福岡・大名で連日大行列ができる黒毛和牛の特盛ステーキ丼!

特集

【第2弾】福岡デカ盛りグルメでよかろうもん!

2019/06/28

福岡・大名で連日大行列ができる黒毛和牛の特盛ステーキ丼!

「高級焼肉を福岡一安く食べられる店」を掲げて2012年3月にオープン、今年で8年目を迎えるニクゼン大名店。毎日、ランチ時には長い行列ができることで有名で、今回は大人気のステーキ丼をピックアップして紹介しよう!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

街中でボリューム満点の高級肉を味わえる!

1日40食限定の特盛ステーキ丼

地下鉄赤坂駅から徒歩1分天神からも遠くない位置にあり、連日多くの方が11時30分~14時(LO13時30分)のランチタイムに押し寄せる。多いときには60人もの行列に!お目当ては黒毛和牛のうまみたっぷりな肉がこれでもかと乗っかったステーキ丼だ。

多くの人が行き交う大正通り沿いにある
ステーキ丼ののぼりと赤い暖簾が目印
階段を登って店内へ。11時頃から始まるランチの行列は一番上からビルの外まで連なる
高級ブランド牛の証明書がズラリと並んでいる
陽が差し込む明るい店内にはテーブル、座敷の両方がある
肉のエキスパートである、店長の前田さん
ランチは普通のステーキ丼(お肉150g・ご飯300gで850円)と特盛のみ。ともにスープ付きだ

コスパ以上に大満足する、絶品丼の作り方

肉好きたちを魅了する、特盛ステーキ丼(お肉300g・ご飯700gで1200円)を注文。総重量はなんと1kg!

まず特盛用のご飯を丼に盛る
計量し、きっちり700gにそろえる
上にキャベツをたっぷり乗せる
ご飯に負けないくらい山盛りに

ここでステーキ登場!お客さんを待たせないため、火が入りやすいように切れ目を入れた肉を絶妙のタイミングで焼いていく。逆に火が入りすぎて固くならないようにするのも腕の見せどころだ。

生でもおいしそうな肉が食べごろに焼かれていく
ミディアムレアで仕上げる
ちょっと弾力があるところがあるので、食べやすい大きさに切っています、と前田さん
丁寧にキャベツの周りに盛り付けていく
仕上げは、たまねぎとリンゴなど、野菜・果物をブレンドしたオリジナルソース
肉1枚1枚にしみ込むように丼全体にたっぷりとかけていく

黒毛和牛のおいしさと満点のボリュームを実感!

ステーキ肉はローストビーフのように赤身を残してありジューシー。圧巻のボリュームだが、結構トロトロしていて食べやすく、肉、フルーティーなソース、わさびと味付けのバランスがいいので、ぱくぱくと頂ける。

お客さんには蓋をかぶせた状態で提供している
閉まりきらないこのボリューム!
こんもりと盛り上がり、まるでそびえ立つ「ステーキ山」だ
甘めのソースにわさびのピリッとした辛さがアクセントになり、丁度いいバランス
前田さんのおすすめで、食べやすいように蓋に肉を移してから味わう人も多い
全国丼連盟が主催した2014年の「第1回全国丼グランプリ」メガ盛り丼部門で金賞を受賞

お客さんの要望に合わせて進化し続けるランチを堪能しよう!

ニクゼンの安さの秘密は、九州産の黒毛和牛(A4・A5等級)をまるごと一頭買いし、余すところなく活用しているから。ランチを始めた当初から比べ、ご飯の量が調整できたり、ニーズに合わせていろいろと変化しており、自分好みにアレンジして、ぜひ一度味わってみよう!

店長の前田さん
店長の前田さん
「ステーキ丼には、マエバラという部位の、サシが入っている部分と赤身が多いところを一緒に提供しますので、とってもおいしいです」
前足の内側の肉で、よく運動する部分なので 歯ごたえがあり、軽くあっさりしているが噛めば噛むほどうまみが出る
特盛は限定なので、早いもの勝ち。毎日12時30分前後には無くなることが多い、と前田さん
ランチはトータルで100食ぐらい。途中で売切れた場合、お知らせが階段下に掲示される
最近はご飯を少なめにして、お肉とのバランスを好みにする方が多いとのこと
店長の前田さん
店長の前田さん
「少なめはご要望の平均が400gぐらいです。あとは500gとか300gとか、ご要望にお応えしています。逆に特盛のご飯大盛りはプラス100円で800gにできますよ」
「本当に美味しい黒毛和牛を どこよりも安く、どこよりもおいしく 提供する店を目指しています」とスタッフ

取材メモ/黒毛和牛のステーキ丼は、ランチタイムのみのメニュー。夜の営業では提供していないので注意しよう。また、ランチ営業は不定期にお休みする場合があるので、必ずSNSでチェックしてから出かけよう!

取材・文=シーアール 撮影=益山潤

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES