清里限定のショコラソフトクリームも「コート・ドゥ・ヴェール」

2019/07/14

清里限定のショコラソフトクリームも「コート・ドゥ・ヴェール」

清里・八ヶ岳の注目エリアのひとつ、「コート・ドゥ・ヴェール」をご紹介。牧場やレストラン、ドッグランや工作工房なども。人気のBean to Bar(ビーントゥバー)工房「アルチザンパレドオール(旧 清里マチス)」は、食べ歩きやお土産探しにもおすすめです。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

清里限定のショコラソフトクリームも「コート・ドゥ・ヴェール」

コート・ドゥ・ヴェール

清泉寮や萌木の村など、魅力的な観光スポットが点在する清里・八ヶ岳。今回は、グルメやアクティビティが楽しめるエリアのひとつ、「コート・ドゥ・ヴェール」をご紹介します。人気のBean to Bar(ビーントゥバー)工房「アルチザンパレドオール(旧 清里マチス)」は、食べ歩きやお土産探しにもおすすめ。

焼きマシュマロを気軽に楽しめる!

焼きマシュマロ

コート・ドゥ・ヴェールの敷地内に入ってすぐのところで目をひくのがこの看板「焼いて食べる やきやきコーナー」。100円で気軽に焼きマシュマロや八ヶ岳鹿肉のソーセージも楽しめるんです!

焼きマシュマロ
焼きマシュマロ

焼きマシュマロは3つで100円。鹿肉ソーセージは1本100円。自分で串に刺して、炭火でじっくり焼きます。特にマシュマロは気をつけないと、真っ黒にこげてしまうので要注意!きつね色になるまで、遠火でじっくり焼いてくださいね。トロトロできたてのおいしさが楽しめます。

おいしそうなメニューが目白押し!自然派レストラン「美味小舎(うまごや)」

美味小舎(うまごや)

大地の恵みが存分にいただける、自然派レストラン「レ・プラ・ドゥ・ラ・テール 美味小舎(うまごや)」。自家栽培の無農薬野菜やオーガニック栽培の食材をいかした、ワンプレート料理が中心です。

メニュー

季節のプレートメニューから、放牧牛のステーキ丼、美味小舎特製スペアリブ丼、豚せいろ御膳などなど。どれも食べたくなってしまう魅惑的なメニューです。八ヶ岳野生鹿のカツ丼なんて、珍しいものも。

隣接されたBBQ広場では、野趣あふれる串刺バーベキューも楽しめます。自家製の燻製や本場ドイツ仕込みのソーセージなど、一品料理もあり。

話題のソフトクリームも!「アルチザンパレドオール」

アルチザンパレドオール

コート・ドゥ・ヴェール内で一番にぎわっていたのがここ、Bean to Bar(ビーントゥバー)工房「アルチザンパレドオール(旧 清里マチス)」です。テラスではソフトクリームをおいしそうにいただいている観光客がたくさん。

ソフトクリーム

こちらがそのソフトクリーム。「ソフト バレドオール(各500円)」です。アルチザンパレドオールの店舗は東京や大阪にもありますが、ここ清里でしか味わえないのが、このチョコレートのソフトクリームなのだそう。

白いのにカカオ風味の不思議なソフト【ブラン】、自家製ショコラが主役のソフト【ノワール】、その2種のミックス【ランデヴー】の3種類。筆者が訪れたときはGWでしたが、期間限定で清里店のみカラフルカカオのトッピングができました。

店内席

天気のいい日はテラス席が気持ちよさそうですが、店内のイートインスペースもありますよ。

ショコラの味わいを生かした今までにない美味しさを追求したいという、アルチザンパレドオールのラインナップ。チョコレートはもちろん、ドーナッツなどの焼き菓子や生ケーキまで、多彩なショコラスイーツが並びます。人気の獺祭ショコラも。

ソフトクリームは清里のみでのお楽しみですが、商品の一部はオンラインショップでも買うことができますよ。

駐車場の脇には、開放的な広場もあり、大人でも走り回りたくなる(笑)気持ち良さ。敷地内にはこの他にも、オーベルジュやフレンチレストラン、アンティークショップなどもあります。お好みにあわせてお楽しみください。

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES