総重量1キロ以上で700円! 福岡の名物山盛カレー

総重量1キロ以上で700円! 福岡の名物山盛カレー

2019/06/27

福岡でデカ盛りのカレーといえば、すぐにその名があがる有名店「カレーショップ 河」。山のようにこんもり盛られたご飯が格安で提供され、食べ盛りの学生たちに愛されて27年。昔の常連たちが今でも食べに来る、その魅力を紹介しよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

店主の気概を感じる「山」のように「盛」られたカレー

ルーに素材が溶け込んだ、複雑な味わいとコクも人気の理由。食べ始めるとクセになる

現在の店舗は福岡市早良区田村。以前は1992年から九州大学六本松キャンパスの近くで営業していたが、2005年に開設された糸島市の伊都キャンパスへ学生が移ったことから、10年前に同じ福岡市内にある福岡歯科大学のすぐそばに移転した。

福岡市の南西部を走る福岡外環状道路から1本南側を走る市道沿いにある
通り沿いにもイラスト入りで山盛りカレー(1kg)を紹介している
木のあたたかみを感じる、テーブル席中心の店内は、明るくて家庭的な雰囲気
代表の斎藤さん。この道50年の大ベテランだ
代表の斎藤さん
代表の斎藤さん
「最初は洋食のコックで、帝国ホテルのキッチンセンターにいたこともあります。福岡県庁の洋食のチーフをしていた時、当時の亀井知事から、チーフのオムライスはおいしいってよく言われてました。その頃からカレーの評判もよかったので、店を開くことにしたんです」
メニュー構成はいたってシンプル。カレーライス、ハヤシライス、鉄鍋焼きカレーにいろんなトッピングが追加できる

山盛のご飯は1kgで普通盛でも450g!

元々は、普通盛400g、大盛700gだったが、閉店間際の食べ盛りの学生に毎日ご飯をサービスするうちに、特盛、山盛、ドーム盛と隠れメニュー名が乱立して現在の3種類に落ち着いたそう。

通常、全国チェーンのカレー店でも普通盛のご飯は300gぐらい。この店では普通盛を頼んでも実は大盛の量を頼んでいるということになる。1.5倍にもなっているので、大食漢にはとてもありがたいのだがそうでもない方は注意が必要。

カレー(700円)の下に山盛(1kg)・中盛(700g)・普通盛(450g)と表示してあるように、ご飯を倍以上にしても値段が変わらないのだ
まずライスをお皿に盛っていく。1日に使うお米の量は10kgにもなるそう
目盛りはぴったり1kg。錯覚で皿が小さく見える
「山盛」というメニュー通りに、ごはんをペッタンペッタンと整えていく

ルーは、佐賀県白石町または淡路島のたまねぎ、メークイン、牛すじ、バラ肉などが裏ごししたように跡形もなく煮込まれ、じんわりと溶け出したマイルドな仕上がり

毎日7時間ほど煮込んで、休ませ、夜仕上げる釜を、1日ごとに変えるので2つ用意し、新しく作ったルーにもう1つの窯にあるルーを混ぜてブレンドし続けることで、コクが出て、素材が一体化した深い味わいになる。

2つの窯を開業時から使いルーを継ぎ足し続け、ここでしか味わえない旨味が生まれている
忙しいときは睡眠3時間で、朝5時から仕込みをする斎藤さん。「自分が好きで飯炊きじじいをやってるので楽しい」と笑う
ご飯の上からまんべんなくカレーをかけていく

直径24cmの皿の端から端までが、ルーで覆いつくされて、カレー山盛の完成だ!

ルーの海に浮かぶカレー山の高さは10cm以上
時々、溶けた牛すじの繊維がキラキラと光って見える。以前はホテルに卸していた自慢の味
ルーも多めだが、ご飯の量が圧倒的なため、食べる配分によっては足らないこともあるので、その時はルーを追加(100g・150円)しよう
山盛・中盛を残した場合は、上記の追加料金がかかるので、食べきれる量を注文しよう

食べ盛りの子が成長した姿を見てまた頑張れる!

「学生の時によく利用していた子が、遠くなっても家族を連れて来てくれるのはすごくうれしい」と斎藤さん。「お父さんはここのカレーを昔山盛で食べていた」と、自分の子どもに自慢する様子を見るたびに疲れも吹き飛ぶそう。

移転したり、カレー以外のメニューを始めたりして、少しずつ店が変化していっても、食べ盛りの若い学生たちへのサポートは続けていきたいそうだ。

定食なら、手造りハンバーグステーキセット(850円、11:30~17:00のみ提供)が人気
代表の斎藤さん
代表の斎藤さん
「洋食の経験もいかしてハンバーグ店もしてみたかったので、こだわって作っています。事前に両面を強い火で素焼きしておいて注文を受けてから中を温めると、甘いたまねぎと肉汁がミックスされてさらにおいしくなるんです」
カレーソースも追加(100g・150円)すれば両方味わえるので、このパターンの注文も多いそう
各テーブルには福神漬、らっきょうが備えてあり、無料なのもありがたい
現在70歳の斎藤さん。「きつい時もあるけど、若い子たちがたくさん食べてくれるからそれがうれしくて忘れてしまう」と語る
代表の斎藤さん
代表の斎藤さん
「カレー好きの孫がいるから、そのうちに手伝ったりしてくれるようにならないかと心の中で少し期待しています(笑)」

取材メモ/昼より夜の方が比較的混雑しないそうなので、ランチ時より晩ごはん狙いがオススメです!

取材・文=シーアール 撮影=中島昌吾

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載