沖縄そばの認識が変わる!「琉球麺 茉家」の三枚肉そば

2019/06/28

沖縄そばの認識が変わる!「琉球麺 茉家」の三枚肉そば

沖縄都市モノレールゆいレールの古島駅から車で10分ほど。浦添市伊祖の県道251号線沿にある沖縄そば専門店「琉球麺 茉家」。麺とスープに徹底的に拘った沖縄そばが味わえるお店だ。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

2014年創業の沖縄そば専門店

店舗外観

祖母の教え通り、長時間ジックリ煮出した県産食材達を存分に使用し、戦前戦後間も無い琉球「素そば」こそ「沖縄そば」の原型と考え、「命のスープ」と「琉球麺」で勝負しているお店だ。

白色と黒っぽい木目を基調とした店内は、白い壁にフローリングのフロア、ソファー席もありまるでカフェのような雰囲気。壁には龍が描かれた印象的な絵が掲示されている。

メニューは、店名が付けられた茉家そばをはじめ、八重山そば、三枚肉そば、炙りソーキそばなどの沖縄そば6種類の他、ひつまぶしセットや茉家御膳などのセットメニューが並ぶ。

拘りぬかれた上品な沖縄そば

独創性を感じさせる素そば

出汁・麺・具がつのバランスが整い完成された沖縄そばは、細部に渡っても独創性を感じさせる”素そば”だ。

スープは、県産ブランドのアグー豚、鶏ガラ、鰹、昆布」等々個々の個性に合わせ、手間暇かけ長時間じっくり煮出した出汁を更に冷蔵・冷凍庫で寝かせ熟成させたスープのみを使用。ぬちまーす100%で化学調味料を使っていないだけあって優しく奥深い味わい。

麺は、灌水量を通常の半分以下に抑えた身体に優しいオリジナル琉球生麺。プリプリもちっとした麺は、一般的な沖縄そばとはまるで違い一口すすれば「これは沖縄そば?」となる味わい。食べれば食べるほど心地よい食感、のど越し共に極上の麺だ。

別皿で供される三枚肉

別皿で供される三枚肉は、調理には圧力鍋は一切使わず時間をかけて丁寧に仕上げた最上の三枚肉だ。一晩寝かせてあるだけあってとてもやわらかく、味がしっかりしみこんでいる一品だ。

沖縄そばの進化をダイレクトに感じることができる一杯である。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES