コーヒー片手にサンセットを満喫!北谷町西海岸エリアを歩く

2019/07/21

コーヒー片手にサンセットを満喫!北谷町西海岸エリアを歩く

米軍基地の跡地を活用した街づくりで発展を遂げている北谷町の西海岸地域。国内外の観光客や県民が訪れ、潮風を感じながら街を歩く。この地域でいま、カフェが海岸線沿いに集まり、ひそかにコーヒーブームが起きているのを知っているだろうか。好みのコーヒーを求め、北谷町美浜や砂辺周辺を歩いた。

琉球新報Style

琉球新報Style

潮風と異国情緒とコーヒーと

今回訪れたお店。北谷はおしゃれで美味しいカフェが軒を連ねている

サーファー御用達!朝6時オープンのカフェ

ウオーキングやサーフィンを楽しむ人が多い北谷町の西海岸地域は朝が早い。午前6時から開店するのは「GOOD DAY COFFEE(グッドデイコーヒー)」① だ。

同町砂辺出身の店主・宮里達也さん(34)は、ワーキングホリデーで4年間オーストラリアに滞在し、現地の文化にひかれた。「オーストラリア人たちは朝が早く、カフェでコーヒーを飲んで仕事に行く。仕事の後は趣味や家族の時間を楽しんでいた」と話す。

同店ではオーストラリアのバイロンベイで焙煎(ばいせん)された豆を使っている。

宮里さんが現地のカフェを回って探し出した。こだわりのコーヒーを楽しんだ後は、どこへ行こう?。

グッドデイコーヒーではテークアウトもできる。宮里達也さんが手渡してくれた

地元の人や、外国の人にも愛される街に根付いたカフェ

米軍人・軍属が多く居住する地域にある「COFFEE CASA(コーヒーカーサ)」② には、外国人や地元の人々が通う。

地元や外国人の客でにぎわうコーヒーカーサの店内

店主の橋本テルミさん(51)は北海道札幌市出身で、20代で沖縄に移住した。2008年に創業し、10年目を迎えた同店には朝から客足が絶えない。仕事の前後、1日2回来店する常連客もいるという。

橋本さんは「子連れのお母さん同士も多い。みんなが来やすく自由に使ってくれたらいい」と話す。北谷町出身でバリスタとして働く花城可愛さん(32)が焙煎(ばいせん)した「髭珈琲」を使用したスペシャリティーコーヒーもオススメ。

自慢のアメリカンスタイルのパイを召し上がれ!

おやつ時に立ち寄ったのは「ミセス・マーコの手作りパイの店アメリ感★アメリ館」③。マーコこと高宮城正子さん(66)が1988年から営む。

高宮城さんが長男を出産した直後に夫・政昌(まさよし)さんが突然、店舗と高宮城さんの似顔絵入りの看板を用意したという。高宮城さんは当時1歳の長男の子育てと両立しながら、店主となった。

13年前に政昌さんが亡くなった時も「落ち込む暇なく必死でやってきた」と振り返る高宮城さん。バターの香りに包まれている店内には、食事やパイを楽しむ常連客が集う。

「昔は若い女の子たちに人気だった。お客さんと一緒に年をとって『高齢者になったね』って話すの」

自慢のパイをPRするアメリ感★アメリ館の高宮城正子さん=22日、北谷町

厳選されたカカオから作る絶品チョコレート

県内初となる、カカオ豆からチョコレートを作る「BEAN TO BAR(ビーン・トゥ・バー)」スタイルのチョコ専門店「TIMELESS CHOCOLATE(タイムレス・チョコレート)」④ 。カウンターでは選び抜かれたカカオと国産黒糖を使った自慢のチョコレートが出迎えてくれた。

