繊細なバラスイーツと共に。コーヒーをゆったり楽しめる専門店

繊細なバラスイーツと共に。コーヒーをゆったり楽しめる専門店

2019/07/07

三重県菰野町(こものちょう)は、御在所岳の麓に広がる自然に囲まれたのどかな町。最近はおしゃれなカフェが多くなってきている注目エリアです。「珈琲屋 真戸運永(マドンナ)」は、そんな菰野町で香り高いコーヒーと芸術的なスイーツを楽しめる喫茶店。特別な時間を紡ぎ出してくれます。

ことりっぷ

ことりっぷ

ステンドグラスと小窓から光が漏れる店内

 

三重県菰野町を走るローカル線、近鉄湯の山線の「桜駅」から徒歩10分ほどの場所にある「珈琲屋 真戸運永(マドンナ)」。少し暗めの店内を入ると、独特のアーチを描く天井やステンドグラスをはめ込んだ窓などがあり、教会やワイナリーのセラーのよう。外の世界を忘れさせてくれる、静かで落ち着いた空間が広がっています。

 

店内で印象的なのが8mほどあるという一枚板のカウンター。20年以上使い込まれた味わいのあるそのカウンター席に座れば、お店の歴史を感じることができます。店主の山喜多さんがコーヒーを淹れる様子も見ることができる、特等席です。

オーダーを受けてから淹れる、香り高いコーヒー

 

お店の主役は挽き立て淹れたてにこだわるドリップコーヒー。アメリカンよりさらに飲みやすいソフトブレンドからしっかりとした風味が楽しめるストロングまで、好みや気分で選べるさまざまなコーヒーを用意しています。

「真戸運永ブレンド」(460円)

すっきりとした後味で人気なのが店名を冠したオリジナルブレンド。菰野町の美味しい水も味わいの秘密です。好きなカップを選べるのはカウンター席に座った人だけの特別なサービスとなっています。

賞味期限は3分間?はかなく繊細なデザート

「コーヒーゼリー」(500円)

そしてお店の隠れた名物となっているのが、ブランデーグラスに盛り付けられたコーヒーゼリー。ゼリーの上にはバニラアイスクリームが薔薇の花のように美しく盛り付けられています。コーヒーリキュールとシナモンの風味がアクセントになった、芸術的なデザートに思わずみとれてしまいますが、アイスクリームなので、あっという間に溶けていきます。

 

このコーヒーゼリー、最初はただアイスクリームをすくって盛り付けているだけだったそう。山喜多さんのアイデアで、ひと手間加えてみたところ、人気を集めるようになりました。オーダーを受けてからゼリーの上にアイスクリームをスプーンで薄く削り、一枚一枚盛り付けていく様子も芸術的。30秒もかからず完成してしまいます。

コーヒーにあう自家製スイーツがいっぱい

 

レア、ベイクド、スフレなど、6種類のチーズケーキも人気。ハーフサイズでオーダーできるので、いろいろ食べ比べてみるのがおすすめです。コーヒービーンズチョコレートやチョコブレッドなど、ちょっと食べたいときにぴったりなお菓子も用意されていますよ。

「コーヒーに合うようにと、ケーキやお菓子はすべて手作りするようにしています。夜遅くまで営業しているのは、私自身がディナーの後にコーヒーを傾ける時間が好きなので」という山喜多さん。夜にしっとり、美味しいコーヒーとお菓子を楽しめば、一日の疲れも癒されそうですね。手間暇惜しまずひと手間かけて目でも味でも楽しませてくれる喫茶店で、ぜひ素敵な時間を過ごしてみてください。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載