食べ歩きも!?大ブームの〆パフェ専門店がついに表参道へ上陸

2019/07/11

食べ歩きも!?大ブームの〆パフェ専門店がついに表参道へ上陸

札幌のシメパフェブームの先駆けとなった「INITIAL」が東京に上陸、表参道にオープンしました!華やかで美しいパフェには、北海道の牛乳を使ったこだわりソフトクリームに新鮮なフルーツがたっぷり入っています。見た目も独創的、お酒にも合わせやすいまさに“大人のパフェ”。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

時間帯で表情を変える店内

 

明治神宮前(原宿)駅から徒歩5分、「INITIAL 表参道(イニシャル 表参道)」は“デザートとお酒のマリアージュ”をコンセプトにオープンしました。おしゃれな街並みによく馴染む、スタイリッシュな外観が目印です。

 

店内は極力無駄を省いたシンプルなデザイン。日中は、大きな窓から差し込む光とほどよく配置された植物のおかげもあって、とても居心地のいい空間です。

INITIAL 表参道

夜の店内は、アートな照明で大人の雰囲気へと表情を変えます。
飲み会のあと、甘いものだけは別の場所で…なんてときにもぴったりなカフェなのです。

豊富なパフェメニュー

 

シメパフェ専門店ということで、鮮やかなパフェがたくさん!その種類の多さに、メニューを見て思わず迷ってしまいます。

「贅沢いちご」(1300円税抜)

お店で特に人気のメニューは、新鮮なフルーツがたくさん入った華やかなパフェ。「贅沢いちご」は、季節の国産いちごを惜しみなく使用。
その独創的な盛り付けも、とてもインパクトがあります。フランボワーズのソース、ローズヒップのジュレ、いちご果肉のジャム入りです。

「ぶどう」(920円税抜)

北海道の牛乳を使ったこだわりのソフトクリームがお店の自慢です。一般的な牛乳と生クリームの割合を無視し、牛乳の割合を大幅に増やして作られています。だから、まるで本物の牛乳を飲んでいるかのようにおいしいんです!
そんな特別なソフトクリームを存分に味わいたいという方は、ぜひフルーツ控えめなパフェを選んでみてください。そのフレッシュな味わいにきっと驚くはず。

「パルフェマロン」(1300円税抜)

ちょっと大人っぽくて、見た目もモダンなメニューも。「パルフェマロン」は、マロンクリーム、栗の渋皮煮、栗の甘露煮が入った“モンブラン”をイメージさせるパフェ。しかしグラスの底には、りんご、バタフライピーのジュレなどが敷き詰められ、クリームと混ざり合い変化する味を楽しむことができるんです!
フルーツやソフトクリームのようなフレッシュなパフェとはまた違ったアーティスティックな一品です。

パフェはテイクアウトも可能!

INITIAL 表参道

ソフトクリームはもちろん、一部のパフェはテイクアウトが可能です。
パフェを食べ歩きできるというのも、ほかではなかなかできることではありません。
華やかなパフェを手に歩けば、周りの視線を独占してしまうかも!?

INITIAL 表参道

華やかなパフェがずらりと並んで、一度訪れただけでは足りず全メニューを制覇したくなりますね!
ぜひ、ショッピングの途中や飲み会のあとなど、さまざまなシーンで訪れてみてください。

Text&Photo:近藤かおり
Photo:INITIAL 表参道

●掲載の内容は2019年6月時点の情報に基づきます。 変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

お酒の後の新定番!夜限定、大人のための“シメパフェ”専門店

お酒の後の新定番!夜限定、大人のための“シメパフェ”専門店

おでかけメディア『るるぶ&more.』

シメパフェとは、文字通りお酒のシメにパフェを食べる北海道発の文化だそう。このシメパフェ専門店が渋谷にあると聞き、早速潜入!シメパフェ文化の火付け役的存在「パフェテリア ベル」で初体験してきました!

恵比寿カフェの夜パフェ!【ミスター黒猫スイーツトレンド】

恵比寿カフェの夜パフェ!【ミスター黒猫スイーツトレンド】

おでかけメディア『るるぶ&more.』

毎回スイーツがおいしい素敵なお店を紹介しています。今回は、恵比寿の人気カフェ「ESPRESSO D WORKS(エスプレッソ ディー ワークス)」に登場した話題の夜パフェをご紹介します。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES