聖地・札幌でしか味わえない総重量2キロのデカ盛りスープカレー

特集

【第2弾】てんこもりすぎる⁉︎ 札幌「デカ盛り」グルメ

2019/07/05

聖地・札幌でしか味わえない総重量2キロのデカ盛りスープカレー

札幌は、発祥の地だけあってスープカレーの激戦区と言っても過言ではない。色々な店の味を楽しみたいと、中には1日に数軒ハシゴする強者もいるそうだ。そんな聖地でビッグサイズのスープカレーに出合える店が中央区のビルの一角にあった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

飽きのこないスープだからこそガツガツいける「ひげ男爵」のスープカレー

スープとライスの比率を考えないと気持ちよく完食できないのがカレーの悩ましいところ。それぞれ別々に量を大盛りにできる店ならば、好みのバランスに近づくはず

札幌中心部を流れる創成川から東側は「創成川イースト」と呼ばれている。オフィスビルやマンションが立ち並ぶ路地裏におしゃれな飲食店があったり、ショッピングモールがあったりと札幌市民も注目するエリアだ。

このエリアにある「スープカリー ひげ男爵」(以下、ひげ男爵)は2007年の開店以来、道内外からやって来る観光客や近隣で働く人々の胃袋を満たし続けてきた。チェーン店展開するスープカレー店も増える中、ひげ男爵はこの一軒しかない。

最寄りの地下鉄バスセンター前駅から徒歩5分ほどで到着
落ち着いた雰囲気の店内。食前食後に読めるマンガや小説が豊富に揃っている

ひげ男爵が提供するスープカレーのコンセプトは「誰もが食べやすいスープカレー」。初めて食べる人には受け入れやすく、なおかつデイリーに使うビジネスパーソンが飽きない“オーソドックスな味”にあえてこだわっている。

味のほかにこだわっているのが1食の量。店主の山田清剛(やまだきよたか)さんによれば、お客さんにはとにかくおなか一杯食べてもらいたいのだそう。

山田さんは根っからのスープカレー好き
店主 山田清剛さん
店主 山田清剛さん
「自分がお客さんだったら、ちょっと物足りないなって思うより、ギブアップ!って思うくらい満腹になりたいんです。だから当店ではスープもライスも少し量を多めにしています」

いよいよお待ちかねのデカ盛りスープカレーが登場!

ひげ男爵のスープカレーは具材の多さも魅力だ。どのメニューも基本具材の9品(男爵イモ、ナス、ピーマン、カボチャ、キャベツ、白菜、ニンジン、ダイコン、春雨)とメインが盛り付けられて登場する。同店のデカ盛りはスープの量もさることながら、ライスの盛りも凄すぎるという噂。早速、店で一番人気のチキンをデカ盛りでお願いしてみると…。

皿に盛られるライス。この時点で結構すごい量!
しゃもじを器用に使い、形を整える
手前の器は普通サイズ、奥に見える器が大盛サイズ。その差は一目瞭然だ
チキン(スープ大盛・ライス特盛 1400円)※普通サイズは1000円

スープは通常約300ccのところ、200円プラスで1.5倍の大盛にできる。そして気になるライスは、通常300gのところ100円プラスで大盛500g200円プラスで特盛1.5kgに増やすこともできる。今回はスープ大盛、ライス特盛でオーダーした。ちなみに240円プラスで野菜も2倍にできる。

普通サイズのライスと特盛ライスを比較! 単純計算で5倍の量!

それにしてもドーム状に盛られたライスには圧倒されるばかり。なぜこのデカ盛りが誕生したのだろうか。

店主 山田清剛さん
店主 山田清剛さん
「ずばり遊び心です(笑)。最初は1.2kgだったんですが、気がついたら1.5kgになっていました。おそらく札幌のスープカレー店で1、2を争うレベルの量だと思います。頼む人はいないんじゃないかと思っていたのですが、1日1食は出ますね」
スープのベースは鶏ガラ、豚骨、昆布、かつお節・さば節を使用。野菜は北海道産のものを使うように心がけているそう

スープカレーといえば辛さも気になるところ。レベルは1〜6が基本で、より辛さを楽しみたい方は∞までレベルアップできるが、50番を超えるとルーカレー状になるらしい…。大盛で注文するお客さんは、辛さ控えめで注文する方が多いようだ。

続く2番人気は曜日限定メニュー

種類豊富なメニュー。どれも魅力的で迷ってしまう

ひげ男爵にはレギュラーメニュー8品のほかに、曜日限定メニュー2品と日替わりメニューがある。チキンの次に人気なのは月曜・水曜・金曜限定のベー玉チーズ。常連客や女性客に好評の一品だ。

ベー玉チーズ(1050円)

たまごとチーズがスープの辛味をマイルドにしてくれるので、辛すぎるのが苦手な人も食べやすい。厚切りベーコンの香ばしい匂いに食欲をそそられる。

店主 山田清剛さん
店主 山田清剛さん
「曜日限定メニューには火曜・木曜・土曜限定の牛すじの煮込みもあり、そちらも人気ですね。日替わりメニューの提供は1日1種類ですが、トータルで10種類くらいあるので、気になるものがあればぜひ試してみてください」
野菜の下にはあぶりチーズが隠れている。野菜と絡めても食べるも良し、ライスに乗せて食べるも良し!

普通サイズもデカ盛りも「アレ」があるとお得に!

実はひげ男爵にはスープカレーをちょっとだけお得に食べられるおもしろいシステムがある。それが「ひげ割」だ。ひげをたくわえた人(ただし無精ひげはNG)、付けひげ・書きひげで来店した人が対象になる。

店主 山田清剛さん
店主 山田清剛さん
「平均すると1日に5〜6人、多いときで1日10人はいらっしゃいます。自前のひげで来る方がほとんどですが、たまに団体客で付けひげを付けて食べに来る方もいます。個人的にはとんでもないひげを期待してるんですけど、今まで出会ったことはないです(笑)」
付けひげや書きひげの場合は、完食まで耐えられる頑丈なものを用意しよう。汗で流れないように注意!

お客さんが食べる一杯を、手を抜かずにきっちり作ることをモットーにしているひげ男爵。スープカレーの聖地・札幌に来る予定の方は、ぜひデカ盛りスープカレーにチャレンジしてみては。

取材・文=小林かほり(みんなのことば舎)、撮影=山下恭子

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES