肉好きのすすきの民は必見!肉刺しや肉寿司など肉づくし居酒屋!

肉好きのすすきの民は必見!肉刺しや肉寿司など肉づくし居酒屋!

2019/07/08

胃袋わしづかみの炙り肉寿司に始まり、低温調理で安心安全な肉刺し、しゃぶしゃぶなど...これでもか!とお肉料理が楽しめる居酒屋さんに潜入してきました!

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

肉刺し!肉寿司!肉づくしメニューをリーズナブルに!「にくと酒とACT」

夏と言えば肉とビール!旨い肉を肴に冷たいビールとかサワーをグビッと煽れば、スタミナ回復&夏バテ解消!明日からの鋭気も養えますよね。

というか、お肉って耳にするだけで自動的に高まります!

これまでも、魅力的なお肉料理のお店を沢山紹介してきました。

すすきの周辺の肉料理のお店の実食レポはこちらも参考にされてください。

今回紹介するお店は、低温調理の肉刺し&肉寿司や、しゃぶしゃぶなど、肉づくしメニュー満載な上に、コスパも高いオススメの肉居酒屋さんです!

「そうだ お肉を 食べよう。」エントランスではこのポスターがお出迎え

「にくと酒とACT」さんは、南5西5東角の酒タバコ販売店MOMOYAさんが1階にあるモモヤビルの3Fにあります。

エレベーターを降りるとすぐにこちらのポスターがお出迎え!お肉を食べる気満々で来てますが、更にその肉食欲(語彙力)をかきたてられます。

店名を聴いて気づいた人もいるかと思いますが、こちらはあの藁焼き料理で人気の居酒屋「WARAYAKI酒場 あくと」さんの系列店でもあります。

店内は清潔感のある白木風で明るめ。性別年齢を選ばないので使いやすい

店内はL字カウンター席、6名がけのテーブル席、半個室のボックス席とコンパクトながらゆったりと座れる作り。白木仕様の清潔感溢れる明るい店内なので、若い人でも気張らずに使えそうです。

さらにボックス席に入ると…

拝啓 お肉様 完食お見舞い申し上げます。今日のお味はいかがですか?明日も頑張ってください。敬具

暑中見舞いならぬ、肉中見舞い。こういう細かい演出って何気にあがりますよね。


メニューを見ると、まずドリンクが結構お安い!

レモンサワーが普通のレモンサワー以外にすりおろしレモンサワー、ソルティレモンサワー、相スティレモンサワー、シャリキンレモンサワーとなんと4種の他に、イチゴやキウイなどの果肉サワーなどが390円から。

ビール、ハイボール、サワー、焼酎、カクテル、野菜酒や梅酒、ワイン、ソフトドリンクも豊富にあり、飲み放題メニューも120分1280円からOK。


フードメニューは、おつまみ系がイベリコサラミ、パルマ産プロシュート生ハムなど12種類あってオール420円。3種盛り(980円)4種盛り(1280円)も可能。

そして、看板メニューその1の肉刺しは、牛タン、砂肝、鶏レバー、ガツ、牛モモ、牛モモ肉ユッケ、ドライエージング豚肩ロース、鶏胸肉のタタキ、牛ハツ、鶏胸肉など480円。おまかせ3種盛り(980円)5種盛り(1580円)もあります。

看板メニューその2の肉寿司は、白老牛ブリスケ、牛タン、牛モモ、牛トロ軍艦、ドライエージング豚肩ロース、鶏胸肉のタタキ、鶏胸肉が何と1貫180円から!こちらもおまかせ3貫盛り(500円)5貫盛り(980円)に出来ます。

他にも季節のオススメメニューや、気まぐれカレー、牛トロ丼、油そばなどのご飯ものもあって、メニューのほとんどが肉!肉!肉の怒濤の肉尽くしです。

まずは看板メニューの肉刺し5種盛りをオーダー。

どんなお肉ちゃんがやって来るのかなとワクテカしながら待っていると、

「お遠しです」

とドリンクと一緒に現れたのが…。

お通し「白老牛ブリスケ」

え?お通しから肉寿司!それも白老牛?初っぱなからモービックリ←

「軽く炙って火を入れますね」と店員さんが目の前で炙ってくれます。

目の前で炙って
炙りたてを
いただきます!(すいません、高まり過ぎて手が震えてます←)

ブリスケってのは前脚の付け根近くの脂身の多い肩バラとか肩カルビとも呼ばれる部分。炙りを入れることで甘い脂が溶けて、シャリと一緒にほどけます。

目も舌も胃袋もお通し一発でわしづかみされちゃいました。

興奮もさめやらぬ中、肉刺し5種盛りがやってきます!

低温調理で美味しく安心安全!未体験の美味しさ「肉刺し5種盛り」

階段状に盛りつけてでてくる肉刺し5種盛り(1580円)

5種盛りは階段盛りででてきます。

全て低温調理が施されているので、安心、安全かつ合法にレアなお肉をお刺身のように食べられるんです。

低温調理っていうのは、「芯温を60℃以上に保ったままじっくりと熱を入れる調理法」で、生肉に近い味わいで(ローストビーフとかに近い感じですね)しかもお肉から水も出ていっちゃわないのでしっとり感も残ります。

薬味は奥から山わさび醤油、塩レモン、柚子胡椒の3種。シャーベット状になっている塩レモンって珍しいけど、これは何にでも合いそう。

さて早速それぞれ食していきましょう!

道産牛のモモ

牛モモ刺し。赤身のギュッと締まった肉質が、お肉食べてる感満載です。当然ですが臭みなども全く無し。柔らかくしっとりしてるけど食いごたえあり!のビールやサワーがススム奴です。

道産牛のハツ刺し

牛ハツ刺し。やや肉厚にカットされた牛ハツは、プリプリ&コリコリで、甘み抜群!噛むと閉じ込められた肉汁があふれます。ドッシリとした力強い味わいでワインに合います。

豚ガツ刺し

豚ガツ刺し。湯引きなんかも美味しいですが、低温調理したガツは、コリコリ感にさらに弾力と柔らかさを加えたような食感。塩レモンが抜群に合います。ビールから日本酒や焼酎などオールラウンドに酒が飲めそうな永久機関的な強力な伏兵です。

鶏レバー刺し

鶏レバー刺し。今回一番驚いたのがこの鶏レバー。しっとり濃厚でメチャメチャ旨いパテみたいな舌触り&味わい。聞くと、バケットに合わせる人もいるみたいです。赤ワインとの相性最強。

鶏砂肝刺し

砂肝刺し。別名砂ズリとも呼ばれる消化器官。こんなにピンク色下きれいな砂肝見たことありません。脂肪がほとんどなく筋肉で出来た部位なので、コリコリ感は最強です。

部位ごとに薬味を変えたりお酒を変えたりすることで、何十通りものグルメ気分を満喫出来ます。

1貫180円から!牛豚鶏さまざまな部位をネタにした肉寿司

肉寿司おまかせ5種盛り(980円)

続いてオーダーしたのが、肉寿司おまかせ5貫盛り。

白老牛のブリスケ、ドライエイジング豚肩ロース、牛モモ、牛タン、鶏たたきの5貫でした。

そしてこちらも目の前で炙りを入れてもらいます。

こちらも炙っていきます

これは後で気づいたんだけど、お寿司の場合こうやって炙りを入れた方が、お肉の脂は融点が高いので、シャリとネタがお口の中で合わさりやすい気がします。というか早く食べたい!

は...早く食べたい!
お通しでもでてきた白老牛のブリスケ

白老牛のブリスケ肉寿司

二度目ましてだけどやっぱり美味い!この溶けた脂の甘みが半端無い!(二度目なのでお通しの時よりきれいに写真撮れてるのは内緒)

やっぱ脂身の次は白身→赤身かね?と鶏たたき→牛モモと肉寿司通ぶってローテーション。

鶏たたきはサッパリした淡白な味わい。炙られた部分はやや香ばしく身はジューシー。

牛モモはさっきの肉刺しでもコメントしたけど、肉々しさ溢れるワイルドな味わい。

この余韻のまま豚肩ロース→牛タンでゴール。

豚肩ロースはこれまた脂の甘みが強く、シャリとの相性も良し。

牛タン、この厚さの道産牛のタンがくるりと巻かれていて贅沢。ほぼ筋肉質な牛タンを炙ることで、旨味がほどけて美味しい!口の中で永久に噛んでたい!

ちなみに牛タン好きの私はオススメするすすきのの牛タン店はこちらも参考にされてください。

牛タン好きにはこんな素敵メニューもあります。

牛タンしゃぶしゃぶ(二人前)

牛タンしゃぶしゃぶ(写真は二人前)。このプチしゃぶ(牛タン|白老和牛ブリスケ|2種盛り)はどれも1人前980円で注文出来ます。

にくと酒とACTさんの総評

肉寿司に始まって低温調理の肉刺し、しゃぶしゃぶなど徹頭徹尾「肉づくし」料理を気軽に楽しめる居酒屋さんです。

他にも肉寿司や肉刺しに牛タンしゃぶしゃぶのついたコース(3500円)や肉刺し5種にブリスケ寿司1貫のついた二次会コース(2500円)など、飲み放題付きのコースも豊富にあるので、ぶらり1人で、デートや会食に、肉を肴に大人数で打上げ…など使い勝手も抜群。

オススメです!

この記事を書いたライター情報

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

「すすきのへ行こう」は運営20年の道内最古参ローカルウェブマガジンです。アジア最大最北の歓楽街「すすきの」を中心に札幌市のグルメ・観光・イベント情報をお届けしています。行列の絶えない超有名店から地元民でも知らない穴場なお店まで、幅広くカバーした実食レポートが好評です。

すすきのへ行こう が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載