人気のこだわりグルメが集結!いなべの新名所『にぎわいの森』

2019/07/13

人気のこだわりグルメが集結!いなべの新名所『にぎわいの森』

名古屋・大阪など県外からフレンチやパン・スイーツなど人気の飲食店が集結した『にぎわいの森』が2019年5月18日OPEN!地産地消にこだわった最高のグルメが堪能できます。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

グルメの名店が集結

“自然豊かな森の中にある「ヒュッテ(小屋)」を巡る”がコンセプトです

梅林で有名ないなべ市は、三重県の最北部に位置し、豊かな自然に恵まれた食材の宝庫。いなべ市の新庁舎の敷地内に5月18日(土)オープンした『にぎわいの森 Inabe Hütte(イナベヒュッテ)』は、県外からフレンチやパン・スイーツなどの人気の飲食店が集結した複合施設です。

 

鈴鹿山脈の麓にある山岳都市ならではの、緑にあふれた『にぎわいの森』。木漏れ日の中、ピクニック気分でお店を巡りをしながらお買い物が楽しめます。


食肉加工屋 FUCHITEI(フチテイ)

いなべ産の精肉を使用したソーセージ

名古屋市天白区で絶大な人気を誇った、フレンチビストロ『フチテイ』。惜しまれつつ名古屋のお店を閉めたオーナーが、いなべ市に移り住み『食肉加工屋 FUCHITEI(フチテイ)』を新たにオープンしました。
いなべ産の食材を追求したフレンチシャルキュトリーとしてソーセージをホットドッグにアレンジして気軽にいただけます。

 

フチテイ』で人気のホットドッグのセット。サラダもドリンクも地元の食材を使っています。

▼DATA▼
営業時間:11:00~16:00(L.O.15:00)
※売り切れ次第終了
定休日:火・水曜日
TEL:0594-87-6017
イートインスペース:有
席数:店内22席、デッキ7席


r26(エールヴァンシス)

 

全国的にも人気を集めている、大阪発のパティスリー「ラヴィルリエ」が新業態店として『にぎわいの森』に『r26(エールヴァンシス)』を出店。季節感あふれる絶品スイーツが並びます。自分へのご褒美はもちろん手土産にも最適です。アイスクリームも人気ですよ。

▼DATA▼
営業時間:10:00~19:00
※売り切れ次第終了
定休日:火・水曜日
TEL:0594-87-7130
イートインスペース:有
席数:店内8席


ロブ いなべヒュッテ

 

名古屋と幸田町の人気カフェ「カフェロブ」の新業態店『ロブ いなべヒュッテ』。ふわふわのパンケーキとこだわりコーヒーが人気のカフェです。

 

オーダー後に作るふわふわのパンケーキやフレンチトーストは絶品。豆からこだわったコーヒーはもちろん、タピオカドリンクもおすすめ。

▼DATA▼
営業時間:10:00~19:00(L.O.18:00)
※テイクアウトは19:00まで可
定休日:火曜日
TEL:0594-72-6486
イートインスペース:有
席数:店内16席


魔法のぱん

名古屋の「プーフレカンテ」でも、予約しなければ買えない食パン

名古屋市瑞穂区で行列のできるパン屋さん「peu frequente (プーフレカンテ)」待望の2号店。いなべの良質な素材を使い、クオリティーを落とさずリーズナブルにと、同業のパン屋さんも、作る姿勢や腕前に脱帽なのだとか。名物の食パン「魔法のぱん」は必食!

▼DATA▼
営業時間:9:00~18:00
※売り切れ次第終了
定休日:火・水曜日
TEL:0594-87-7007
イートインスペース:無


キッチュ エ ビオ いなべヒュッテ

 

フードブティックというコンセプトでオーガニックをメインとした品が揃っている『キッチュ エ ビオ いなべヒュッテ』。グローバルゲートにも店舗がある「ナゴヤ キッチュ エ ビオ」の3号店として出店しました。

 

ワインなどの輸入食料品、地元農産物をふんだんに使った手作りのデリやスイーツが味わえ、厳選された食料品や調味料が並びます。

▼DATA▼
営業時間:10:00~17:30
定休日:火曜日
TEL:0594-72-7773
イートインスペース:有
席数:店内24席


ブルーチップ ファーム

ワイン用のぶどう園

愛知県常滑市の一流ファームが栽培する、ワイン用のぶどう園。農園、レストラン、農産品加工販売等、農業の6次産業化を行っています。美しい自然に囲まれたいなべの景色を大切にし、視覚的にも楽しめるぶどう園です。

※写真はイメージです

メディアでも話題の『にぎわいの森』。商業観光施設に留まらず、働きがい・生きがいを感じれる新しい街づくりとして目が離せません。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES