[札幌]この夏リニューアルした白い恋人パークへ出かけよう

特集

スケール特大! 北海道のおでかけ体験

2019/07/21

[札幌]この夏リニューアルした白い恋人パークへ出かけよう

札幌の人気観光施設「白い恋人パーク」。2018年4月からリニューアル工事をしていましたが、2019年7月、ついにグランドオープン。パーク内は「観て・知って・味わって・体験できるチョコレートエンターテインメント施設」をテーマに大規模改装されました。

オントナ

オントナ

見学コース「チョコトピアファクトリー」は、さらに楽しく!

年間約75万人が訪れるという、お菓子の魅力いっぱいのテーマパーク。北海道銘菓「白い恋人」の製造工場が見学できたり、スイーツワークショップ・ドリームキッチンでクッキーのデコレーションをしたり…ここでしか体験できない楽しみがいっぱい。今回のリニューアルで、体験・参加型コンテンツがますます充実しました。

「白い恋人」の製造ライン。内装も明るくなり、見やすくなりました

工場の内装は、ホワイトチョコレートの白を基調にした明るい雰囲気に一新。大人かわいい品のよさと、清潔感があります。ここでは1日に約30万枚の「白い恋人」を作っているそう(北広島にも製造工場があります)。
見学コースも以前より広くなって、新たにバウムクーヘンの製造工程も見られるように。職人さんの動きにも注目してみると楽しいですよ。

コース内には、“白いこびと”たちが「白い恋人」ができるまでを再現する、キュートな大型ジオラマも登場。自分でハンドルを回してジオラマを動かせるのも、また一興です。

見学コースに設けられた、全長約10mの大型ジオラマ

工場から立ち上る甘い香りに、食べたい〜と子どもがぐずっても大丈夫。入館すると白い恋人パーク限定パッケージの「白い恋人」1枚がもらえます。

チョコレートを愛しすぎた博士と巡るツアーや、ワークショップも

新設の「チョコトピアハウス」では、チョコレートを愛しすぎた博士と一緒にチョコレートの秘密を探る、約30分のツアーへ。時空を超えてチョコレートの四大革命を見に行く、プロジェクションマッピングショーが楽しめます。映像を使ったショーは、写真には収められないため、ぜひ自身の目で確かめて。

見学コースの壁にも博士のメモを掲示。「白い恋人」の名前の由来もあるので探してみて

大人気のお菓子作り体験も、チョコレートの愛にあふれた街をコンセプトに生まれ変わりました。ワークショップスペースが広くなり、短時間で楽しめるチョコレート作り体験コースも新設。約14cmのハート型の白い恋人にチョコペンでお絵描きする人気コースも復活です。リニューアルしたカフェでは、「白い恋人パフェ」「チョコレートフォンデュ」などオリジナルスイーツをぜひ味わって。

おしゃれな空間に生まれ変わった「チョコトピアマーケット」
落ち着いた雰囲気のカフェ「チョコレートラウンジ・オックスフォード」

まるでヨーロッパ。地元民からも愛される英国風のローズガーデン

英国風の中庭

パークにはレンガが敷き詰められた英国風の中庭もあります。美しく手入れが行き届いているのは、専属の庭師がいるため。6〜7月が一番の見頃ですが、8月下旬〜と、10月にも返り咲きのバラが見られるそう。春〜秋まで楽しめます。

毎正時に行われる、からくり時計のアトラクションもぜひ楽しんで。合図のシャボン玉が、パーク内のあちこちから飛び出したら、時計塔を見上げましょう。 “チョコレートカーニバル”の始まりです。軽快な音楽にあわせて動くかわいいマスコットの姿に、大人たちも思わずにっこり。

「北海道コンサドーレ札幌」のマスコット、シマフクロウのドーレくんの姿も

キッズタウン、ガリバータウン…子どもが遊べる施設もたくさん

ガリバータウン・ポッケでは、自分が巨大なガリバーになったような気分になれるミニチュアの街で“なりきり遊び”をしたり、タウン内だけで使える通貨でゲームをしたり、プリンセスのドレスに着替えたり…子どもの夢がふくらむタウンです。このほか、チュダーハウスには、雨の日でも子どもたちがのびのび遊べるキッズタウン・ピッケがあります。

ガリバータウン・ポッケの入り口。左には「宮の沢白い恋人サッカー場」があります
中庭から見あげたチュダーハウス。中世ヨーロッパへタイムトリップした気分
オントナ

オントナ

札幌圏に暮らす消費の主導権を握る女性に向けた生活情報紙 健康、食、ファッション、美容、旅、お金、住宅など、地域での生活全般をテーマに、幅広いジャンルの情報が満載です。

他にも「白い恋人鉄道」や、真っ赤なロンドンバスなど、子どもが楽しめるポイントがいっぱい。白い恋人のチョコレートを使った「白い恋人ソフトクリーム」もぜひ、食べてみてくださいね。

パーク内のロンドンバスは撮影スポットとして人気。隣にはソフトクリームハウスが

この記事を書いたライター情報

オントナ

オントナ

札幌圏に暮らす消費の主導権を握る女性に向けた生活情報紙 健康、食、ファッション、美容、旅、お金、住宅など、地域での生活全般をテーマに、幅広いジャンルの情報が満載です。

オントナ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES