山に向かったその先は・・・静岡県『白糸ノ滝』

2019/07/14

山に向かったその先は・・・静岡県『白糸ノ滝』

滝の魅力に引き寄せられて、少し曇り空の中をバスで山へ向かいます。「お天気が悪いかな。雨が降りそうかな。」そんな心配も吹き飛ばす迫力ある場所が、静岡県『白糸ノ滝(しらいとのたき)』『音止の滝(おとどめのたき)』にありました。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

この音が止まったのか。『音止の滝』の伝説。

白糸ノ滝 案内マップ
音止の滝

富士宮市駅からバスで街を走り、山に向かって約30分。到着したら地図を確認して『白糸ノ滝』を目指します。その手前で洗礼を受けました。『音止の滝』です。
高さ25mから滝壺へ向かって落ちてゆく水。その水しぶきの豪快さ。それは「轟く」という言葉がぴったりなほどに、息を飲む。滝の上を流れる水は、落ちゆく一瞬、生き物のように空を目指して滝壺へ向かう。滝壺に落ちた水は集まって深い碧色となり、何事もなかったかのようにまた流れていきました。

白糸ノ滝 案内看板

滝の上には、天照大御神と磐長愛尊(いわながひめみこと)をお祀りしている「厳磐叢神社〈ゆついわむらじんじゃ〉」があり、縁結びの神社だそうです。

白糸ノ滝

昭和11年、国の名勝及び天然記念物に指定され、昭和25年、観光百選滝の部で1位になり、平成2年、日本の滝百選に選定された『白糸ノ滝』。戦国時代末から江戸時代初期にかけて富士山信仰〈富士講〉の開祖・長谷川角行の修行の地ともされ、人々の修行の場となっています。
年間通じて水温12℃、高さ20m、幅150m、毎秒1.5tもの富士山の雪解け水がその絶壁から流れ落ちています。大小数百もの滝が壁を伝い流れる姿は優美。その名の通りの白い糸。浄化の力を持つ富士山の霊水は、離れていてもその力が十分に届く瑞々しさです。

滝飛沫で虹がかかります

晴れていたら滝の下には大きな虹が架かっていて、所々に小さな虹も。滝の下の柵まで惹き込まれ進むと、その虹の中へ吸い込まれてしまいそうです。

降り注ぐのは富士山の湧き水のミスト。点のように細かな粒子が飛んできて体に染み渡り、呼吸をし体へ取り込み、自分の中の悪いものを吸収し浄化してくれるかのようです。
時間は止まって、体は浮いているような。

虹の中へ、向こう側には白い糸。

滝の下から上の方へ階段を昇ると、雲がない日には富士山を拝むこともできます。この日は右上に大きな雲が出ていて、富士山はかくれんぼしていました。
近くには、角行が水行をしたという霊跡であり、源頼朝がその水面を鏡に髪の乱れを直したという由来の「御鬢水(おびんみず)」があります。透明度が高く、エメラルドの輝き。

迫力ある滝と虹のコラボ

滝、虹、空、富士山のパワーは、雨でも晴れでも関係なく溢れ、自然というものの鼓動を感じる場所でした。目の前の現象をどう受け止めるかは自分次第。七色の光の中に入って非日常な体験を、そして、雨の季節と富士山の湧水で自分に恵みの水を降らせてみるのはいかがでしょう。

[All Photos by kurisencho]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES