一度食べたらヤミツキに!名古屋・栄生のこだわり「あんぱん」

2019/07/12

一度食べたらヤミツキに!名古屋・栄生のこだわり「あんぱん」

パンのなかでも幅広い世代に人気の「あんぱん」。つぶあんやこしあんなど、好きなあんこは人それぞれ。そこで、ちょっぴり大人な「あんぱん」を一度楽しんでみませんか?

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

小豆の甘さを引き出したあんこがたっぷり詰まった「あんぱん」

栄生駅前でアクセス良好!

名鉄名古屋本線栄生駅から徒歩1分。昼時には店内が人であふれかえるほどの人気店『Le Supreme.(ル・シュプレーム)』。
木製のナチュラルな外観からは、親しみやすさを感じます。

小ぢんまりとした店内ですが、パンのラインアップは豊富です

木を基調とした店内には、デニッシュや調理パンなど見た目にもオシャレなパンがたくさん並んでいます。

「あんぱん」(173円)※焼き上がり時間 8:00、12:00

看板商品の「あんぱん」は、他の店よりも丸みを帯びた形をしており、中にはあんこがびっしりと詰まっています。

薄い生地のなかにギュッと詰まったボリューミーなあんこ。あんこが生地を支えることで丸みのある形状に

シェフの渡辺さんによれば、あんこをたくさん入れることで生地に高さが出て、ぷっくりとした見た目になるのだとか。
そんなコロンとした可愛い生地の中に、たっぷりと入ったあんこは今にも飛び出しそう! 女性でも楽しめるような小ぶりなサイズはおやつにぴったりです。

「ちょっぴり塩気を感じるあんぱんをぜひ楽しんでみてください」とシェフの渡辺さん

美味しさの秘密は和菓子に使うものと同様だというあんこにも。
小豆の甘さを引き立たせるため、砂糖の量は控えめにして塩を加えることで、甘さと塩気のバランスが絶妙な味わいに。

他にもあります! オススメのパン

「ブリオッシュ・フリュイ」(378円)

イチゴやブルーベリーなど季節のフルーツが愛らしい、見た目も華やかな「ブリオッシュ・フリュイ」。クリームとフルーツの酸味を楽しんで。

「フーガス・ノワール」(378円)

イカスミの黒い生地がクールな一品「フーガス・ノワール」。自家製の黒オリーブのペーストや、グリュイエールチーズなどを使用しています。

「クロワッサン・アンヴェルセ」(216円)

シェフこだわりの生地をバターで包み込む“逆折込み”製法で作った「クロワッサン・アンヴェルセ」。しっかりとバターの風味が感じられます。

 

ドイツパンやフランスパンなど、食べ応えのあるハード系のパンもオススメです。

Sのロゴが目印

『ル・シュプレーム』至極の「あんぱん」は、一度食べたらヤミツキになること間違いなし。ぜひ味わってみては!
栄生本店のほかに、ジェイアール名古屋高島屋店もあります。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

SERIES