タイムレスチョコレートのキッチンには出来たてのチョコレートが並ぶ

国外から取り寄せたカカオ豆を仕分けし、粉砕しペースト状にして加工するまでの工程を、店内にあるガラス張りのキッチンで行っている。

「カカオの種類によって加工する手法を変えている」と語るのは、同店の吉川啓一郎さん(33)。こだわりはカカオにとどまらない。

市販品の数倍は値が張るチョコレートに、「どれどれ」と挑戦的な気分で一粒口に運ぶ。「うまっ!」。心をわしづかみにされた。カカオ豆が変身する行程を聞くと、その値段にも自然とうなずける。

最高のサンセットと共に

デポアイランド内の遊歩道に面する「ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA(ジバゴ・コーヒーワークス・オキナワ)」⑤。

多くの客で賑わうZHYVAGO COFFEE WORKS=22日、北谷町

平日の夕方にもかかわらず、多くの常連客や観光客で店内は大にぎわいだ。テラス席に座ると、潮風とさざ波の音が響き、水平線に沈んでいく夕日がまぶしい。

注文した「キャラメルマッドシェイク」をゆっくりと飲み干す。最高のロケーションも手伝って、気分は高まるばかりだ。

沖縄のコーヒーシーンを支える世界に認められた男

北谷町内の多くの店で、沖縄市のコーヒー専門店「豆ポレポレ」の店主・仲村良行さん(39)が焙煎した豆を使ったコーヒーを提供していることを知っているだろうか。

ショーケースには仲村良行さんが焙煎したコーヒー豆が並ぶ=沖縄市高原の豆ポレポレ

仲村さんは焙煎(ばいせん)技術を競う全国大会で日本一に輝き、世界大会にも出場するトップクラスの焙煎士だ。町内の「ジバゴ・コーヒーワークス・オキナワ」「チョコレートジーザスコーヒー」「AIEN(アイエン)コーヒー&ホステル」など8店舗で、こだわりのコーヒーを味わえる。

県内の多くの飲食店が仲村さんの焙煎の腕を聞きつけてくるという。お店の雰囲気や店主の希望を聞き、一緒に選んでいく作業から始まる。「それぞれの個性を大切にしている。生産者や焙煎する人、抽出する人などの作り手によって、個性が出てくる」と話し、「焙煎士は縁の下の力持ち」と表現した。

同町西海岸地域でコーヒー店が多いことついて「新しいことにチャレンジしに外から来る人が多い。散歩がてら気軽にカフェに立ち寄ったり、コーヒーを片手に海を眺めたり、日常に溶け込んでいる。その場でしかできない体験ができる」と魅力を語った。

「コーヒーは嗜好(しこう)品。お店によって個性があるからお客さんは選んで消費できる」。さまざまな個性のあるお店を巡り、自分好みのコーヒーを探してみてはいかが?

バイク好きのアメリカ人と世界の料理が得意の日本人が作るお店

バイク好きのアメリカ人と世界の料理が得意の日本人が作るお店

琉球新報Style

宜野湾市普天間にある「RIDER’S GARAGE(ライダーズガレージ)」は車とバイクを愛すアメリカ人、マイケルさんと世界各国の料理を手がける西村基行さんが共同で経営するお店。

素朴で安心、ママの愛から生まれたナチュラルお菓子

素朴で安心、ママの愛から生まれたナチュラルお菓子

琉球新報Style

琉大東口のほど近くにある「citta しまのおやつ」は、卵・乳製品不使用の焼き菓子を販売するテークアウトのお店です。3年前に神奈川から移住してきた、佐藤寛之さんと妻の千恵さんが二人三脚で営んでいます。

絶景スポットを股にかける移動式の床屋!

絶景スポットを股にかける移動式の床屋!

琉球新報Style

キャンピングトレーラーを改装した移動式の床屋があると聞きました。定期的に場所を変えて、海辺などで営業しているそう。さっそく調査に向かいました!

この記事を書いたライター情報

琉球新報Style

琉球新報Style

沖縄の毎日をちょっと楽しく新しくするウェブマガジン。「あそぶ」「まなぶ」「みがく」「くらす」「たべる」「はたらく」の6テーマで、面白い話題や気になる情報、魅力ある人のインタビューなどをお届けします。

琉球新報Style が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES