進化系カプセルホテルに泊まってみた!ナインアワーズ竹橋

2019/07/14

進化系カプセルホテルに泊まってみた!ナインアワーズ竹橋

ここはどこ? と思わせるような近未来的な外観!! 実はカプセルホテルなんです。進化系カプセルホテルの代表格ともいえる「ナインアワーズ」の一店舗である東京・竹橋店。そんな宇宙船のような真っ白い異空間が広がるホテルを、実際に宿泊してリポートします!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

真っ白い吹き抜け洗練空間がカプセルホテルの概念を覆す

外観
エントランス

オフィスビルが立ち並ぶ中に突然姿を現す、眩しいほど真っ白な外観。エントランスを入ると、地上8階まで吹き抜けの空間が広がり、館内も真っ白!! これがカプセルホテル? とビックリするくらいの洗練されたデザイン。

専用エレベーター

皇居までわずか3分のロケーションをもった「ナインアワーズ竹橋」は、2018年3月に誕生。フロント奥には、男女別フロアへの専用エレベーターがあり、セキュリティー面にも配慮が行き届いているので、女性のひとり旅にも安心です。

宇宙船の秘密基地のようなポッドが並ぶ異空間

コの字型にレイアウトされた建物は、真っ白い壁とガラス面が多用され、ちょっと遠近感がおかしくなるほどの広がりと開放感。そこにラウンドフォルムのスリーピングポッド(カプセル)が整然と並び、宇宙船のピットにいるような(宇宙船に乗ったことはないけれど・・・)近未来的な空間をつくっています。

スリーピングポッド(カプセル)
スリーピングポッド(カプセル)

横幅約1.1mのポッド内も、もちろん真っ白。ラウンドフォルムなので、一般的なカプセルホテルに比べ圧迫感も少ないよう。電源コンセントやUSBジャックは各1つ備わっていますが、テレビはないのでご注意を。

スリーピングポッド(カプセル)
スリーピングポッド(カプセル)

秘密基地のようなポッドから一歩踏み出せば、外階段が続く吹き抜けの空間が広がり、カプセルホテルということを忘れさせるほどスタイリッシュ!

外階段

清潔感あるパウダールーム&シャワールームの使い心地

ロッカールーム

男女別に設けられた各フロアには、キャリーバッグを収納することもできる大きなロッカーに加え、パウダールームやシャワールームを完備。真っ白ということもあって、非常に清潔感があり心地好いバスタイムを送れそう。

アメニティ

通常のシャワーに加えて、身体に沿って流れ落ち高い温浴効果とリフレッシュ感をもたらすレインシャワーのようなウォームピラー、ミント系のアロマが香る爽快感いっぱいのシャンプーやコンディショナー、ボディーソープなども備わっているのもうれしいポイント。もちろんタオルや歯ブラシ、スリッパ、館内着などのアメニティーもそろっています。

ナイキの最新シューズも100円でレンタルできる進化系カプセルホテル

ロッカー

実はこの「ナインアワーズ竹橋」は、皇居が近いこともあり、ランステーションとしての機能をもったナインアワーズ初のホテル。24時間利用可能な「ランプラン」は1回500円というリーズナブルな料金で、ロッカー・シャワーに加え、1時間のポッド利用もできるので、皇居ランニングの後シャワーでさっぱりしてひと眠り、なんていう使い方も。

ナイキのシューズ

タオルセット(バスタオル・フェイスタオル)200円やTシャツ、ハーフパンツ各100円のレンタルも可能で、手ぶらでラニングを楽しめるというわけ!

さらに、もっと手軽にランニングを楽しめるように、1カ月間、無料でランニングシューズを保管できるシューズロッカーのほか、ナイキの最新シューズ「ナイキズームフライ」「ナイキエアズームペガサス35」も100円でレンタルでき、その履き心地を確かめることも。

「ランプラン」のほかにも、「シャワープラン」1時間700円(ロッカー・シャワー・タオルセット・ポッド利用)や「仮眠プラン」1時間1000円があり、“ホテル=泊まるところ”というイメージに、新しい価値観やプラスαの付加価値で楽しませてくれる、進化系カプセルホテルの顔ももっていました!

[Photos by tawawa]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES