今行かないと、見られなくなるかも!?北海道の幻の橋へ行こう

2019/06/17

今行かないと、見られなくなるかも!?北海道の幻の橋へ行こう

日本の秘境を訪れる旅。今回は北海道の上士幌(かみしほろ)町の「糠平湖」に存在する「幻の橋」、北海道遺産にも指定されている「タウシュベツ川橋梁」をご紹介します。

JAPAN WEB MAGAZINE

JAPAN WEB MAGAZINE

幻の橋へ!

北海道上士幌(かみしほろ)町にある糠平湖は、十勝川水系の一級河川「音更川(おとふけがわ)」の中流に建設された「糠平ダム」によって出来上がった面積約8.2平方キロメートル、周囲約33キロメートル、水深約30メートル(最大水深約60メートル)の人造湖。人造湖とはいっても、自然豊かな大雪山国立公園内にあって、ヤマメやワカサギをはじめ、ニジマス、鯉、アメマス、ウグイ、オショロコマなど、数多くの魚たちも生息している、天然の湖と見まごうばかりの美しい湖です。

糠平湖

その糠平湖には「幻の橋」とも呼ばれる橋梁があります。それが今回ご紹介する「タウシュベツ川橋梁」です。

このタウシュベツ川橋梁は元々、旧国鉄時代の士幌線のアーチ橋だった橋。帯広駅と十勝三股駅を結んでいた士幌線は1925年に運営を開始した路線で、道路事情のよくなかった時代にはそれなりに多くの物資や人を運んでいたそうですが、60年代以降、国道が整備されて交通事情が良くなったこともあって利用が減少、国鉄民営化直前の1987年に廃線となってしまいました。

タウシュベツ川橋梁への道

その際、帯広と糠平の間は線路などの撤去はほどなくして行われたそうですが、糠平と十勝三股の間は諸事情により撤去は進まず、戦前に造られた多数のアーチ橋の存在や自然豊かな環境などの理由でいつしか廃線巡りの聖地の一つとなりました。

廃線後の士幌線には30基以上の橋梁が残されており、そのうち34基が北海道遺産にも指定されています。

タウシュベツ川橋梁への道

「タウシュベツ川橋梁」もそのうちの一つで、ロケーションの美しさや、時期限定でしか見られない希少性ゆえ、「幻の橋」と呼ばれています。

タウシュベツ川橋梁への道

それでは早速タウシュベツ橋梁に行ってみましょう。タウシュベツ川橋梁のある糠平湖は、帯広と紋別の間を結ぶ国道273号線沿いにあります。道内の国道の最高所である「三国峠」(国道のある標高は1139メートル)もそばにあるので、そちらにも忘れずに立ち寄ってみて下さい。

タウシュベツ川橋梁に直接足を運ぶ前に、国道273号線に遠くからタウシュベツ川橋梁を望める展望所もあるので、そちらに立ち寄るのもおすすめです。

タウシュベツ川橋梁は国道273号線から林道を経由してたどり着くことができるのですが、林道で事故が起きたこともあって現在は事前に許可を得た車両以外は通行止めとなっています。
というわけで徒歩でアクセスすることになります。

タウシュベツ川橋梁への道

入り口から橋梁までの距離は約4キロメートルほどで、気持ちの良い木立の中を進んでいくので、ちょうどよい散歩・ハイキングの距離ではありますが、時期によってはクマが出没する可能性もありますので、クマよけの鈴は忘れずに携帯してくださいね!

タウシュベツ川橋梁への道の途中で見つけた清らかな湧き水

所々にアップダウンはありますが、基本的に歩きやすい道が続く林道をてくてくと進むと、1時間ほどでタウシュベツ橋梁への脇道が出てきます。

林道をそれてタウシュベツ川橋梁へ行く

美しい自然の中とはいえ、同じような風景の中を歩き続け、ちょっと退屈してきたころに辿りつくので、目の前が開け、湖と橋梁が出てきた瞬間の感動はひとしお。

タウシュベツ川橋梁 1937年に完成したコンクリート製アーチ橋

美しい青空をバックに、橋脚が水に埋もれたタウシュベツ川橋梁が見えます。季節や年により、湖の水量が異なり、橋の見え方は変わりますが、北海道遺産にも指定されている橋梁の美しさはやはり目を引きます。そう、この湖の水の増減により、見えたり見えなかったりすることが、このタウシュベツ川橋梁をして「幻の橋」と呼ばしめる理由になっているのです。

タウシュベツ川橋梁 橋は崩落の危険性があるので渡れないようになっています
反対側から見たタウシュベツ川橋梁

この糠平湖は、冬になると凍結するのですが、橋はその凍結と融解によりかなりのダメージを受けており、崩壊寸前と言っても過言ではない状態です。

タウシュベツ川橋梁

しかしだからこそ、刹那的な美しさ、儚さの美があるのかもしれません。

ちなみに冬の美しさはさらに格別なので、機会があれば是非、冬場も足を運んでみられることをおすすめします。

タウシュベツ川橋梁への道

今しか見られないかもしれない「幻の橋」。建築がお好きな方や廃墟が好きな方、鉄道好きな方などには特におすすめのスポットです。

\タウシュベツ川橋梁の詳細はこちら/

冬のタウシュベツ川橋梁

冬のタウシュベツ川橋梁

絶景の冬のタウシュベツ川橋梁へ

冬のタウシュベツ川橋梁の様子、凍結した糠平湖など

この記事を書いたライター情報

JAPAN WEB MAGAZINE

JAPAN WEB MAGAZINE

日本の魅力再発見! 日本を感じる・知る・見る・食べる JAPAN WEB MAGAZINEが、美しい日本、美味しい日本をあなたへお届けします。

JAPAN WEB MAGAZINE が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES