広島県初登場!噂のカフェから鎮守府まで…呉の歴史を巡る

広島県初登場!噂のカフェから鎮守府まで…呉の歴史を巡る

2019/07/11

広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』(2019年6月20日放送)では、俳優・吉村卓也が、呉鎮守府開庁130周年を迎えた呉を巡った。海上自衛隊呉地方総監部への訪問や呉戦艦巡り、老舗や新店を紹介。

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

広島県初登場!噂のカフェから鎮守府まで…呉の歴史を巡る

最初に訪れたのは、「海上自衛隊 呉地方総監部」。自衛隊のPRに大いに貢献しているというミセスジャパンアースと出会った後、一般公開している第1庁舎や旧日本海軍地下作戦室見学へ。

自衛隊のPRには欠かせない存在のミセスジャパンアース

次に訪れた大和ミュージアムでは、「日本遺産「呉鎮守府」開庁130周年記念事業」の一環である展示を紹介する。18点以上のものを展示している中で、珍しいのは、大和のみにしか設置されていなかった46センチ主砲の火薬缶。ほかにも、海の底に眠る大和とその乗務員の声が聞こえるような展示品を間近に見ることができる。

大和ミュージアムを後にした吉村は、海上自衛隊呉基地へ。ここでは、海上自衛隊自衛官OBによる案内を聞きながら、迫力の軍港クルージングを体験。呉艦船めぐりで観られる艦船は多彩で、海上自衛隊の潜水艦や護衛艦など様々。大迫力の艦船を間近に眺めながらのクルージングは呉ならではの魅力だ。

大迫力の艦船を眺めながらのクルージング

クルージングの後は、今年4月にオープンした「オールカフェ×タニタカフェ」へ。広島県では初となる「タニタカフェ」で、1日の半分量の野菜が取れるワンプレートが人気だ。中でもおすすめは、タニタカフェオリジナルの“噛む”スムージー。栄養価はもちろん、かみごたえがあるため、しっかりと口を動かし体にも良いという。

1日の半分量の野菜が取れるワンプレートが人気

最後に、海軍さん御用達だった店「五月荘」へ。呉の細うどんや、実際に艦内でも食べられていたという肉じゃがなどが並ぶ「大和むすび御膳」をいただきながら、五月荘の歴史に触れた。

「大和むすび御膳」

鎮守府として栄えた呉は、その面影と共に新しい町へと歩んでいる。鎮守府開庁130周年を迎えた今の呉を訪ねてみるのもおもしろい。

情報ワイド番組「みみよりライブ5up!(ごーあっぷ)」

情報ワイド番組「みみよりライブ5up!(ごーあっぷ)」

月曜~金曜 夕方4時45分

今、知りたい旬な情報やおトク情報、ニュース、スポーツなどに“本音”で向き合い、楽しく広島を盛り上げる番組です!

この記事を書いたライター情報

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

テレビ朝日系列 広島ホームテレビ です。広島周辺の情報を中心にお伝えいたします。

HOME広島ホームテレビ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載