魔法のかかった魔女の「コッペパン」あなたはもう食べた?/埼玉

2019/06/14

魔法のかかった魔女の「コッペパン」あなたはもう食べた?/埼玉

美味しいおまじないの意味を込めて名付けられた店名「魔女のコッペンパ」。さいたま市見沼区に4月13日オープン以来、連日売り切れ続出です。

ショッパー

ショッパー

午後1時には品薄に…幅広い世代に人気のこだわりパン

種類豊富なパンの数々は、早々に売り切れてしまうことも

コッペパン・食パン・バラエティパン等50種以上を販売する「魔女のコッペンパ」では、国産小麦や地元でとれた材料を使用しています。

▲食パン輝きプレミアム。コッペパン以外の商品も人気

中でも、コッペパンには格別のこだわりがあり、埼玉県産小麦のハナマンテンを使用。

▲あんこマーガリン

ひとつのパンに3日間、丹精込めて作られる生地はそのものに甘みがありフワフワです。

案内してくれた魔女の菅原さんは、「私は何も挟まずに、ほのかな甘みを楽しむのが好きです」と話してくれました。

中でも人気なのは…

バラエティパンの数々にもファンが多い

素材の良さを存分に活かしたさまざまな人気商品。

中でも人気ナンバー1は、蒸し鶏のレモンバジル(389円)。

▲蒸し鶏のレモンバジル(389円)

低温スチームで調理した柔らかい鶏むね肉に、無農薬レタスとバジルソースがかかっています。

▲レーズンカスタード(200円)

他にも有機レーズンを練りこんだレーズンカスタード(200円)や、フワフワの食感で子どもからも大人気のチョココロネ(195円)などバラエティ豊かです。

併設されているカフェテラスは、ペットと一緒に飲食OK!

お店の可愛いロゴが目印
温かい雰囲気についつい長居してしまいそう

古民家を改装して作った店舗は落ち着いた雰囲気で、ゆったりと時間が流れるよう。

クラシカルな中にも、遊び心が随所に散りばめられているのも魅力です。

テラス席も広々
お犬様の指定席もしっかりあります!(笑)

併設されているカフェでは、購入したパンを食べるイートインスペースとしての利用や、カフェメニューの食事ももちろん可能。

▲チーズとオニオンをふんだんに使ったオニオンブレッド(540円)

カフェメニューは、スープ・サラダ・パン付きのパスタランチ(864円)や、トーストしたコロコロの食パンとサラダを、ビーツと玉ねぎのドレッシングで味付けしたスープ付きのパンサラダ(864円)等から選べます。

▲魔女の帽子(380円)

温かい人柄とポップな遊び心に癒される

お散歩途中にフラリと立ち寄りたくなります

およそ2か月に一度、菅原さんが発行しているという「魔女新聞」。

温かい人柄に自然と頬が緩みます。

菅原さん手作りのつるし飾り

「ゆくゆくは、あそこに行けば楽しいことがある、と思ってもらえるような魔女の館にしていきたいんです」と話す菅原さん。

つるし飾りのワークショップや、子ども向けに「魔女っ子見習い教室」も実施予定です。

(取材・えりんぎ)

パン好きが集まるパン屋さん「ベーカリー・パンプキン」

パン好きが集まるパン屋さん「ベーカリー・パンプキン」

ショッパー電子版

赤い外観とひさしが目印。 埼玉県川越市で行列のできる人気のパン屋さん「ベーカリー・パンプキン」を取材しました。

パン好き必見!甘い、やわらかい、香ばしい、こだわり食パン3選

パン好き必見!甘い、やわらかい、香ばしい、こだわり食パン3選

ショッパー電子版

町田市・相模原市のパン3選。朝食や給食等の食事用として一般化している食パンに力を注ぎ始めたこだわりのパン店をご紹介。

この記事を書いたライター情報

ショッパー

ショッパー

地域密着、生活情報紙ショッパーは地元に愛され続けて半世紀。埼玉県、東京都下、神奈川県一部で毎週金曜日発行。86万世帯に無料でお届け。最新のグルメ、美容、健康、イベントなどお得情報満載。ポータルサイトのチイコミ、ショッパー電子版、ちいき新聞Webにも面白ネタ絶賛掲載中。

ショッパー が最近書いた記事

SERIES