秘伝のタレで絶品ハンバーグ!世田谷で40年愛される洋食店

2019/06/23

秘伝のタレで絶品ハンバーグ!世田谷で40年愛される洋食店

インスタ映えという表現が、メニューを評価する一つの基準として定着している。見栄えが要求され、デザイン性、ユニークさ、奇抜さなどが競われる。しかし、そもそも料理で大事なのは、そういったことなのか…?「バーボン」の「ハンバーグオリジナルライス」は、その問いに「NO」と言うメニューだ。

たべぷろ

たべぷろ

「インスタ映え」より「おいしさ映え」

食べる前に撮影することが、多くの人の間で定着している。料理を見ての第一声は、女性なら「カワイイッ~!」。ところが「バーボン」では、「料理をお出ししたとき、『わ~、おいしそう!』と言ってくださるお客さまが、結構いらっしゃるんですよ」と話すのは、オーナーと一緒に夫婦で40年間、同店を切り盛りしてきた渡辺るみかさん。

なるほど、最近は“インスタ映え”ばかりがもてはやされているが、料理で大事なのは“おいしさ映え”かもしれない。「ハンバーグオリジナルライス」は写真の通り、特徴的な見栄えがあるわけではない。しかし、そこにはお客さんに思わず「おいしそう!」と言わせるメニューの力がある。

合いびき肉を160g使用したハンバーグを焼いてからカットする

同店はハンバーグとスパゲティの店としてスタートし、その後、メニュー数を増やしていったが、それらの多くに使用されているのが秘伝のタレ。その名も「バーボンのタレ」。

醤油ベースで砂糖不使用でも玉ネギのほのかな甘みがあり、このタレを隠し味にすることで他にはない味になる。しかも一度食べたらやみつきになる味だ。「このタレがあるからこそ、40年間、店を続けられたのかもしれせんね」と、一つの稀有(けう)なタレが繁盛店を創り出したというわけだ。

ハンバーグのスライスがゴロゴロ入っている

「ハンバーグオリジナルライス」の詳細は公開できないが、特徴その(1)は、ひき肉でもミートボールでもなく、いったん焼いたハンバーグをスライスして入れていること。その(2)は、ミートソースとホワイトソースをダブル使いしていることにある。「皆さん、お皿をなめたかのように、残さず召し上がってくださいます」と「おいしそう」ではなく、「おいしい」逸品なのだ。

「ハンバーグオリジナルライス」1,080円(税込み)スライスしたハンバーグ、ミートソース、ホワイトソースを合わせ、「バーボンのタレ」を隠し味に

●店舗情報
「バーボン」

所在地=東京都世田谷区世田谷1-29-14
開業=1979年
坪数・席数=16坪・37席
営業時間=11時~15時、17時30分~21時30分、土11時~21時、日・祝日12時~21時。火曜休(月1回、月・火の連休あり)
平均客単価=1080円

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「おいしい食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう!食の専門紙・日本食糧新聞社が運営しています。

この記事を書いたライター情報

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう! 食の専門紙・日本食糧新聞社が、おいしい食べ方、健康な食べ方、ニッポンの食べ方などをお届けします。

たべぷろ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES