見た目と味で二度仰天! 札幌・手稲の人気中華店でドデカ唐揚げ

特集

【第2弾】てんこもりすぎる⁉︎ 札幌「デカ盛り」グルメ

2019/07/04

見た目と味で二度仰天! 札幌・手稲の人気中華店でドデカ唐揚げ

おいしい中華が食べられる店として定評のある手稲区の順和園。看板メニューは、なんといっても大きな唐揚げ!「大きな」といってもそんじょそこらの大きさではないので、ご注意を。わかっていても必ず驚く、山盛りの唐揚げはルックスのインパクトだけでなく、味だってびっくりするほど本格的だった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

笑っちゃうほどの大迫力。「順和園」の唐揚げマウンテンに、いざ挑戦だ!

この大きな唐揚げを目当てに来店する人も少なくない。噂を聞いて注文した人も、出てきた唐揚げの予想外のサイズに思わず絶句してしまうそう

手稲区にある「順和園」は、リーズナブルに本格的な味をおなかいっぱい楽しめる中華料理店。ランチタイムともなれば、平日でも満席が続くほど評判の高い店であり、休日にはわざわざ遠方から訪れる人も少なくない。多くの人を引き付けてやまないその魅力を探ってみよう。

手稲区役所のある石狩手稲通り沿いに店を構える順和園。一見、飾り気のない大衆中華食堂といった店構えだ

メニューは親しみやすい定食から、本格的な北京ダックのコース(要予約)までと幅広い。どれも庶民的な値段ながら、本場の技術で日本人の口にも合う、味わい深い中華料理を提供してくれる。

しかし、人気の秘密はうまさだけではない、訪れた人を楽しませ、満足させてくれる“盛りのよい店”としても愛されているのだ。

小上りもあって、子ども連れでも利用しやすい。夜の宴会料理もリーズナブルで品数が多い

文句なしの人気ナンバー1! コスパがよすぎるランチ「鶏の唐揚げ定食」

この店を代表する一品といえば、何と言っても唐揚げだ。なかでも 11:00~15:00のランチタイム限定メニューの「鶏の唐揚げ定食(900円)」は、不動の人気ナンバー1を誇っている。

豪快過ぎる盛りっぷりの唐揚げにア然。なかには「これ一人前ですか?」と尋ねる人も

山のごとくに積み上げられた唐揚げは、目の前に出されて思わず声を失うほど。それにしても1つのサイズが桁外れ。確かに一度は頼んでみたくなる大迫力のルックスだ。

――いったい、一つ何グラムなんですか?

店主 伊藤和幸さん
店主 伊藤和幸さん
「一つ100gを下回ることはないと思います。ただ、かたまりの鶏モモを店でカットしているから大きさや重さはバラバラ。小ぶりのものと大きいものを組み合わせて、皆さんに損がないように気を付けています
定食の唐揚げは20cm近い高さに積み上がっている

お客さんを驚かせたい、喜ばせたいという一心で

大人のこぶし大ほどのビッグサイズ。持ち手と比べればその大きさがわかる

看板メニューの名にふさわしい強烈なルックスだが、一体いつから、どうしてこんなに大きな唐揚げを作るようになったのだろうか。

店主 伊藤和幸さん
店主 伊藤和幸さん
「6年前の開店当初から、このサイズでした。せっかくここまで足を運んでくれたお客さんが、なにか驚いたり喜んだりしてくれるような、目玉メニューを作りたくて。おかげさまで、提供した瞬間からお客さんに楽しんでもらえる話題のメニューになりました」

それにしても、定食で8個、一品料理の鶏の唐揚げ(1100円)になると10個も付くのだから、そのボリュームはかなり多い。

「そうですね、食べきれる方は少ないですよ」と、いたずらっぽく笑う伊藤さん。

「わざと山が高くなるように盛ることも」とおちゃめな一面もある伊藤さん。それはお客さんを喜ばせたい一心から。もちろん、中華料理人としての腕前は一流だ
店主 伊藤和幸さん
店主 伊藤和幸さん
「だから唐揚げに限り食べ残しの持ち帰りをOKにしているんです。『今日こそ食べきるんだ!』って何度も挑戦してくださる方もいますね。おかげさまで、口コミで広がっていろいろなお客さんが来てくださいます。『大盛りって聞いてきたけど、想像以上!』って驚いてくれる方も多くて、それがうれしいんですよね」

常に食べてくれる人のことを考えてキッチンに立ち、お客さんの驚きや喜びの反応を見るときが、仕事をしていて何よりやりがいを実感する瞬間だという。

見た目だけじゃない! そのおいしさにもトリコに

程よい軟らかさ、そして素材の味をいかした味付け。この味を求めて足しげく通う客も

単に見た目の迫力があるだけではないというのがこの唐揚げのすごいところ。食べてみて初めて、本当の魅力と人気の秘訣を実感することができる。衣はサクサクと香ばしく、噛みしめるほどに鶏肉のうまみが口の中に広がって、まさにトリコになるおいしさなのだ。

作り方は企業秘密、と笑う伊藤さんだが「飽きのこない味にするために、本場の調味料を独自に調合して薄味に仕上がるように仕込んでいます。仕込みにかける時間も妥協しません」と力強く語ってくれた。

大きいだけに揚げ時間は長め。お昼時はできるだけ素早く提供できるよう逆算しながら調理する

程よく火の通った唐揚げは、驚くほど脂っぽさがなく後味が爽やか。仕上げに振りかけられたすりゴマが風味よく、さらに肉の味わいを引き立ててくれる。テーブルに据えられた酢や醤油などの調味料をプラスして、味わいを変えながら食べるのも楽しい。

特に人気の定食メニューは、お客さんの熱い要望に応えて平日のみランチ以外の時間も値段を変えて登場。とことんお客さんのことを考える伊藤さんらしい対応がうれしい。

「高くてもいいから」という声に応えて平日は15時以降も人気定食を提供。「鶏の唐揚げ定食」は1200円になるが、人気の揚げ小籠包も付くのでかえってお得?!

隠れた人気メニュー「酢豚」もどうぞ!

来店客の7~8割が注文するという鶏の唐揚げ。仕込みの手間も決してはぶかないとなれば、ときには売り切れになることも。そんなトップ1のメニューに加えてオススメしたいのが「酢豚」だ。

こちらも本格的な味わい。野菜たっぷりで栄養バランスもいい

本場中国の黒酢を使っており、やさしい甘みと程よい酸味、そして食欲をそそる独特の香りも楽しめる一品だ。うま味がぎゅっと詰まった豚肉の味とタマネギの甘みの相性が抜群で、ご飯も進む。美と健康にいい黒酢と豊富な野菜が入っていることで、女性にも人気が高い

単品は900円。定食(800円)もある。こちらもボリューム多めなので、小食の人はぜひ小ライスに変更して

どの料理も一つ一つ丁寧に、調味料の調合や調理時間などにも細心の注意を払って作る伊藤さん。メイン料理のおいしさもさることながら、定食に付くザーサイや杏仁豆腐などの小鉢にもまったく手を抜かないので、食べた後の満足感が違う。

注目したい新メニュー「マーラーメン」

食べる人の喜ぶ顔、驚く顔がなによりも好きな伊藤さんは、訪れる人を楽しませるために新メニュー開発も常に怠らない。今のイチオシは「マーラーメン(900円)」だ。

新メニューの張り紙には痺れ最強「マーラーメン」の文字が躍る
見た目はシンプルだが、奥の深い味わい

辛みのベースには山椒を使っており、食べるとひりひりと口の中がしびれるが、単に辛いだけではないのがこのメニューのすごさ。スープにしっかりとしたコクとうま味があるので、辛みの後にまろやかなおいしさが広がる

豚バラのチャーシューは、わざと味付けをせず仕上げの段階でスープに入れるので、さっぱりとして辛みとのバランスもいい。

店主 伊藤和幸さん
店主 伊藤和幸さん
「ダイエットにもいいって女性も結構気に入ってくれています。ただ辛いだけじゃなくておいしいから、クセになるって言ってくださる方も多いんですよ」
「びりびりする!」と言いながらスープまで飲み干すお客さんも

「揚げ小籠包」や「麻婆豆腐」「黒胡麻担々麺」など、ほかのメニューの特徴やおいしさも、ひとつひとつ嬉しそうに、楽しそうに、お客さんとのエピソードを交えつつ話してくれた伊藤さん。その話しぶりからは、料理にかける思いや、食べてくれる人への心遣いがひしひしと伝わってくる。

大きな大きな唐揚げで評判の店は、店主の大きな大きな愛情に満ち溢れているのだ。

取材メモ:ランチでお持ち帰りした唐揚げを、3時のおやつにしたり、夜の晩酌のお伴にするという常連客も。ちなみに店主・伊藤さんのおススメはパンにはさんだ唐揚げバーガー。いろいろな楽しみ方ができるので、お気に入りの食べ方を自分なりに工夫してみるのもいい。店のメニューになっている「鶏の唐揚げカレー」も人気だ。

取材・文=金子美里、撮影=ヤリミズユウスケ(GreenPeaceOffice)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES