京都・三条大橋すぐ!ブランチの名店などが満を持してオープン

特集

夏の京都観光で絶景&グルメを楽しむ!

2019/06/18

京都・三条大橋すぐ!ブランチの名店などが満を持してオープン

京都に住んでいると、鴨川を眺めるとホッと落ち着いた気持ちになれる方も多いはず。そんな鴨川沿いといえば、三条大橋の風景を思い浮かべるスタッフ。その三条大橋のたもとに、“街を照らし未来を灯す”をコンセプトにした商業ビル「PONTONITE(ポントニテ)」がオープンしました。

WEB Leaf

WEB Leaf

三条大橋すぐ!「PONTONITE(ポントニテ)」にブランチの名店など満を持してオープン

美味しさ、心地よさ、新しさの三拍子が揃ったこの施設には、注目の3店舗が新登場。

三条大橋から見た「PONTONITE(ポントニテ)」

地下1・1階には、四季折々、新鮮な旬の食材を活かし、海鮮を中心とした本格高級中華料理レストラン[四季軒(しきけん)]、2階には地元・京都で人気の[弘]が手がける[和牛ステーキ弘]、3・4階には東京でNYスタイルのブランチ専門店としてオープン以来ブランチや昼シャン文化を根付かせた[MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO(マーサーブランチテラスハウスキョート)]がニューオープンです。


今回は、[四季軒]と[MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO]の内覧会に参加させていただきました!

まず向かったのは、3・4階に誕生した[MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO(マーサーブランチテラスハウスキョート)]。
このビル全てが三条大橋と鴨川を眺められる絶景ポイントがありますが、こちらのテラス席の眺めがなんとも素敵なんです!

こちらは4階の様子。おしゃれなインテリア、その奥には…
三条大橋を眺められるテラス席が。五山の送り火の「妙」「法」「大」の3つも見ることができそう。この夏の特等席になりそうですね!
3階には、中心に暖炉が!なんとも大人な雰囲気。(この日は内覧会のため特別仕様の配置)

こちらのおすすめは、特別なレシピで焼き上げたブリオッシュを、表面はカリッと、中は濃厚なプリンのようにしっとり焼き上げた「ブリオッシュフレンチトースト」。そのフレンチトーストに、サラダやメインディッシュ、鉄板料理などがついてくるブリオッシュフレンチトーストブランチコース2,800円(税別)や、紅茶と3段ティースタンドがついたアフタヌーンティー2,800円(税別。2〜8名にて14〜17時。2時間制)などの名物メニューがあるのだそう。

焼き立てのブリオッシュトーストがついたブランチコースのイメージ(提供:MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO)

一面ガラス張りの店内は、お昼は燦々と降り注ぐ爽快な光を感じ、夜には落ち着いた雰囲気で夜景を楽しむことができ、なんとも優雅な時間が過ごせそうです。

続いて向かったのは、地下1・1階にオープンした[四季軒(しきけん)]。こちらで提供されるのは、海鮮を中心に四季折々の新鮮な食材を使ったやさしい味わいの中華料理です。

[四季軒]の入口
内覧会でも本格的な中華料理をいただきました

香港風の海鮮鍋や焼き物、フカヒレ、アワビなどを使った本場仕込みの自慢の逸品などがメニューに揃います。もちろんこちらにも鴨川や三条大橋を眺められる特等席がありました!

地元・京都で人気の[弘]が初めて開店する[和牛ステーキ弘]については別の記事でご紹介!

京都らしい絶景席がある、注目の商業施設「PONTONITE(ポントニテ)」。みなさんも近くに行った際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

鴨川納涼床

鴨川納涼床

京都の夏といえば、川床。川床で食べられるお店を大特集!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES