黒船襲来!!トランプも通うNY発のステーキ店が関西初上陸

特集

がっつり肉を食べたいならやっぱりステーキ!

2019/07/07

黒船襲来!!トランプも通うNY発のステーキ店が関西初上陸

NY発のステーキ店「BLT STEAK OSAKA」が6月21日、大阪の商業施設「ハービス大阪」にオープンしました。アメリカ大統領が通ったとも言われる高級ステーキ店が関西初上陸したということで、八重歯が発達しているライターT(30代男性)がガブっと行ってまいりました!

ラプレ

ラプレ

オバマやトランプも愛したステーキ店

2004年、ニューヨークに1号店を開店。伝統的なステーキ店(ステーキとポテトのみ)と一線を画すため、フレンチのシェフを呼んでコース料理を提供するなど高級路線を目指したそう。客単価は1万5,000円前後を想定しているようです。たしかに高い・・・。

入口の様子 重厚な感じです

入店すると「チャージング・ブル」が出迎えてくれます。

ウォール街の象徴です

アメリカ・マンハッタンのウォール街にある雄牛(ブル)で今にも体当たり(チャージ)してきそうな様子からそう名付けられたようです。ウォール街の象徴らしく、毎日数千人が訪れるとか。すごすぎる。「像じゃないんかい!」というツッコミはナシでお願いします。店内は個室やバーカウンターを備え、オシャレな雰囲気でした。

バーカウンター
個室の様子
テーブル席

【料理のご紹介】

BLT STEAKではお肉だけでなく、シーフードやパンにもこだわっています。

照りが素晴らしいアスパラ

シンプル・イズ・ベストということで塩・コショウという最小限の味付けで炒めたアスパラの登場です。穂先はもちろん、茎までみずみずしくて口の中でとろけました!お次はパンです。

デカいシュークリームと思いました

パンはパンでも「ポップオーバー」というそうです。カップに卵・牛乳・バター・薄力粉などを入れてオーブンで焼いたものです。焼きあがり途中の、ふくれる様からその名がついたと言われています。

無塩バターに食塩をつけていただきます

フランスパンに近い食感でした。噛み応えがあってバターの風味が口いっぱいに広がります。

ではお待ちかね、ステーキの登場です。

漫画で見るようなやつ!

でかい、でかすぎる。お肉の重さを聞いたら750グラムでした。鉄板奥にみえるのはローストしたニンニクで、1個丸ごと使っているのもアメリカっぽくてgood。アメリカ農務省が最高位に格付けした「プライムグレード」のみを使っているだけあってウマイ!身がしっかりしているのですが、肉汁がうまく閉じ込められていて、噛むほどに肉の旨味が出てきます。上にのっているのはハーブなど香草とバターを混ぜたものです。ハーブの爽やかさとバターの塩分がこれまた肉に合う!ニンニクは長時間ローストしているようで、トロトロに崩れます。750グラムという重量を感じさせない食べやすさでした。

最後は締めのデザートです。

あらおしゃれ

最後は「ピーナッツバターチョコレートムース」をご紹介します。アメリカを閉じ込めたような名前で、ちょっとおもしろいと感じたのは私だけですかね。ピーナッツバターの甘さとビターチョコレートの苦さが絶妙です。生地にはクッキーも混ぜているようで、ザクっとした食感も楽しめました。上の白いのはバナナのアイスクリームです。一番上に乗っているの、なんだと思います?「サラミですか?」って真面目に聞いたら笑われました。正解は薄くスライスしたクッキーでした。

大統領が通うのもわかるおいしさでした。毎日いけるほどお手軽ではないですが、頑張った自分へのご褒美や大事な人と行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES