千鳥のロコスタ#2 水戸市の常陸牛すき焼きがべらぼうにうまい

千鳥のロコスタ#2 水戸市の常陸牛すき焼きがべらぼうにうまい

2019/06/28

お笑いコンビ・千鳥が、全国のローカルスター“ロコスタ”とご当地巡りをする番組「千鳥のロコスタ(GYAO!)」。この番組で千鳥たちが訪れたスポットや食べたグルメをご紹介。第2回の舞台は第1回に引き続き茨城県。最高級ブランド肉を使った絶品グルメに千鳥は大興奮!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

茨城の最高級ブランド肉を千鳥が大絶賛!

お笑いコンビ・千鳥が全国のローカルスターの案内でオススメのスポットやグルメを紹介するロケバラエティ番組「千鳥のロコスタ」

第2回も茨城県水戸市からお届け。

茨城ロケも後半戦に突入。すっかり日が暮れて、辺りは真っ暗に
千鳥

千鳥

お笑いコンビ

茨城のローカルスターはこの人!

「(満面の笑みを浮かべ)はいは〜い!」(ジェームス英樹)
ジェームス英樹

ジェームス英樹

司会、ラジオパーソナリティ、役者

「もうええって!」(ノブ) 「全然飽きとんよ」(大悟)
ジェームス英樹
ジェームス英樹
「こんばんは〜!」
大悟
大悟
「えっ、2回目も(ジェームス)なの?」
ノブ
ノブ
「違う違う違う。千鳥とジェームス英樹の番組やん!」

茨城のトップスター・ジェームス英樹が千鳥のために用意したおもてなしとは?

今回紹介するお店はこちら!

茨城の魅力を知り尽くしたジェームスの案内でやって来たのは、ブランド牛・常陸牛やブランド豚・ローズポークなどを販売する「肉のイイジマ」
「超絶品の常陸牛を取り扱う、茨城の名店なんです!」(ジェームス英樹)
肉のイイジマの社長・飯島充さんも登場
「こちらが常陸牛のサーロインです」(飯島社長) 「これは相当するでしょ?」(大悟)
「100gで2280円」(飯島社長) 「高〜!」(ノブ)

最高級のおもてなしグルメがこちら!

1.ノブが人生で一番の豚肉と出合う
2.べらぼうにうまい常陸牛のすき焼き

1.ノブが人生で一番の豚肉と出合う

ジェームス英樹
ジェームス英樹
「お肉以外にね、タレなどもオリジナルで作ってらっしゃるんですよね?」
肉のイイジマが手がけるオリジナルのタレがズラリ
「こちらは辛味噌です。ブランド豚のローズポークにつけて召し上がっていただきます」(飯島社長)
ノブ
ノブ
「めっちゃうまいやん! 何してんの、これ」
炭火でじっくり焼いていただきます
まずはノブが実食!
「おい! おい! おい! ぶちクソうめえがな!!」(ノブ)
「やばいぞ。一番じゃ、豚史上!」(ノブ)

ノブが人生で一番うまい豚肉と出合った瞬間だった。

大悟
大悟
「(ローズポークを食べる)うわっ、出るかも!」
「いいね!」(大悟) 「ダサっ!」(ノブ)
大悟
大悟
「出た、ワシの2019年の新ギャグ」
ノブ
ノブ
「何やねん、それ」
大悟の新ギャグ「いいね!」に的確なツッコミを入れつつ、ローズポークを食べまくるノブ。おいしすぎて箸を持つ手が止まらない!
「マジでうまい! なんぼでも食える」(ノブ) 「豚うまい!」(大悟)

2.べらぼうにうまい常陸牛のすき焼き

いよいよ常陸牛サーロインのすき焼きが登場!
「あ〜あ〜あ〜。絶対おいしいやつね」(ノブ)
そのお味は?
「べらぼうじゃ!!」(ノブ)
「きったねえ岡山弁」(大悟)

続いて大悟も肉をほおばる。

「どがんなりよんな!」(大悟) 「方言すぎてわからん(笑)。『どうなっとんな』ってことね」(ノブ)
「社長、ヤバすぎます」(ノブ) 「ありがとうございます!」(飯島社長)
「甘い脂! かと言って、そんなにしつこくない」(大悟)

ジェームスが用意した最高級の肉グルメに千鳥の2人は大満足。すると……。

なぜか飯島社長からローズポークを受け取るジェームス
「この豚肉のシンデレラストーリーが始まります」(ジェームス英樹)
ノブ
ノブ
「ええ、どういうこと?」
ジェームス英樹
ジェームス英樹
「次の店へ参りましょうか」
大悟
大悟
「あっ、この豚を持って次の店へ行く? ローズポークが変わっていく?」
ジェームス英樹
ジェームス英樹
「その通りでございます!」
「社長、ありがとうございました!」(ジェームス英樹)
大悟
大悟
「締める時は締めるなぁ。もうちょっとしゃべりたかったのに」
ノブ
ノブ
「俺らの番組やし!」

気になる続きは第3回で!

構成/樋口和也(シーアール)

\番組本編は下記リンクから視聴!/

千鳥のロコスタ(GYAO!)

千鳥のロコスタ(GYAO!)

毎週火曜午後9時30分~配信

お笑いコンビ・千鳥が日本各地で活動するタレント・ローカルスターとオススメのスポットやグルメスポットを巡るロケバラエティ番組。ロケ名人の千鳥とクセが強いローカルスターとのやり取りは抱腹絶倒必至!

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載