こだわりのお出汁!予約必須の隠れ家和食店「よこやまろうそく」

2019/06/27

こだわりのお出汁!予約必須の隠れ家和食店「よこやまろうそく」

西木屋町の味のある雑居ビル たかせ会館にある隠れ家和食店「よこやまろうそく」をご紹介します。

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

雑居ビルに佇む隠れ家和食店

雑居ビル「たかせ会館」

木屋町に平行した四条西木屋町通にある雰囲気(怪しげな?!)のある雑居ビル「たかせ会館」はご存知ですか?
ビルの中には特徴のある店舗が立ち並ぶのですが、今回はお出汁と日本酒にこだわった和食屋さんをご紹介します。

この温かみのある提灯が目印

「よこやまろうそく」という名の料理屋さんです。え?と少し驚いてしまう店名の由来は店主 横山さんのご実家のろくそく店からきています。

店内はカウンター6席だけの限られた落ち着いた空間です。お越しの際はご予約ください
店名「よこやまろうそく」の通り、ろうそくも販売されています。5本入りで2160円になっていますので、お土産にどうぞ
直にラベルを見ながら「あれもこれも」ってしている時間が楽しいですよね

店内奥には冷蔵庫があり、その中にはこだわりの日本酒が20種類ほど。休みの日には現地まで足を運び仕入れに行かれることも。実は半セルフ方式になっており、お客さんが冷蔵庫をあけ瓶を手に持ち吟味し選ぶことができます。
すっきり系・しっかり系・辛口など味の目安がラベリングされていてわかりやすくなっています。こういうところもからも店主の優しい気遣いを感じます。

お好みの日本酒が決まったら、店主についでもらいましょう

こちらが店主の横山さん。ろうろくの灯りのように温かみのある料理人です。元々は祇園の和食店などで修業をされ、昨年の9月に独立されました。

お出汁に並々ならぬこだわりあり!

すっきりと優しい味わいのお出汁

お料理の前にその日のお出汁のテイスティングから始まるほど、お出汁にこだわったお店です。お出汁の命はお水、錦天満宮の地下天然水を店主直々、毎日汲みに行かれます。
すっきりと優しい味わいのお出汁を味見、この時点で今日は当たりだと確信しました。

盛り付けもきれいで、確かな仕事っぷりを料理から伺い知ることができます

基本的にはお出汁を活かしたアラカルトメニューがメインです。コースなども事前に伝えると対応してくれますよ。
この日ご用意して頂いたのは、お刺身の盛り合わせ・蕪蒸し・鯖寿司・ポテトサラダ・鴨そばです。

盛り付けや飾り付けもお見事

旬で新鮮なお刺身が並ぶ盛り合わせです。ローズソルトと藻塩をブレンドしたオリジナルのお塩も添えてくれますので、お刺身に合わせてみてください。特に鯛などの白身系のお魚との相性はバツグンです。

鯛とゆりねのかぶら蒸し

お出汁の美味しさが際立つ上品なあじわいのかぶら蒸し。京料理、冬の定番ですね。鯛とゆりねが混ぜられてい食感も楽しめます。

ポテトサラダはぜひ頼んでほしい一品です

個人的にイチオシのポテトサラダ。お出汁でたいたじゃがいもをベースにしたあっさり味のポテサラです。マヨネーズもつなぎ程度にしか使っておらず和風の仕上がりに。
この添えられた煮玉子を一緒に食べると、あっさりしたポテサラが嘘の様に濃厚になります。この味の対比がおもしろい。

1切れからオーダーできるのが、またうれしいですね

見てのとおり、肉厚で立派な鯖寿司です。食べなくても美味しいって伝わってきます。鯖寿司好きの方も納得の美味しさです。

〆は鴨の中華そばで決まり!

〆に欠かせないのが麺類!ここでの〆と言えば、鴨のつくねとロースが盛られた鴨の中華そばです。鴨の脂からいい出汁がでて絶妙な味わいに。
隠れ家和食店という言葉がピッタリのお店です。お出汁の美味しさと日本人でよかったと再確認できます。小さなお店なので行かれる際には、ご予約をされることをオススメします。

この記事を書いたライター情報

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

京都の観光・グルメ情報を網羅したローカルサイト「Kyotopi(キョウトピ)」 です。京都を愛するライターが実際に足を運び取材をしています。京都をもっと好きになってもらえるような観光、グルメ、イベント情報を厳選してお届けします。

Kyotopi(キョウトピ) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES