【埼玉】ワクワク♪デジタル技術を使った次世代型テーマパーク

【埼玉】ワクワク♪デジタル技術を使った次世代型テーマパーク

2019/05/28

ボールプールで的あてしたり、砂の上で宝探しをしたり…と、デジタルの世界で遊びながら、いつの間にか子どもの想像力や集中力を伸ばせてしまう次世代型テーマパーク「リトルプラネット」ステラタウン大宮が、さいたま市のステラタウンにNEW OPEN!!家族でワイワイ♪楽しんじゃおう!!

ショッパー

ショッパー

ワクワクのデジタルアトラクションに夢中☆遊びが学びに変わる!?

どんな世界が待っている!?ワクワク☆ドキドキ♪

4月17日にOPENした「リトルプラネット」は、ドキドキ☆ワクワクの展開にハマる人続出の、まさに驚きの星。140坪の敷地に14のアトラクションを展開、全天候型の施設なので天候を気にせず安心して楽しめます。

楽しいデジタル空間☆不思議の星で遊びながらアタマとココロを鍛えよう!

入り口で入国審査!自分の顔がアバターになって不思議な冒険へ出発☆

写真を撮って入国審査を通ったら、自分のアバターがデジタル世界で動き出し、不思議体験が始まります。メーンキャラの「モグー」と一緒にデジタル世界へ飛び出そう!

手に汗にぎる!自分だけのスーパーカーでレースバトル!

自分の車がカーレースに参戦!!エキサイティング!

自分で塗り絵したスーパーカーが立体になって走り出し、レースを繰り広げる「スケッチレーシング」と、自分で作った力士が紙相撲バトルする「ペーパーリキシ」は、盛り上がること間違いナシ!遊ぶうち表現力、探求心、自律的活動力等、いくつもの学習ができちゃうアトラクションです。

カーレースも紙相撲も表彰台を狙っちゃおう!

魔法のステッキで宝探し!?虫眼鏡で動物発見!?

箱庭のような美しい砂の世界♡
手で掘るとそこは川に!砂を積もらせると雪山に!

砂の上に海や陸が出現!専用のアイテムを使って宝探しや生き物の観察ができる未来のAR砂遊び「サンドパーティー」。堀った場所は川に。積み上げた場所は雪山に。砂遊びが衛生的で安全にできる場所としても貴重です。

泳いで、投げて、スターを集めて大興奮!!

美しいデジタル世界に夢中♡

光と音のデジタルボールプール、「ザブーン」。的に向かってボールを投げたり、スターを集めたり、幻想的な空間と音楽に包まれて、全身を使って思い切り遊べます。集中力等が伸ばせること間違いナシ!

自由に描こう!いくら書いても汚れないから安心!!

デジタル落書きは自由自在♪自分の好きなものを思い切り描いちゃおう☆

インクのないデジタル落書きができる「スプレーペインティング」。未来のデジタル落書きで、好きなものを自由に描こう!想像力を羽ばたかせよう!

キューブの色と数をそろえるキューブパズルで頭を鍛えよう!

頭の回転が超高速に!?ハマりだすと病みつき!

「パズルダンジョン」は、キューブパズルを回転して、課題をクリアし頭脳を鍛える楽しいゲーム。超集中力パズルアクションで君も天才に!

おすすめチケットは90分!

デジタル落ち葉遊びの美しい世界に引き込まれます☆

このほか「デジタルトランポリン「フラッピー」、デジタル落ち葉遊び「ディスカバリーリーフ」等があり、家族で遊べます。チケットは通常17歳までが60分1400円、90分1800円、延長15分ごと300円。18歳以上60分900円、90分1000円、延長15分ごと100円。1日フリーパスもあり、問い合わせを。

おトクなキャンペーンもチェックしよう!

コンテンツはどれもカワイくて夢いっぱい♡

おトクなキャンペーンも随時開催、内容や期間はリトルプラネットステラタウン大宮へ問い合わせを♪
(取材・イナズマ)

※この記事は2019年5月に作成したものです。

【体験レポート】鉄道に詳しくない人こそ。てっぱくに行こう!

【体験レポート】鉄道に詳しくない人こそ。てっぱくに行こう!

地域新聞ショッパー

知らない、分からないからこそ面白い。 新しい鉄道博物館の魅力が発掘できる楽しみ方を探しに行ってきました。 デートコースや、女子旅、家族でお出かけにもおすすめです。

【大宮】旅好きは行かなきゃ損!東日本をまるまる楽しむならココ

【大宮】旅好きは行かなきゃ損!東日本をまるまる楽しむならココ

地域新聞ショッパー

大宮駅東口から徒歩1分。地酒や特産品、ビジネスなど東日本のあらゆるものが一堂に会する「まるまるひがしにほん 東日本連携センター」が、3月28日にオープンしました。

【大宮】奥深い盆栽の世界「世界初の公立盆栽美術館」

【大宮】奥深い盆栽の世界「世界初の公立盆栽美術館」

地域新聞ショッパー

盆栽の聖地として、世界から数多くの愛好家が訪れる大宮盆栽村。この地に近接して世界で初の公立の盆栽美術館として開館し、盆栽の名品・優品の数々を展示、情報を発信しているのが、さいたま市大宮盆栽美術館です。

この記事を書いたライター情報

ショッパー

ショッパー

地域密着、生活情報紙ショッパーは地元に愛され続けて半世紀。埼玉県、東京都下、神奈川県一部で毎週金曜日発行。86万世帯に無料でお届け。最新のグルメ、美容、健康、イベントなどお得情報満載。ポータルサイトのチイコミ、ショッパー電子版、ちいき新聞Webにも面白ネタ絶賛掲載中。

ショッパー が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載