【伊香保温泉】温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂

【伊香保温泉】温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂

2019/07/14

伊香保温泉を観光するなら、「勝月堂」の湯乃花饅頭は必食!実はあの温泉まんじゅうは、こちらが発祥といわれているのです。もちろんそのおいしさは折り紙つき。行列に並んでも食べたい、お土産にしたい、創業100年の時を経たそのおいしさを現地ルポ!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

温泉まんじゅうはなぜ茶色い?

「勝月堂」の湯乃花饅頭
温泉まんじゅう発祥の店がここ、「勝月堂」

今や日本名物のひとついっても過言ではない、全国の温泉地で見られる温泉まんじゅう。あれってどうして茶色いのか、不思議に感じたことはありませんか?
それは、温泉まんじゅう発祥の地がここ、伊香保温泉だから。石段街にたたずむ「勝月堂」の初代が、伊香保温泉の茶褐色の湯をイメージして、黒砂糖を使ったこの茶色いまんじゅうを考案したのだそう。

明治43年創業、100年以上愛される老舗の味わい

「勝月堂」店内

勝月堂の誕生は明治まで遡ります。勝月堂初代の半田勝三さんは、東京の風月堂で修行ののち、伊香保で和菓子店「勝月堂」を開きました。
あるとき、先見の明を持つ隣人から、「伊香保温泉の自慢できる土産品を作ってみないか」とすすめられます。そして試行錯誤し、誕生したのが、今もなお愛される「湯乃花饅頭」なのだそうです。

並ぶ価値あり!伊香保のお土産、食べ歩きグルメとしてはずせない

「湯乃花饅頭」6個 720円(税込)、賞味期限は常温で2日以内

ふぞろいな形が、むしろ手作りのよさを醸し出している「湯乃花饅頭」。個包装はされていませんが、それもまた素朴でよいものです。
いただいてみると、まずそのふっくらもっちり、芳醇な皮のおいしさに驚きます。できたてはもちろんですが、持ち帰って翌日いただいたときも、そのおいしさは損なわれていませんでした。

皮のふっくら感が伝わってくる断面

そして、甘さ控えめの餡がまた絶妙です。これなら、一人でいくつも食べてしまいそう。実際、筆者の自宅でも大好評で、あっという間になくなってしまいました。12個入りを買うべきだった!と激しく後悔。

バラ売りのときののせてくれる木皿も素朴で可愛い

店頭でいただけるバラ売りは1個100円(税込)。包装はできませんが、お皿にのせて出してくれます。食べ終わったらお皿は返却しましょう。お土産に持ち帰る際は、箱詰めを注文してくださいね。
筆者がお店を訪れたのは金曜日。並ばずにスムーズに買えましたが、伊香保神社などを巡って石段街に戻ってくると、10人ほどの人が並んでいました。やっぱり人気なんですね!

広く知られるようになったのは、昭和の始めに、昭和天皇がお買い上げになってから。その後、全国の温泉地で茶色い温泉まんじゅうが製造販売されるようになります。

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載