京の酒処・伏見に新名所!京町家クラフトビール醸造所「家守堂」

特集

暑い日はグビッとビールを!

2019/06/29

京の酒処・伏見に新名所!京町家クラフトビール醸造所「家守堂」

今回は京都の酒処・伏見に6月9日オープンしたクラフトビール醸造所「家守堂(やもりどう)」。すでに話題店で店内は平日ながら大盛況。行ってきました。

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

龍馬通りの老舗茶舗リノベーションのクラフトビール新店

伏見、竜馬通り入り口の角

取材中何度かここの前を通り、元あった老舗のお茶屋さん「安本茶舗」がいつの間にかなくなっていて残念に思っていたのですが、その後にクラフトビール店が入るという話を伏見の友人から聞いていてチェックしてたんですが。

6月9日オープンし、すでに周りで話題になっていて、ようやく訪問。それにしても、竜馬通り沿いは新店ラッシュのようで新しいお店が続々と増えています。

通りからは醸造タンクも見えます

こちらでは醸造所も兼ねていて、つくりたての美味しさをそのまま味わえるという臨場感。

驚きの営業時間!

さらに驚きなのが、朝食、ランチ、そして夜呑みとオールシーンに合せて営業。今のところ無休で、今後様子をみながら休みの設定をする予定なんだとか。

店内スグの場所にクラフトビールを注ぐタップが並ぶキッチンまわりにカウンター席
この日はこの後客が続々と訪れほぼ満席の大盛況

そしてスタンディング用テーブルと奥に座れるテーブル席、さらに醸造タンクを望むカウンター席とキャパあり。

築150年の京町家の面影が天井にそのまま残っています

全くもってクラフトビール店になるのかと思っていましたが、もともと茶舗ということで日本茶の販売もされてるそうです。

そして、メニューは黒板に

クラフトビールはハウスビール4種とゲストビール5種、そしてグリーンティ。200、400ml容量で値段も2段階。とくにハウスビールは相場を考えると割安感あり。

ビールは瓶詰されたものもあり、伏見ならではの日本酒一升瓶も
どれにしようか迷います

ちょうどいい4種類の呑み比べセットがあり、それぞれ200ml容量で800円とお値ごろなので、これを注文することに。内容はもちろん、ハウスビール4種類。

飲み比べてみてください

左から、①レモン、ディル、マツの香りのペールエール、②宇治産玉露と柚子皮を使ったセゾン、③トロピカルホップ香のアンバーエール、④大量ホップとイギリス系酵母のIPA。

どれも強烈な個性で、香りとキレ、コクなどいろいろなテイストを楽しめます。

中央にはフライドポテトや3種の冷やしトマトなどをアテに

今回は伏見の友人たちと。3人それぞれ呑み比べビールを並べ、壮観な画を記念撮影(笑)

奥のテーブル席からも醸造所の様子が見えます
焼き揚げのネギ味噌詰め、すっぽんの煮こごりなど

まだオープンすぐなのに、グルーブはもちろん、おひとり様女子でもふらりとサク呑みできるカジュアルさが人気で、店内てんやわんや状態。

こんなところにも安本茶舗の名残が

そして素晴らしき哉。ビールにもお茶を使用したり、朝食では茶がゆを提供したり、町の記憶の中にある安本茶舗の営みや役割、屋号を継承しつつ営業。

新旧を融合させ進化をとげたお店。新たなランドマーク店になりそうですね

この記事を書いたライター情報

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

京都の観光・グルメ情報を網羅したローカルサイト「Kyotopi(キョウトピ)」 です。京都を愛するライターが実際に足を運び取材をしています。京都をもっと好きになってもらえるような観光、グルメ、イベント情報を厳選してお届けします。

Kyotopi(キョウトピ) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES