ハウス 平成 メニュー

メニューの一部がこちら。
展示スタイルですね。
ちゃんぽんに皿うどん、半炒飯セット…。いいですね~
ん?肉玉丼とは…!?
気になります。
毎度の事ながらメニュー選びは一苦労です。

中華ハウス 平成 特製ちゃんぽん

注文したのはこちら。
年号も変わっておめでたいので、通常より豪華な『特製ちゃんぽん(850円)』です。
見た目通りの具だくさん♪

中華ハウス 平成 特製ちゃんぽん

お肉たっぷり、シャキシャキ野菜たっぷり。
ぷりっぷりのエビや歯ごたえあるイカ、コリコリのキクラゲなど盛りだくさん♪
コクあるスープが麺や野菜によくからみ、箸とレンゲが止まりません。

中華ハウス 平成 特製ちゃんぽん

角度を変えると具の山に隠れていたのは肉団子。
もう全部素晴らしい。
味もボリュームも満足です。

中華ハウス 平成 店頭のサンプル

お店入り口にはなつかしさを感じさせる料理サンプルが。
年号の平成は終わっても、中華ハウス「平成」の歴史は、まだまだ続くんですね。
次回は、肉玉丼食べたい!!

長崎新聞・なん食べよっと

長崎新聞・なん食べよっと

長崎新聞社員の食いしん坊メモ。 長崎の王道グルメから意外な食べ物までご紹介します

この記事を書いたライター情報

長崎新聞『なん食べよっと?』

長崎新聞『なん食べよっと?』

長崎新聞社員の食いしん坊メモ。長崎の王道グルメから意外な食べ物までご紹介します。

長崎新聞『なん食べよっと?』 が最近書いた記事

SERIES