人力車のカフェ!?「Rickshaw café 」オープン

人力車のカフェ!?「Rickshaw café 」オープン

2019/06/08

今回は、嵐山に新しくオープンした「Rickshaw café (リキシャカフェ)」を紹介します。JR嵯峨嵐山駅そばのコーヒースタンドで、今までにありそうでなかったショップ。コーヒーやエスプレッソがメインですが、他のドリンクや軽食、朝9時から営業でモーニング使いもできますよ。

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

駅そばの一等地に「人力車カフェ」誕生

黒が基調の落ち着いた外観

JR嵯峨嵐山駅近く、人通りの多いエリアに3/29オープンしたリキシャカフェ。テラス席もあり、天気のいい日には外でコーヒーブレイクもできます。

ロゴも人力車がモチーフになっています

リキシャカフェという店名、嵐山を連想するわけでもないし、由来が気になりますよね。人力車→リキシャで「リキシャカフェ」。人力車のえびす屋が運営しているからこの名前なんです。そう聞いて納得!
右手のシャッターのスペースは人力車の車庫になっているし、希望すればリキシャカフェから人力車に乗ることもできるそうです

メニューは京都にゆかりのあるものが中心!京都を感じられます

母体が人力車だからって、味はおろそかではありませんよ

サインにあるように「% ARABICA Kyoto」のコーヒー豆が使われていて、クォリティーも申し分ありません。

ロゴが入っていて存在感たっぷりのエスプレッソマシン

店内にはアラビカでもおなじみのエスプレッソマシン、スレイヤーが置かれています。おいしいエスプレッソが飲めそうで、期待が高まりますね。
ドリンクはカフェラテなどエスプレッソ系から、しそソーダなどソフトドリンクやビールのほか、乳酸菌飲料"ミルクピス"というのも。これは、久美浜町「ジャージー牧場 ミルク工房そら」で、ジャージー牛乳から作られる乳酸菌飲料。濃厚だけどさっぱりしていて、カルピスのような味なのだとか。

プリンやシュークリーム、ソフトクリームもありますよ

スイーツには美山牛乳が使われていて、こちらもおいしいと評判です。ソフトクリームもありますよ。
美山牛乳やミルクピスを使うのは、できるだけ京都の味を口にしてほしいという想いから。一見京都っぽくなさそうですが、より京都が感じられるカフェをめざし運営されています。

オシャレな店内は意外と広め

店内の座席は、テーブル席、ベンチ、カウンター席で構成されています。コンパクトなスペースながら席数はそこそこあるので、ゆっくり休憩できます。

えびす屋の社長が直々に描いたもので、どれも本人にそっくりなんだそう

壁に貼ってあるイラスト、よく見たら車夫さんなんです!もし人力車も利用することがあれば、イラストの車夫さんを探すとおもしろいかもしれませんね。

元車夫のバリスタが淹れるカフェラテにも注目

パンのお味も最高です!

カフェラテはコクがありながら、砂糖を入れなくてもごくごく飲める味。あんバターサンドは、あんもバターもたっぷり挟まれ、パンはさくさくでおいしかったのでオススメです。他に京風だし巻きサンドもあるので、好みであれこれチョイスしてみてください。

リキシャパフェ

画像はリキシャパフェ。この時はいちごでしたが(内容は季節により変わります)、底にパン?が詰まっていて小腹が満たされおいしかったです。
メニューはいずれもテイクアウトOKなので、連れ出して渡月橋を見ながら味わうのもいいかも。

バリスタさんがラテアートをしているのを撮らせていただきました

このバリスタさんは元車夫さんで、以前は別のお店で働いていたそうです。元車夫さんだからか、とても気さくでお話上手。話が弾むと思うので、ぜひ話しかけてみてください。ちなみに店長も元車夫さんなのだそうです。
駅のそば、観光エリアど真ん中にあるリキシャカフェ。にぎわう立地でありながら、気軽に利用できるコーヒースタンドです。嵐山を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

この記事を書いたライター情報

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

京都の観光・グルメ情報を網羅したローカルサイト「Kyotopi(キョウトピ)」 です。京都を愛するライターが実際に足を運び取材をしています。京都をもっと好きになってもらえるような観光、グルメ、イベント情報を厳選してお届けします。

Kyotopi(キョウトピ) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載