本場四川省の香辛料を活かす本格中華 上海ヌードル 珊

2019/07/12

本場四川省の香辛料を活かす本格中華 上海ヌードル 珊

那覇市赤嶺を散策していると、ガラス張りでインテリアがかっこいい雰囲気のお店を発見しました。お店の名前は「上海ヌードル 珊」。本格的な中華麺や点心が味わえる穴場なんです。

琉球新報Style

琉球新報Style

中国一の美食の都・四川省から仕入れる香辛料

「辣香担々麺」(ラーシャンタンタンメン、850円、税別)。細麺とスープの相性も◎です

写真の「辣香担々麺」(ラーシャンタンタンメン、850円、税別)はシェフこだわりの一品。中国四川省より仕入れている唐辛子や花椒(ホアジャオ)などの香辛料と、豆板醤を使用し作られています。「辛そうと思うかもしれませんが、ただ辛いだけでなく、甘みや酸味なども併せ持つ奥深い味に作っているんですよ」と説明してくれたのは、スタッフの石井佳奈さん。一口食べてみると確かに、ピリ辛風味の中にさわやかな香りや複数の味を楽しむことができます。

チームワーク抜群の石井佳奈さん(中)とスタッフの皆さん

石井さんによると、スープ作りにもこだわっていて、北海道羅臼産の昆布や県産あぐー豚の骨を煮込んだだしに、先述の四川産の香辛料や調味料を合わせているのだとか。日本のラーメンの丁寧な作りと、中華料理の香辛料の魅力が合わさったメニューなのです。

同店では、上質なコーヒーも提供している他、かわいい茶器を使った中国茶も人気です。中国茶は台湾より輸入している茶葉を使用し、店頭での購入も可能ですよ。

洗練された雰囲気の店内

Menu

芝麻担々麺………………850円
本場四川汁なし担々麺………980円
紅焼叉焼麺………940円
上海小籠包(3ケ入り)………510円
香港旨ラー油ぶっかけ飯………350円
中国茶(各種)………580円~

この記事を書いたライター情報

琉球新報Style

琉球新報Style

沖縄の毎日をちょっと楽しく新しくするウェブマガジン。「あそぶ」「まなぶ」「みがく」「くらす」「たべる」「はたらく」の6テーマで、面白い話題や気になる情報、魅力ある人のインタビューなどをお届けします。

琉球新報Style が最近書いた記事

SERIES