野球とクラフトビールの融合!ベイスターズのビアバー『&9』

野球とクラフトビールの融合!ベイスターズのビアバー『&9』

2019/05/27

横浜DeNAベイスターズが運営する複合施設「THE BAYS」内、「ブルーバードカフェ &9(アンド・ナイン)」!既存のカフェレストランスペースに加えて、常時10種類以上のクラフトビールが楽しめるビアバーです。

ビール女子

ビール女子

「日々の暮らし」×「野球」を楽しめるカフェ

クラフトビアバーが併設されている「ブルーバードカフェ &9(以下、&9)」は、"「日々の暮らし」に少し「野球文化」を加え、コミュニティーを深める拠点となるカフェ"としてつくられました。

「&9」が入っている「THE BAYS」は横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムの目の前に位置しており、球団が運営するオリジナルグッズショップやコワーキングスペース、フィットネスプログラムスタジオなどが入る「Sports×Creative」をテーマとした、新たなライフスタイルを提供する空間です。

スタイリッシュで懐かしさも感じる店内

横浜市所有の指定有形文化財である「旧関東財務局横浜財務事務所」を利用した建物で、スタイリッシュながらどこか懐かしさを感じさせる雰囲気を残し、「&9」では地元の人たちがゆっくりと食事を楽しんでいました。

球団の遊び心溢れたビアバー

横浜DeNAベイスターズは、球団オリジナル醸造ビール『BAYSTARS ALE』『BAYSTARS LAGER』を発売しており、ホームゲーム開催日の横浜スタジアム内でも楽しむことができます。

球団自慢のオリジナルビールを試合がない日でもぜひたくさんの人に飲んでもらいたいという思いから今回クラフトビアバーが作られました。

タップにはバットや公式試合球が使用されています

そんな球団がつくるビアバーのタップはなんと、実際に使われていたバットや公式試合球!筒香選手や宮﨑選手といった実際に選手が使っていたもので、柄の部分には名前が残っているものもあるそうです。野球好きはもちろん、なかなかお目にかかることのできないタップにビール好きの血もきっと騒ぐはず。

野球ファンにはたまらないビールタップ

タップ数は全部で20個!ユニークなタップを眺めながら、常時10種類以上のクラフトビールを楽しむことができます。

『&9』限定ビールも登場!

「&9」では、現在球場内で楽しむことができる『BAYSTARS ALE』、『BAYSTARS LAGER』の他に、シーズンによって限定醸造される『BAYSTARS SEASON LIMITED BEER』や「&9」限定オリジナルビールを飲むことができます!

『BAYSTARS PORTER』

「&9」限定ビールの第一弾である、『BAYSTARS PORTER』。窒素ガスにて注がれるため、クリーミーなきめの細かい泡となめらかな口当たりが特長です。

口にすると、柔らかい口当たりと共にほのかな甘みが口に広がり、後からふんわりと苦味が舌の上に広がります。食事と一緒に飲むのはもちろん、コーヒーのようにじっくりと楽しめそうな一杯です。

シーズンで限定発売される「BAYSTARS SEASON LIMITED BEER」は、約2ヶ月に1回のペースで季節に合わせたビールが登場します。

『BAYSTARS WHEAT ALE』

『BAYSTARS WHEAT ALE』は、華やかな香りと口にするとやわらかい泡が特長のウィートエールです。苦味はあまり感じないですが、すっきりとした味わいのため、グイグイ飲めてしまう一杯です。

球団がつくるこだわりのビール

さらに「&9」では、横浜スタジアムでのホームゲーム開催時は、野球中継をみながらビールを飲むことができるそうです。野球観戦の前や後に一杯飲むのはもちろん、球団の造るこだわりのオリジナルビールを楽しむのにぴったりなビアスポットです。

この記事を書いたライター情報

ビール女子

ビール女子

「ビール女子」は、ビール好きの女性がよりビールを楽しむためのWEBマガジン&コミュニティです。新発売情報やイベント情報など、ビールに関する新着情報はもちろん、ビールに合うおつまみや役立つコラムなど、ビールを楽しむための情報を発信したり、定期的にイベントを開催しています。

ビール女子 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載