標準盛り1kg超コスパ最強カレーうどんが大阪の腹ペコ民を救う

標準盛り1kg超コスパ最強カレーうどんが大阪の腹ペコ民を救う

2019/06/19

みなさん、うどんすすってますか~! 麺類数あれど大阪代表の麺といえば、 うどんですよね。ちゅるっと軽く食べるイメージですが、愛好家なら空腹をうどんで目一杯満たしたいのが切なる願い。今回は、そんな思いを叶えてくれるコスパ・ボリューム抜群な「うどん居酒屋 江戸堀」におじゃましました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

コスパ高すぎ! ビジネス街の救世主「鶏天カレーうどん」

尋常ならざる手間暇がかけられている鶏天カレーうどん。その詳細は後ほど

今回ご紹介する「うどん居酒屋 江戸堀」は、現在、大阪のうどん業界の中で絶大な人気を集めている「極楽うどんTKU」の3号店。ビジネス街・肥後橋のど真ん中で2016年10月にオープンし、夜は居酒屋営業を行うなど新基軸を打ち出していることから独自の屋号で界隈(かいわい)のうどん好きたちを魅了しています。また「デフォルトでもすごい量」とデカ盛り界隈でも評判なんです。

大阪屈指のビジネス街・肥後橋。舌の肥えた人々を魅了する名店が多いグルメゾーンでも知られています
笑顔がまぶしい店長のたけしさん

こちらに足を運ぶみなさんがこぞって注文されるのが、TKUグループ全体の中でもぶっちぎりの人気ナンバーワンメニュー「鶏天カレーうどん」。さっそく店長のたけしさんに作っていただきましょう。

丹精込めすぎ! 極上の鶏天カレーうどんができるまで

今まさに最高のカレーうどんが出来上がろうとする瞬間。純白のうどんと黄金色のカレーの絡み合う姿が食欲をそそります

「極楽うどんTKU」が創業して2カ月目に誕生、以後、研究を重ね進化を繰り返しているという「鶏天カレーうどん」は、その味はもちろん、食べごたえも抜群の一品。標準の中盛りで麺が500g+鶏天3つで240g+カレーだし500g=合計約1.3kg、しかも締めの小ライス150gも付いて930円! 驚愕のボリュームを1000円超えずに味わえるということで、その人気の高さも納得です。

店長・たけしさん
店長・たけしさん
「TKUのうどんは、“おいしいものを低価格で食べてもらいたい”というオーナーの思いからどんどん量が増えていきました。麺は、中盛りの上だと150円プラスの大盛りが800g、300円プラスの超大盛りが1kg以上(量に制限がないのでシェア不可)をご用意しています。正直、とんでもない量なので食べきる自信がある方のみご注文ください!
力強いカレーを受け止めるために生み出された極太麺。「うどん居酒屋 江戸堀」では小盛りうどんも用意されているが、それでも300gあるそう。ちなみに調理では軟水を使うことにこだわっているとのこと
鶏天はもも肉を一枚まるごと使用。80gのこぶし大のものが3つカレーにインします
ルーにダシを投入。カレーがカレーうどんに転生する瞬間です

カレーうどんの要と言えるのが、ルーと、そこに融合するダシ。ルーはオーナーが研究に研究を重ね、2年半の間に26回も作り直し、理想の形に行き着いたものの、今もなおさらに進化中なのだとか。そして、ダシには大阪うどんならではのこだわりが。

店長・たけしさん
店長・たけしさん
「ダシはかつお節、さば節、うるめ、めじか、瀬戸内のいりこに道南の天然真昆布を使い、奥行きのある濃い目の味わいになるように取っています。そうすることでスパイス強めなカレーにも負けず、麺とも抜群に絡むオーナー曰く“攻撃的なカレーうどん”が生まれるんです」

ホットに、スパイシーに、ジューシーに! 「鶏天カレーうどん」

「鶏天カレーうどん」(930円、写真は中盛り)

そうして出来上がった「鶏天カレーうどん」。約1.3kgのカレーうどんに、なんと追い飯の小ライス(150g)まで付いてきます。これ、器が円錐型なので一見、普通ぐらいの量に見えますが、実際はかなりの重量感を放っています。

約1.3kgの超ヘビー級うどん!(器の重量は250g)
店長・たけしさん
店長・たけしさん
「通常のうどん店と比べるとかなり量が多いのですが、ランチなどに来ていただくお客様は、みなさんかなりおなかを空かせていらっしゃるので案外ぺろりと平らげられますよ。また、糖質が気になる方には、うどんを豆腐に変えるサービスも行っており、女性のお客様に好評いただいております」
鶏天とカレーの黄金色が器を覆い尽くし、スパイスの香りが食欲をそそります

うどんの茹で時間に約15分を要するため、作っている途中から良い香りを店中に漂わせ鼻腔(びこう)を刺激。空腹を加速させていましたが、「やっと会えたね…」と目の前に現れた鶏天カレーうどんは、その美しい黄金色の姿から、惜しみなくかけられた手間暇がひと目で伝わってきます。

箸で持ち上げると手元に重量感が伝わる極太うどん

そして、お待ちかねの実食! まずは、穏やかなカレーの湖面にグッと箸を突き立て、うどんをすくい上げます。重量級のうどんは、モチモチ感、歯ごたえが絶品。カレーとも抜群に絡み、ボリューミーなのに思った以上にするすると食べ進められます。カレーは油通しした淡路島産の玉ねぎがまろやかさを演出。スパイスもよくきいており、気がつけば額に汗がじっとり吹き出します。

カレーが絡んだうどんを一気に、つる〜っといただきます
ジューシーな鶏天は、衣に幾重もの味付けが染み渡り抜群のおいしさ

ゴロンと大きな鶏天も非常にジューシーで、カレーの力強い味わいに肉々しさを加えてくれます。

鶏天カレーうどんの最終ターン。小ライスを投入します

ちゅる~っとうどんを完食し、身も心も満足げ…ですが、「カレーライスは別腹……」という心の声に素直に応えるべく、とどめの炭水化物・小ごはんを投入! 締めのカレーおじやへと進みます。

うどんが去って寂しげだったカレーと小ライスが出合い、締めカレーおじやが誕生
鶏天カレーうどんと少ライス、合計約1.4kg完食しました

最初はその量に臆していましたが、食べ始めると意外にもぺろりと完食できた鶏天カレーうどん。食べごたえ抜群で、店長・たけしさんやオーナーさんが「うちのうどんを知ったら、他の店では物足りなくなると思います」と語っていたのも納得。うどんもカレーも大好きな腹ペコさんは、ぜひ足を運び、極上の鶏天カレーうどんをお試しください。最後に、TKUグループの中でも唯一の居酒屋形態の店舗ということで、こちらのお店ならではの特徴・おすすめポイントを教えてください。

店長・たけしさん
店長・たけしさん
「まずは、お店は広くなったので鍋メニューをできるようになったことが大きいですね。当店自慢のダシで作る鍋は本当においしいですよ。他にも一品メニューだと茶碗蒸しなどが絶品です。TKUのうどんはオリジナリティーあふれるものが多いので、ぜひお試しください。僕のおすすめは『鶏卵カレーうどん』です!」
大きなスポーツ大会の際には店内の大型スクリーンで観戦しながら盛り上がることも

取材・文=伊東孝晃(クエストルーム) 撮影=櫟原慎平

\まだまだ食い倒れたいあなたへ/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載