「ほんとの空腹」を満たす、魅力もカツもあふれる名食堂@二本松

2019/07/09

「ほんとの空腹」を満たす、魅力もカツもあふれる名食堂@二本松

「ふくしま定食部」部長の東野氏が今回訪ねたのは、二本松市・岳温泉の人気食堂『成駒』。岳温泉といえば、芸術家・高村光太郎の詩集「智恵子抄」で、光太郎の妻・智恵子が「ほんとの空」があると称した安達太良山麓の自然豊かな温泉街……その空の下でぜひ食べてほしいのが、こちらのかつ丼なのです。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『ふくしま定食部』部長・東野

『ふくしま定食部』部長・東野

「ほんとの空腹」を満たす、魅力もカツもあふれる名食堂@二本松

岳温泉のメインストリート。坂を見上げた左角のどこからでも目に入る場所に、昭和23年創業の老舗『成駒』さんはあります。

雨の岳温泉街に映える「ソースかつ丼」の看板

中に入ると、紫紺の暖簾の上に掲げられた「ソースかつ丼・ヒレ・ロース」の木札も誇らしく出迎えてくれます。

暖簾には「昭和二十三年創業」の文字

今回は小上がりにご案内いただき、立てかけられたメニューに目を通します。やはり成駒さんですからソースかつ丼ですよね。今日は朝からヒレ気分でしたので、すぐに決まりです。

メニューの下に書かれた温泉たまごは100円の文字。「格別」と書かれていてはトッピングしない手はないです。

「温泉街食堂の名脇役」!
汗をかいた高清水のグラス越しに注文を待ちます

注文までの時間、何気に目にしたドリンクメニュー。食堂の賑わいと温泉街に来た解放感とで「夢の味バヤリースオレンジ」を食前にいただくことにしました。

キャッチコピーが付くだけで飲みたさ200%アップ!

脚付きグラスにたっぷりと湛えられたバヤリースは、なんとも豪華。これは温泉入浴後におじゃますればよかったなと少し後悔。

「夢の味 バヤリースオレンジ」(300円)。今回は、「初恋の味」と迷いながらも「夢の味」に決定!
「温泉たまご」(100円)。丁寧な包装に、温泉だけではなく愛情でも温められていると確信

優雅にオレンジジュースを堪能していると、温泉たまごが先行して到着。きれいに包装されていて、愛おしささえ覚えます。

ほどなくして、丼の北半球を持ち上げるボリューミーな「ソースかつ丼(ヒレ)」が到着です。

「ソースかつ丼(ヒレ)」(1,250円)。丼を持って鼓笛パレードに参加しても新作シンバルのようで違和感なし
鍛えられた腹筋のごときビジュアル

かんざしのように添えられたレモンを搾ったり、別添えのカラシを乗せたりしながら、我を忘れてガブガブといただきます。

サクッとした衣にレモンでさらに食べやすく
カラシで爽やかに味変。付けすぎに注意

ご飯が見えたところに温泉たまごを滑り込ませると、ふたたび丼の中は満席に。

ピアノの鍵盤ほどはあろうかという厚みのかつは、衣はサクッと肉はやわらか。たまごを纏わせて奏でるように食べ進みます。

温泉の食堂では必須アイテム
厚い!けどやわらかい。ここまで食べにくる価値あり

美味さとボリュームで満足になったら、小鉢のもやしでクールダウンです。

満腹になっても体が求めるもやし

店主の祖先は、かつて二本松藩で馬に関する仕事をしていたそう。それに加え、食堂として成功するようにという願いから『成駒』と初代店主が命名したといいます。

そのためお店には、200年前の二本松藩時代の貴重な重箱も。二本松という土地や、祖先に対する想いが伝わりました。

「重ねる」の重ではなく、歴史の「重み」の重だと確信

雨の日の食堂と温泉。贅沢なコースでした。次回も空腹でおじゃまします!ごちそうさまでした。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES