ご褒美にウニの天ぷらはいかが?愛知・春日井『天ぷら てる』

2019/07/16

ご褒美にウニの天ぷらはいかが?愛知・春日井『天ぷら てる』

40年以上地元で愛され続けたお店が移転オープン。春日井の『てんぷら てる』をご紹介します。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

上質な食材とモダンな雰囲気!ご褒美ディナーにぴったりのお店

春は山菜、夏はキスやアナゴ、秋はキノコ類やサンマ、冬には白子やゆり根といった四季折々の天ぷらがいただけます。基本は植物系の白絞(しらしめ)油で、食材によってはゴマ油を加えたり、油の温度を変えるなど、繊細に作りこまれた天ぷらはお酒のあてにもぴったりで す。中でもウニの天ぷらは店主ご自慢の一品。ぜひオーダーしてみて。

洗練された雰囲気の外観

パッと明るい外観。洗練された雰囲気が漂っています。
あっさりとした天ぷらがいただけるとあって、オープンから多くの人でにぎわっているそう。夜は予約がおすすめです。

清潔感溢れる店内

白を基調としたシックで落ち着いた店内にはカウンター席がずらり。オーダーされてからお客さんの目の前で天ぷらを揚げます。素材のうまみを引き出す職人の技、素材の香りやあげる音を目の前で楽んで。
カウンター席のほか、奥に6人掛けの個室もあり。シーンに合わせて使うことができます。

コース一例

コースは5000円、6500円、8000円の3コース。写真手前のウニを海苔巻にして揚げた「ウニの天ぷら」は店主自慢の一品。うにの甘さとサクッとした衣のハーモニーが絶妙です。6500円以上のコースか単品でオーダー可能。訪れたら絶対に頼みたい一品です!

「甘鯛の天ぷら」(1500円)

鯛の骨からとった上品なスープとパリッと揚がった鱗の食感が楽しめる「甘鯛の天ぷら」。老舗天ぷら店らしいこだわりが感じられます。

受け継がれてきた伝統の味を守りつつ、新しい感覚にアレンジされている『天ぷら てる』の天ぷら。
落ち着いた空間と上質な料理を堪能できるので、大人デートでもぜひ利用したいお店です。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES