トヨタのクルマづくりの歴史がわかる。「トヨタ産業技術記念館」

トヨタのクルマづくりの歴史がわかる。「トヨタ産業技術記念館」

2019/06/26

大正時代に建てられた赤レンガづくりの工場をそのまま使用し、産業遺産として保存・活用した「トヨタ産業技術記念館」。自動車の国産化に挑んだ「豊田喜一郎」が情熱を注いだ「モノづくり」の大切さについて学ぶことができます。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

モノづくりの大切さを伝える博物館

フォトジェニックな赤レンガの建物

名鉄名古屋本線「栄生」駅から徒歩3分。トヨタグループ発祥の地に残された大正時代の赤レンガづくりの工場を産業遺産として保存・活用した博物館「トヨタ産業技術記念館」。

トヨタの自動車づくりをさまざまな角度から紹介している「自動車館」と、近代日本の発展を支えた基幹産業の一つである繊維機械、仕組みの機構モデルなどを展示した「繊維機械館」を見学することができます。

まるで自動車工場のような「自動車館」

「自動車館」1階の内観

「自動車館」の広さは延べ7900平方メートル。大きな体育館に自動車工場がまるごと入ったような展示場は、「自動車事業創業期」「自動車のしくみと構成部品」「開発技術」「生産技術」の4つのゾーンから構成されています。

トヨダG1型トラック

「自動車館」で最も印象的なのが、トヨタ最初の乗用車・トラックから、最新のMIRAIまで、各時代を代表するトヨタ車が展示されているところ。

トヨダAA型乗用車

トヨダAA型乗用車や初代クラウン、初代カローラ、初代セルシオなど、懐かしい車が勢ぞろいしています。

トヨペットクラウンRS型

社会変化とともにさまざまなニーズが生まれ、それに応えるかたちで誕生した、それぞれの時代の代表車。

歴代のトヨタ車

ピカピカに磨かれた歴代のトヨタ車に大人も子どもも感動すること間違いないです。

 

自動車の仕組みと構成部品コーナー

普段、車に乗っていても、あまり意識したことがない自動車の基本的な仕組み。
こちらでは自動車の基本的な仕組みとともに、エンジン、トランスミッション、ブレーキ、ステアリング、シャシー、ガラス、ボデー、ランプなど、車を構成する部品の変遷と技術の進歩をわかりやすく展示しています。

駆動方式とサスペンション技術の変遷

ボタンを押すと、その機構が一目でわかる動態展示も盛りだくさん。走って、曲がって、止まるために、こんなに多くの部品が活躍していることが一目瞭然。外側だけではわからない、自動車内部の仕組みがよくわかります。

自動車の組立作業

車の製造工程を一通り見学することができます。昔の車の組み立てから最新の電気自動車まで様々な展示解説が楽しめます。

試作工場

自動車の大量生産がスタートした昭和10年代のトヨタの最初の工場、挙母(ころも)工場の一部を再現したコーナーでは、AA型乗用車がどのようにつくられたか、鋳造、鍛造、機械加工、プレス、塗装、組立の生産工程を再現しています。

メインボデー組付自動溶接機

4代目プリウス用に導入された自動溶接組付装置を動態展示しています。

エンジンとシャシーの自動組付装置

自動車の組付作業を行う双腕ロボットの展示もあります。

繊維機械館

広々とした繊維機械館内観

大正時代に建てられた紡績工場、建屋をそのまま使用した約3500平方メートルもの広々とした空間には、動力の変貌を紹介する展示や、紡ぐ・織る機械、現代のメカトロ装置の繊維機械まで約100台、実演や動態展示により技術の進歩が手に取るようにわかります。

「豊田佐吉」が開発した織機

紡機で作られた「糸」を使って、「布」を織る……。人力織機から動力織機、自動織機、そしてコンピュータ制御が用いられた最新の織機までの織機技術の移り変わりを、目のあたりにすることができます。

最新型の豊田エアジェットルームJAT810-E型

オペレーターによる実演で、糸を紡いだり、布を織るところを目の前で実際に機械を動かして説明してくれます。

わくわく体験コーナー

 

土・日・祝日、小学校の春、夏、冬休み期間中の休館日を除く平日には、小・中学生のお子さんを対象に、クルマをつくるときに使われるプレス、穴あけ、樹脂成型の3種類の加工を見学した後に、出来たパーツを使ってストラップやプルバックカー、メダルを作るイベントが開催されています。

カラフルなAA型ストラップ

ストラップやプルバックカー、このほかにメダルを作成でき、持ち帰りも可能。

AA型プルバックカー

思い出作りにいかがでしょう。

100年以上前に作られた蒸気機関

蒸気機関

「トヨタ産業技術記念館」は「旧豊田紡織本社工場」の赤レンガの建物を活用しています。この工場には、かつて紡織機の原動力としてスイス スルザー社製の蒸気機関が設置されていました。

先人のたゆまぬ努力によって培われた「モノづくり」の数々や、トヨタグループの歴史にたっぷり触れることができる「トヨタ産業技術記念館」にぜひ足を運んでみては。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載