京の台所 錦市場で本格和食ランチ「斗米庵(とべいあん)」

2019/06/27

京の台所 錦市場で本格和食ランチ「斗米庵(とべいあん)」

京都といえばやっぱり和食が食べたい。市内の中心地ながら「ゆったりと」「本格的な和食」が「リーズナブル」に味わえる、文句なしのオススメです。

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

錦市場で味わう本格和食ランチ

京の台所、錦市場

市内中心部にあり、地元の買い物客から観光客まで広くにぎわう京都きっての観光スポットです。以前は、地元の方々が買い物にきていましたが、最近では食べ歩きや食事を楽しむ側面の方が強くなってきていて、和食や海鮮以外にも肉料理のお店も増えてきました。

この商店の間へすすんでいきます

今回、ご紹介するのは、錦市場の一角に店舗を構える「斗米庵」
日本料理、京料理のお店です。場所は錦市場の富小路と麩屋町の中間あたり。

ちょっとドキドキしませんか、このアプローチ

まさに京都らしい鰻の寝床のような、アプローチの奥に店舗があります。

和と洋をミックスしたモダンな店舗
店内はテーブル席がメイン。落ち着いた雰囲気でゆっくりと食事を楽しめます
ランチのメニューはこちら

ランチは2種類。京錦 かさね式八寸(2600円)、京錦 かさね色会席(4500円)
夜は6,000円からと本格和食ながらリーズナブルな価格帯。

そらまめ豆腐

先付けはそらまめ豆腐。出汁のジュレや空豆パウダーをかけた、旬を味わえるこだわりの一皿。

海老とイタヤ貝の真丈

日本料理の花方、椀ものは、海老とイタヤ貝の真丈。木の芽の香りがすがすがしい。
お水は、錦の地下水を使った、まろやかな口当たりのお出汁。

美しい八寸にテンション上がりますね

メインの彩り鮮やかな八寸と、ご飯と汁もの。

その日の仕入れ状況や、季節によって内容は変わります

旬のものを目と舌で味わう八寸。小松菜のおひたし、鯛の笹寿司、海老塩湯がき、赤こんにゃく、花弁ゆりね、黄身西京漬け、出汁巻き玉子、花麩、色あられコロッケ、大徳寺チーズ、赤フキ、鶏ハム、たけのこ。

この黄身の西京漬けと出汁巻きがまた絶品
ほんとたまらない安定の組み合わせ

ちりめんがたっぷりのった、白ごはん。

立地もよくて錦市場の雰囲気も楽しめます

京都に来たらやっぱり和食が食べたい、そんなときにオススメしたい和食店です。

この記事を書いたライター情報

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

京都の観光・グルメ情報を網羅したローカルサイト「Kyotopi(キョウトピ)」 です。京都を愛するライターが実際に足を運び取材をしています。京都をもっと好きになってもらえるような観光、グルメ、イベント情報を厳選してお届けします。

Kyotopi(キョウトピ) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES