60cm超のデカ盛りパフェに行列!大阪スイーツ界の二郎に挑む

特集

【第2弾】大阪「デカ盛り」グルメで食いだおれ

2019/06/18

60cm超のデカ盛りパフェに行列!大阪スイーツ界の二郎に挑む

大阪にはグルメファイターをうならせる、個性的な大盛りグルメが数多く点在。今回は鶴橋に超ビッグサイズのパフェがあると聞きつけ訪れることに。「鶴橋といえば焼肉!」という概念が覆るかもしれないパフェを平らげるべく、ライター山﨑が扉をたたきます! いざ、たのもー!!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ここは大阪のエベレストか? 鶴橋にそびえる超高層デカ盛りビッグパフェ

JR鶴橋駅の西口を降りてまっすぐ歩けば右手にお店が現れます

焼肉や韓国料理など数々の名店がひしめき合う大阪・鶴橋駅。今回訪れるパフェ屋「鶴橋~KANARIYA~」は各線鶴橋駅から徒歩1分。にぎやかな駅前にはおいしそうな店が軒を連ねますが、巨大パフェに備えて我慢してくださいね~。先に食べたらどえらいことになりますよ~。

店長の児玉さんと奥さま。「これからも寿命の続く限り頑張りますので、ぜひ来てください」と店長。ちなみにお店に並ぶお酒のボトルは店長のものなので、あしからず

1979年創業、今年で40周年を迎える「鶴橋~KANARIYA~」。店名は、商標登録申請に行った際、考えていた案がすでに登録済みだったらしく、勢いで決めてしまったのだとか。そんなエピソードも笑って語ってくれる店長と奥さまは、とても話しやすい雰囲気で、これから始まる巨大パフェへの挑戦にライター・山﨑をいざなってくれます。

児玉さん
児玉さん
「もともとは喫茶店だったんです。そのときはミルクセーキやピラフなど、喫茶店らしいメニューを出していました。でも40年前はね、今みたいに若者が気軽に入れる喫茶店がなかったんです。だから“若い子が安心して立ち寄れるお店を”という想いでお店をパフェ屋さんにしました」
お店は、落ち着いたクラシカルな雰囲気
昔働いていたスタッフが描きあげたという、かわいい看板。オープン時間は12時になっていますが、現在は変わっていますのでYahoo!ロコを要チェック

高さ60cm! 下山困難なやりすぎパフェ参上

椅子に座ったままの画角だと確実にフレームにはおさまりません。デコレーションの域を優に超えた盛り具合は恐ろしいほど。大阪スイーツ界の二郎と呼びたい

こちらが鶴橋の最高峰・スペシャルフルーツパフェ! もう何が何やら、ツッコミどころが多すぎるんですけど……! とりあえずパフェの情報から整理してご説明いたします。こちらのスペシャルフルーツパフェは4人前仕様。お値段は、学生が3000円、一般の方は4000円です。どこまでも若者に優しい店長の粋な計らいがお値段にも垣間見えますね。スペシャルパフェには、フルーツチョコ味もあるそうです。

児玉さん
児玉さん
「お店の目玉商品になるようなものを作ろう! ということで、高さ40cmのチョコレートパフェが完成しました。その後に60cmの特大サイズができあがったんですよ!」
パフェに入る材料たち。こちらにさらにヨーグルトとサクランボも追加で入ります(実際の量はこちらとは異なります)
手慣れた様子で仕上げていく店長。すでに30cmは超えているのではなかろうか……
部活後の球ひろいですか?

ヨーグルトとフルーツソースがたっぷりかけられたパフェグラスにはテニスボール大のアイスが約5個。そして、コーンフレークもびっしり。そこからバナナやパイナップルなどのフルーツをゴロっと投入。そしてまたまたテニスボール大のアイス9個をオン(ちなみにアイスの量だけで計3kg)。まだまだ実況は終わりません! さらに店長の流れるような手首回し(超速)で目が眩むくらいの生クリームがそびえたち、サクランボでフィニッシュ! もはや何かの実験をしているようにしか見えません。

児玉さん
児玉さん
「良い子はマネしないでくださいね(笑)。ちなみに器も特注品です。だから割れたら悲しいです……」

感嘆の声が出ること必至。食べる前からお手上げ宣言

恐怖さえ感じるような、超ハイエストサイズ

立ち上がらないとスプーンが届かないってどういうこと? パフェというかわいいはずのスイーツなのに、かわいさは感じられません。チョコンと乗っているサクランボさえ、山を制したクライマーのような勇ましさを放っています。頂上から流れるソースも鍾乳洞ができるのではないかと思うほどの荘厳な垂れ具合です。食べ始める前ですが、もうギブアップ予告して良いですか……?

高さ60cmと聞いていましたが、サクランボのヘタ入れたら61cm超えてますやん!
かくれんぼができそうな勢いです

ひとしきり驚き終わったら、さあ、いよいよパフェを実食です。 

見た目とは裏腹にあっさりした味わい。あれ、完食できるかも?

生クリームとアイスはほど良い甘さでおいしく、キウイやブルーベリー、オレンジと、それぞれのソースで味変が楽しめます。溶けていくアイスと流れ落ちるソースも下に構えた大きなお皿がしっかりと受け止めてくれています。

中からはアイスやソースの味が染み込んだフルーツがたっぷり
児玉さん
児玉さん
「最後まで飽きないように、こってりしすぎない味付けに。アイスからスタートし、途中現れるフルーツでちょっとさっぱり、その後はコーンフレークでしっかりおなかを満たすという流れを考えて作っています。ヨーグルトと混ざり合ったアイスを飲んでいただければ、最後までパフェを楽しんでもらえると思いますよ」

ちなみに今までには、15分で完食したという女子2人組や、サラリーマンやマダムがたった1人で完食したという記録が残っているようです。店長いわく完食するコツは「とにかくひたすら食べること」。休むと一気に満腹感が増すそう。

半分まで来ましたが、もう限界が近づいてきました……おなかパンパンや
と、ここで救世主現る! 「普段は手伝わないんですよ~。今日は特別」と店長
さあ、最後の一口へ。パフェは飲み物だと知った令和元年・夏
店長の協力もあり完食! ごっつあんです!
児玉さん
児玉さん
「こちらのパフェ以外にも、お店人気ナンバーワンのチョコレートパフェやバナナパフェ、一般的なサイズのパフェなどがあります。ドリンクメニューもそろってますよ!」

お店はいつも行列必至のにぎわいよう。店前に長蛇の列ができる場合は一度店を離れてもOK、お店から席が空く頃に電話をもらえるというサービスもあります(近隣に迷惑がかかると判断したときのみの対応。電話に2回出ない場合は自動的にキャンセル扱いになるので要注意)。また学生さんは予約も可能なので、ぜひ活用してみてくださいね!

客席は全部で20席。いつも大勢の人でにぎわう

取材・文=山﨑めぐみ 撮影=Ayami

\まだまだ食い倒れたいあなたへ/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES