ハンバーグの中からもウニ!令和の人気メニュー「ウニ肉」

2019/07/16

ハンバーグの中からもウニ!令和の人気メニュー「ウニ肉」

ローストビーフやサッと炙った牛肉とウニを組み合わせる通称「ウニ肉」が、2~3年ほど前からブームになっているが、この進化形が東京・目黒にある「NYU」の名物メニュー「和牛100%雲丹ハンバーグ」だ。ハンバーグの上にウニ、中にもウニを仕込んでいるという、何ともぜいたくな一皿である。

たべぷろ

たべぷろ

上にも中にもソースにもウニ

同店の及川直人オーナーは岩手県出身。岩手県というと、前沢牛を筆頭にブランド牛の産地でも知られ、さらにはウニの一大産地だ。それゆえ、牛肉とウニには強い思い入れがあり、ローストビーフ&ウニにはイチ早く着目していた、とか。

しかし、このコンビは「牛肉とウニの組み合わせは悪くないが、ローストビーフや炙った牛肉では、肉のパワーが強すぎる」と、疑問を持っていたそうで、「軟らかく、やさしいうま味のあるウニを引き立てるには、ふわっとした食感で牛肉の味もバランスよく調節できるハンバーグの方が合う」(及川オーナー)と、「ハンバーグ+ウニ」を思いついたという。

和牛100%雲丹ハンバーグ 1,800円(税抜き) 甘めのウニクリームソースと、たっぷりのウニ、ふっくらと軟らかいハンバーグの組み合わせが、ウニ好きにはたまらない

和牛ハンバーグのふっくらジューシーな魅力とうま味を出しながら、ウニの味が負けないよう、牛肉の味が強過ぎないバランスを追求した末、同店のハンバーグは「赤身10対牛脂1」の割合で仕込んでいる。「ハンバーグのタネの中に軟らかいウニをふわっと包み、中のウニに火が通り過ぎないように焼くのが、この料理の最も難しいところ」と、及川オーナー。

ハンバーグソースもウニを使ったクリームソースで、ハンバーグの中のウニ、上にのっているウニのWウニと、ふっくらとしたハンバーグの味をウニクリームソースが絶妙にまとめ、引き立てている。

誰もが大好きなハンバーグとウニのコンビゆえ、その訴求力は抜群で「一度食べてみたい!」という新規のお客が多数訪れ、1日10食は売り上げるという。

ナイフを入れると、ハンバーグの中からもウニが出現するぜいたくサプライズ!

また、同店の「名物!胡椒パスタ」も、リピーター続出の個性派メニューだ。数種類のコショウをたっぷりとかけたパンチのあるパスタで、「お酒を飲んだ後の締めに注文するお客さまが目立ちますね。汗をかきながら召し上がり、その後に『何だかもう一杯飲みたくなったよ』と、追加でお酒を頼むお客さまも多いんですよ(笑)」と、及川オーナーは笑顔で語った。

店内は居心地がよく、常連客も多い

●店舗情報
「NYU(ニュー)」 

所在地=東京都目黒区上目黒1-3-20 中目黒ヒルズ2-A
開業=2011年9月
坪数・席数=15坪・26席
営業時間=18時~翌2時、土17時~翌2時、日17時~24時。月曜休
平均客単価=4000円
1日平均集客数=26人

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「おいしい食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう!食の専門紙・日本食糧新聞社が運営しています。

この記事を書いたライター情報

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう! 食の専門紙・日本食糧新聞社が、おいしい食べ方、健康な食べ方、ニッポンの食べ方などをお届けします。

たべぷろ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES