京都駅・伊勢丹内に「MAGAZINE COFFEE」が誕生

特集

夏の京都観光で絶景&グルメを楽しむ!

2019/06/22

京都駅・伊勢丹内に「MAGAZINE COFFEE」が誕生

ジェイアール京都伊勢丹の婦人服売場(4階)の南側エスカレーターの横に[MAGAZINE COFFEE(マガジン コーヒー)]がオープンしました。

WEB Leaf

WEB Leaf

京都駅に誕生[MAGAZINE COFFEE]。"雑誌の楽しさ"を感じられる場所に

みなさん、こんにちは。先日、好きだった雑誌が休刊していたことを知ったWebLeafスタッフです。あの頃大好きだった本が読めなくなる…と思うとしばらく離れていたものの、すごく悲しい気持ちになりました。同様に、数々の雑誌が廃刊・休刊を余儀なくされ、出版社も少なくなってきています。

毎月『月刊誌Leaf』を発行する私たちは、“雑誌” は編集者が情報を取捨選択し、情報の信憑性を精査し、その時代のトレンドを踏まえ、「これだ!」と思う編集テーマに沿って作り上げた、洗練された情報の結晶だと考えています。その“雑誌”を見れば、時代がわかる、と思うのです。

情報が溢れ過ぎて、本当に大切な情報、知りたい情報を自分で選ばなければいけない時代となって…どの情報を選べばいいのか、取捨選択に疲れてしまうこともありませんか?

そんな今だからこそ、「編集されたもの」に身を委ねられる場所を作りたい!との思いから、京都の玄関口である京都駅に、編集された情報の素晴らしさに触れられる場所をオープンしました。

その名も[MAGAZINE COFFEE(マガジン コーヒー)]。場所は、ジェイアール京都伊勢丹の婦人服売場(4階)の南側エスカレーターの横です。

エスカレーターを4階まであがっていただくと、この写真のようにセレクトされた雑誌がずらりと並んだ場所が登場します。

Leafだけでなく、新旧問わず様々な雑誌が並びます
レジスタンドの前には、コーヒーに関する雑誌がたくさん!
奥にはゆったり座れるシートも。根っからの雑誌好きのWebLeafスタッフは、目の前の雑誌を取って何時間でも過ごせそうです…!

雑誌と一緒に注目していただきたいのが、コーヒー。こちらでは、元田中にある、元美術学校の教室をリノベーションした小さな焙煎所[珈琲焙煎所 旅の音]さんに共同開発していただいたオリジナルブレンドが飲めるんです。その味は、チョコレートのようなビターな甘さと、ベリーのような爽やかさを兼ね揃えた味わい。この日はちょっと暑かったので、コールドブリューコーヒーとアイスのカフェラテを試してみることにしました。

(左)コールドブリューコーヒー450円、(右)カフェラテ500円

コールドブリューコーヒーは少し酸味も感じられ、夏にぴったりなさっぱりとしたフレーバー。カフェラテはしっかりとしたコーヒーの深い味わいがミルクにマッチしています。その他にも、ひとつ一つ丁寧に淹れたハンドドリップコーヒー(ホット)450円、エスプレッソ シングル400円、ダブル420円、ヘーゼルナッツやキャラメルのフレーバーラテ(ホット・アイス)550円なども。

また、コーヒーと一緒に、甘酸っぱいレモンケーキや京都の伝統菓子「ぼうろ」にカフェオレ風味のチョコレートをたっぷり染み込ませたクッキーボールもぜひ試してみてください。

レモンケーキ300円。表面はアイシングがサクッ!そして食べてみるとしっとりとして美味しいです♪
クッキーボール700円。たっぷりカフェオレ風味のチョコが染みているので、スッキリとしたこちらのコーヒーにぴったり!

その他にも、旅の音さんとコラボさせていただいたコーヒー豆の販売なども。

お買い物途中の休憩や待ち合わせ、仕事の合間の隙間時間など…編集された空間で、お気に入りを見つけにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

鴨川納涼床

鴨川納涼床

京都の夏といえば、川床。川床で食べられるお店を大特集!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES