夏に食べたい! 人気ラーメン店が贈る期間限定メニュー4選

夏に食べたい! 人気ラーメン店が贈る期間限定メニュー4選

2019/07/23

人気ラーメン店が、暑い季節に作るラーメンがアツい! 店の顔であるレギュラーメニューを提供しつつ、夏にピッタリの新メニューを期間限定で提供中! 涼やかなメニュー、ピリッと刺激的な味まで…とにかくラーメン店渾身の一杯であるからして…美味い!! まだ間に合う、おすすめメニューをご紹介!

あわわ

あわわ

らーめん Kojima(こじま)/小松島市

ビビン麺 700円※9月下旬まで

辛さと酸味の見事な調和に脱帽

さっぱり食べたいときにオススメ

コチュジャンと酢を合わせた特製ダレをたっぷりまとったモチモチの中太麺に、自家製のキムチ・ナムル各3種類をトッピング。氷水で締めた冷たい麺と絶妙に絡み合う真っ赤なタレは、その色から想像するほどの辛さはなく、酢とキムチの主張しすぎないさわやかな酸味がポイントです!

ニンニクとゴマの香りが食欲をそそる自家製キムチとナムル

“韓国版酢みそ”ともいえる特製ダレは野菜との相性がよく、ナムルにしたモヤシや大根、清涼感のあるトマトのキムチと絡み合い絶妙なハーモニーを奏でます。

店主・小島さん「トマトのキムチがおすすめです」

店主・小島さんが「これからの季節にオススメしたいメニューです」と自信を持って薦める逸品。冷やし中華もいいけど、今年はぜひ[ビビン麺]を試してみて!

ラーメン工房 風(かぜ)/徳島市

ざるラーメン 650円※9月下旬まで

のどこし爽快! 魅惑の極細麺

食欲が落ちても、食べられる!

冷たいものが恋しくなり始める初夏。「食欲が落ちても食べられるラーメンを」と開発された[ざるラーメン]は、冷たい麺を冷たいつけ汁でいただく、見た目にも涼しげな逸品。甘辛いつけダレに、トッピングのすりゴマ・ネギ・豚バラ肉を投入し、さっとくぐらせてすすればなんとも涼やか!  ツルッと軽く食べられるので、おなかいっぱい食べたい方には+100円の大盛り(2玉)がオススメ!

毎朝早朝から打つ、ツルツルとのどごしのよい極細の自家製麺

ラーメンというよりそうめんのように繊細で、すべるように軽やかにのどを通ってゆく極細麺は、毎朝4時から打つ自家製。キンキンに冷えた氷水でよくもみ冷やすことで、しなやかでキュッと締まったコシのある麺に仕上げています!

店主・川風さん「つけ汁に七味を入れてもおいしいよ!」

らーめん 福福 (ふくふく)/吉野川市山川町

台湾ラーメン 700円※9月末まで

徳島県民好みの大胆アレンジ

暑い時期には、やっぱり辛いメニュー!

名前のおかげで台湾料理と勘違いしている人も多いかも!? 実は名古屋発祥の日本料理。特徴は濃厚なしょうゆ系スープと、その上に鎮座する辛肉みそと周りを泳ぐニラ。パンチの効いた味わいと尖るような辛さが醍醐味ですが『福福』はそれを辛さを保持しながらもマイルドな味わいに仕上げています。

全体をバランスよくまとめているのが、ニンニクのドライチップス
店主・原田さん「ほんのり、かつおだしが香ります」

塩ベースのスープには自慢の鶏ガラを採用し改良を加え、肉の辛さを口内で優しく中和してくれる瞬間の複雑さがヤミツキに。そこに加わるニラの香りも絶妙です。

上手かもん(うまかもん)/鳴門市

冷やし柚めん 800円※10月中旬まで

ユズのおいしさ、再発見!

誰もが気づく、ゆずのおいしさ

この一杯を食べれば、誰もがゆずのおいしさに驚くに違いありません。 スープはゆずの風味の中にかつおや昆布などからとっただしが存在感を残し、ツルっとした細麺と豚バラに相性抜群! 「だしにどうゆずを合わせるか、どうバランスを取るかを大事にしています」と店主の西川さん。トッピングも旬の野菜が使われます。

ユズは徳島をはじめさまざまな産地から取り寄せ、たっぷりと使われる

5月頃のゆずはまだ青く、さっぱりとしたさわやかさが印象的。秋になり完熟するとまろやかさが出てくるので、季節によって風味が変わる過程を楽しむのも粋ですよ!

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載