令和にも残したい! レトロ自販機グルメ

2019/07/10

令和にも残したい! レトロ自販機グルメ

昭和世代には懐かしく平成生まれには新鮮で、令和にも残していきたい、絶滅危機のレトロ自販機グルメ。伊勢崎市にある自販機食堂で、懐かしくおいしい時間を過ごしませんか。

Deli-J(デリジェイ)

Deli-J(デリジェイ)

レトロ自販機のアンテナショップ「自販機食堂」

そばやうどん、ハンバーガーにトーストサンド。ほかほかグルメが楽しめる自動販売機が並ぶ「オートレストラン」の全盛期は1970年代。時代の流れとともに姿を消していますが、車社会・群馬では現存する店舗が多く、自販機グルメマニアからは「聖地」と呼ばれることもあるとか。その中の一つ、伊勢崎市にある自販機食堂へ行ってみました。

新しく家族連れや女性一人でも入りやすい

マンション1階にある店舗。看板のロゴもかわいい

自動販売機食品を長年にわたり製造してきた「ミトミ」が、自社製品のアンテナショップとして2014年11月にオープンした自販機食堂。以来多くのお客さんでにぎわっています。

明るく清潔な店内。程よい広さで居心地が良い

定番はもちろん新商品も味わえる

トーストサンドの自販機
自販機のボタンもレトロでステキ
できたてアツアツが出てくる

店内には3台の自販機が並びます。肉厚のハンバーグにミートソースとタルタルソースを合わせたハンバーガー「タルタルミート」や、子どもも大好きな「コーンマヨネーズ」のトーストサンド、粉から打つ中細麺を使用したラーメンは自家製チャーシューやスープも絶品。焼きおにぎりからヒントを得たオリジナルメニュー「Hacoめし」も人気です。

Hacoめし(300円)、ラーメン(350円)、ハンバーガー(300円)。どれもここでしか味わえない自慢の味

グルメだけじゃない楽しみもいっぱい

レトロ自販機マニアでは知らない人はいない、今はなき「グーテンバーガー」のパネルが入った自販機や、昭和に大流行したおもちゃのガチャガチャ「コスモス」も。思わず写真を撮りたくなるものばかりが並んでいます。

オーナーの都丸さん。グーテンバーガーのロゴ入りTシャツがお似合い
昭和世代にも懐かしい、おもちゃのガチャガチャ・コスモス

オーナーは開店前からSNSで情報発信し、自販機マニアと交流を続けています。機械の修理やオリジナルグッズの開発など、多くの仲間に助けられています。懐かしさあふれるゲーム機も、仲間が設置してくれているそう。子どもも大人も夢中になってしまうかも。

大人には懐かしく、子どもには新鮮。シンプルなゲームは老若男女楽しめる
自販機のデザインや店のキャラクター・Hacoちゃんのキーホルダー(700〜1000円)も販売中。おみやげにいかが

来店者の思いがつまった「おもいでノート」

店には遠方からわざわざ足を運ぶ人も少なくありません。レトロ自販機への熱い気持ちや味の感想など、お客さんが思い思いにペンを走らせた「おもいでノート」は必見。時間を忘れて見入ってしまうほど、濃い内容になっていますよ。読んだ後はぜひ一言、残してみては。

プロ顔負けのイラストが描かれているページも

存分に楽しむために小銭を忘れずに

店に並ぶのは昭和時代に作られた自販機。店内には100円玉を10円玉に、1000円札を100円玉にする両替機はありますが、高額紙幣と500円玉は両替できません。
好きなメニューやゲームを気兼ねなく楽しめるように、出掛ける前に小銭を用意していくことがポイントです。
おいしくて懐かしい時間を、たっぷり味わいましょう。

※掲載の情報は2019年7月時点のものです。最新情報はホームページなどでご確認ください。

月刊Deli-J(デリジェイ)

月刊Deli-J(デリジェイ)

毎月25日発行

「いつものぐんまにちょっとプラス」 群馬県内最大43万部発行のフリーペーパーです。

この記事を書いたライター情報

Deli-J(デリジェイ)

Deli-J(デリジェイ)

いつものぐんまにちょっとプラス。群馬県内最大43万部発行のフリーペーパーです。群馬での生活をさらに楽しく、価値あるものへと導く特集を企画。食や文化、観光情報など、県民にもまだ知られていない群馬の魅力を旬のテーマでお届けします。

Deli-J(デリジェイ) が最近書いた記事

SERIES