五反田の朝食店「東京豆漿生活」で食べる台湾の「朝ごパン」3選

特集

ふんわりパンに魅せられて

2019/06/28

五反田の朝食店「東京豆漿生活」で食べる台湾の「朝ごパン」3選

毎日ギリギリまで寝て、朝を疎かにしていませんか? 朝ごはんは、一日をハッピーに過ごすための大切な食事。たまには早起きをして、特別な朝を過ごしてみてはいかがでしょう。朝8時から台湾の伝統的な朝ごはんが食べられる「東京豆漿生活(トウキョウドウジャンセイカツ)」をご紹介。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

台湾の伝統的な朝食を旅気分で味わえるお店

「東京豆漿生活」は五反田の路地に建つ、いい感じのビルの1階

同店は、台湾の朝ごはんとして定番の豆漿(ドウジャン)と台湾のパンをいただける「台湾式朝ごはん専門店」。神田にある台湾スイーツ「豆花」の人気店「東京豆花工房」の2号店として今年2月にオープンした。

豆漿とは豆乳のことで、日本のものよりもサラッとしていて、飲み口は爽やか。それをベースにいろんな味に仕立てて、パンと合わせて食べるのが台湾人の定番の朝ごはんなんだとか。

板でもしっかりと専門店であることをアピール。かわいいデザインに期待も高まる
大きな窓から爽やかな朝日が差し込む店内はとっても明るい

朝10時ごろ、店内に入るとすでに大盛況。朝からこんなにも活気ある場所が五反田にあったなんて。インテリアや家具の作りもどことなく台湾を感じさせ、温かな木の質感が落ち着きのある空間を演出している。さっそく店主の田邊さんにお店自慢の朝ごはんを紹介してもらおう。

\教えてくれたのはこの人!/

田邊与志久(たなべよしひさ)さん。奥様が台湾人で、過去に1年半ほど台湾で暮らしたこともある。「台湾の食文化を日本に広めたい」とお店をオープン
田邊さん
田邊さん
「台湾人の朝ごはんは、ほぼ100%といっていいほど外食なんです。家では作らず、家のまわりにある朝ごはん屋さんに行きます。種類は中華系、麺、おかゆ、西洋風のものまでいろいろあって、バリエーションも豊富なんですよ」

子供も含めて家族でそうした朝ごはんを食べることが日常の光景なんだとか。そんな中、「東京豆漿生活」で食べられる朝ごはんはどんなもの?

田邊さん
田邊さん
「伝統的な、昔から食べられているような朝ごはんになりますね。台湾には豆漿(豆乳)の文化があって、朝はその豆漿に中華系のパンを合わせて食べるんです。朝から栄養価の高い豆乳とそれに合う台湾のパンを食べれば、一日の活力になりますよ!」
豆乳は店内で毎朝作られる無添加の豆乳。すっきりとした優しい味。メニューの開発には現地の料理人も関わり、本場の味を追求
早朝から店内で焼かれた10種類近くのパンが並ぶ。「餅(ピン)=パン」や「油條(ヨウティヤオ)」という揚げパンなど、どれも台湾の定番の味
田邊さん
田邊さん
「台湾で食べられる中華系のパンは生地をあまり発酵させていなくて、ほろほろ崩れる生地が特徴です。その中に肉の餡やピーナッツペーストなどが詰まっていて、そのまま食べても十分おいしいんですが、現地では豆漿に浸したり、崩し入れたり、好きな食べ方で食べられています」

現地の味を味わう、オススメの組み合わせはコレ!

「東京豆漿生活」では4種類の豆漿を用意。せっかくなので豆漿とパンのオススメの組み合わせを田邊さんに聞いてみた。

その1:鹹豆漿(シェンドウジャン)と花生餅(フォアシェンピン)&葱肉酥餅(ツォンロウスーピン)

右:花生餅250円 中:鹹豆漿450円 左:葱肉酥餅280円

まずは同店でも人気の高い定番の組み合わせ。「鹹豆漿」は、干しエビや干し大根、酢、醤油、ごま油などで味を調えたもの。ゆるく固められているため豆腐のような感覚で、4種類の豆漿の中では一番食べた感のある豆漿だ。

これには、ぜひピーナッツローストのペーストを入れた花生餅、醤油ベースの肉の餡を包んだ小籠包的な葱肉酥餅を合わせて。甘さとしょっぱさが、少し辛みもある鹹豆漿と相性がいい。

葱肉酥餅。文字通り中には葱と肉がぎっしり。しっかり味が付いていて薄味の豆漿にぴったり。生地はパイのように層になっており、これがホロホロとした食感を生み出す秘密
こちらが花生餅。ピーナッツペーストには塩が少し入っており、独特の甘じょっぱい味が食欲を刺激する
鹹豆漿はメニューの中で唯一固まっている豆漿。滑らかな食感で、つるりと食べられる

その2:豆漿(ドウジャン・プレーン)と油條(ヨウティヤオ)、葱蛋(ツォンダン)を挟んだ焼餅(シャオビン)

味付け一切なし。素材と製法にこだわって作った豆漿260円。焼餅と油條は共に180円。挟んだ葱蛋が100円

「日本人にとってはインパクトが大きいと思いますが……」と田邊さんが言うのが、焼餅というプレーン系のパンに、揚げパンの油條と卵を焼いた葱蛋を挟んだサンドイッチ的なメニュー。

焼餅に何かを挟んで食べるというのが現地では定番で、特に油條を挟むのが昔からあるスタイルなんだとか。味付けは卵にかかっている五香粉(ごこうふん:八角や山椒など5種のスパイスを調合した中国の代表的なスパイス)がメインで、ボリュームたっぷり。朝からお腹いっぱいになれること請け合いだ。

手に持ってみるとこんなに大きい!

ボロボロとこぼれやすいため、プレーンな豆漿の上で食べることをオススメしたい。豆漿にはお好みで砂糖を入れ甘みを付けることも可能。ちなみに、温or冷が選べ、これからの夏には特に冷たい豆漿が美味だとか。

その3:胡麻豆漿(フーマードウジャン)と胡麻餅(フーマーピン)

胡麻豆漿380円、胡麻餅220円(1個)

こちらは少し変わり種の組み合わせだが、胡麻をふんだんに使った栄養たっぷりなメニュー。胡麻豆漿はたっぷりの黒&白の胡麻を混ぜたもので、ほんのり甘い味が特徴。さらさらとしていて、こちらも冷たいメニューが合いそうだ。

胡麻餅は、断面を見てもわかるように胡麻ペーストがぎっしり詰まっていて、手に持つとずっしりとした重さを感じる。胡麻豆漿につけて食べたりしても胡麻の風味が更に増し、おいしくいただける。

少なくなったところに胡麻餅を崩し入れても良し。胡麻豆漿と胡麻餅の相性は、胡麻×胡麻なので言わずもがなだ

まさに理想的な朝ごはん。

朝から行列ができることも珍しくないので、少し余裕を持って訪れよう

思い思いに豆漿とパンを選んで、仕事の前に、休日の朝に、充実した時間が過ごせる「東京豆漿生活」。豆漿とパンはおいしいだけでなく、「身体にいい栄養がしっかり取れる」「豆漿はスッキリとしていて胃にもたれない」「それでいて、トータルではしっかり食べた感がある」という、まさに理想的な朝ごはん。

田邊さんは「この台湾の朝ごはんの文化が日本にも広まると嬉しい」と言いますが、確かに一度この朝ごはんを体験すれば、「自分の家の近くにあったらいいのに!」と思わずにはいられない……。その魅力度の高さは、台湾のビジネスマンや留学生が足繁く通っていることからも明らか。そんな強力な引力を持った朝ごはん、ぜひご賞味あれ。

取材・文/石井 良 撮影/野口 彈

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES