熟成和牛焼肉エイジング・ビーフが名古屋の四間道界隈にOPEN

2019/06/11

熟成和牛焼肉エイジング・ビーフが名古屋の四間道界隈にOPEN

熟成黒毛和牛のエキスパートとして、東京を中心に店舗を拡大している『エイジング・ビーフ』がついに名古屋にやってきました。熟成肉ならではの肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

モダンな古民家風の隠れ家で熟成焼肉を堪能!

5月30日(木)にオープンしたばかりの『熟成和牛焼肉 エイジング・ビーフ名古屋』。名駅より徒歩7分、国際センター駅なら徒歩3分、人気急上昇の風情あふれる四間道界隈の好立地です。

古民家風のモダンなお店です

四間道界隈の町並みに合わせたモダンな古民家風の佇まいは、まさに大人の隠れ家。

ライブキッチンになっている1階の店内
店内の2階。緑色は名古屋城をイメージしたのだとか

店内も、伝統的な組木細工などが施された和風デザイン。落ち着いた時間を過ごせます。

「AgingBeef 希少コース」 (5800円 税抜)※写真は4人分です

今回はコースメニューの「AgingBeef 希少コース」をいただきました。全10品で、9種類の部位が楽しめます。

キムチ3種盛合せ、ナムル3種盛合せ、熟成肉で作った自家製前菜

まずは「キムチ」と「ナムル」。そして「熟成肉で作った自家製前菜」です。熟成肉の生ハムは旨味が濃縮され、深みがある味わいです。

「上タン塩」と「熟成タン塩」の食べ比べ

ローズマリーが添えられたのが熟成タン。「上タン塩」「熟成タン塩」は塩とレモンでいただきました。ジューシーなうま味と、芳香なうま味のどちらも楽しめてウレシイ。

韓国のりたっぷりチョレギサラダ

韓国のりの風味がタップリ。さっぱりとしたサラダです。

「熟成和牛サーロインやきすき」はお店の人に目の前で焼いてもらえます
クルクルとお肉を巻いて
卵黄につけていただきます

好みの焼き加減でお店の人に焼いてもらえる「熟成和牛サーロインやきすき」。濃厚で柔らかく、とろけるような味わいです。

本日のホルモン2点盛

本日のホルモンは「ハツ」と「コプチャン」です。

熟成和牛厳選希少部位5種盛合せ

いよいよメインの焼肉。お肉のプロもおすすめの「ブリスケ」は、本来は歯ごたえのある部位ですが、熟成肉ならではの濃厚な柔らかさにビックリ。そして、貴重な部位の「カイノミ」や「ザブトン」、赤身の「イチボ」、とろける「大トロカルビ」に舌鼓をうちました。どれも熟成肉ならではの芳醇な味わいに大満足!

お食事物

本日のお食事物は「すだち冷麺」。すだちの爽やかな酸味が口の中をスッキリとさせます。

デザート

最後は見た目に華やかなグラススウィーツ。どれにしようか迷ってしまいますね。

日本初の熟成肉専門店として2010年に誕生した「エイジング・ビーフ」。黒毛和牛を丸ごと一頭買いし、一頭全て調理するのだとか。塊の状態で30日間、乾燥熟成(ドライエイジング)させたお肉は、信じられないくらい旨み、食感、芳醇な味わいが増します。寝かせたお肉はこんなにも美味しい!

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES