テラス席でガレットを♪ フランスを感じるカフェでほっとひと息

テラス席でガレットを♪ フランスを感じるカフェでほっとひと息

2019/07/18

おだやかな時間が流れる仙台市郊外の住宅街にある「メゾンレクラ」。花の香りが口いっぱいに広がる紅茶とともに、ガレットや手作りスイーツを味わえる一軒家カフェです。ここちよい日差しを感じるテラス席で、優雅なティータイムを過ごしてみませんか?

ことりっぷ

ことりっぷ

人が集まる出会いのカフェ

不定期で服の展示会を行なうスペースも併設している

仙台市中心部から車で約30分。緑あふれる閑静な住宅街に一軒家カフェ「Maison l’éclat(メゾンレクラ)」はあります。

「Maison l’éclat」とは、フランス語で“輝きの家”という意味。オーナーの木村さんは、「人と人がこのカフェに集まり、つながる場所になってほしい」という思いを込めて名付けました。

黒いアイアンのアーチを抜けて店内へ

ツタに覆われた入口の扉を開けると、天井が高く、開放感あふれる店内が広がります。

可憐な雰囲気の小さな花が飾られている

テーブルや窓辺など、ところどころに愛らしい草花が飾られた心地よい空間が、気持ちをほっと和らげてくれます。

気分はフランス人♪ こだわりのガレット

「コンプレット」(サラダ・ドリンク付1458円)

明るい日が射しこむテラス席で、フランスの郷土料理・ガレットをいただきましょう。この日は、4種類のラインナップのなかで一番人気の「コンプレット」をオーダーしました。

ガレットの生地は、そば粉と塩、水のみというシンプルなレシピ。「コンプレット」には、長期熟成ロースハムと卵、グリュイエールチーズがトッピングされています。

ほかほかの焼き立てをナイフで切って、ひと口パクリ。外側はカリッと、中はもちもちとした食感に驚きます。トッピングのハムは、宮城県にある手作りハム工房「岩出山家庭ハム」のオリジナル。野菜の煮込み汁やハーブなどに漬け込み、スモークした濃厚な風味が、素朴な味わいの生地にマッチします。

見た目以上にボリュームがあり、食べ応えのあるひと皿です。

スイーツと紅茶のペアリング

「チーズテリーヌ」(594円)

ガレットでお腹いっぱいになっても、デザートはもちろん別腹。濃厚なチーズの味が楽しめる手作りのチーズテリーヌを「CHA YUAN(チャユアン)」の紅茶とともに召し上がれ。

トッピングのジャムは変わることもある

チーズテリーヌはクリームチーズとサワークリームを混ぜ合わせているので、コクがありながらも、後味はさっぱり。なめらかな口溶けもたまりません。トッピングされたいちごジャムもハンドメイド。甘さひかえめで、いちごそのもののおいしさがギュッと詰まっています。

茶葉の販売もしている

「チャユアン」は、フランス・リヨンにある紅茶専門店。世界各国から厳選した茶葉に、良質なフルーツエッセンスや花々をブレンドしたフレーバーティが人気です。豊富なフレーバーのなかから「メゾンレクラ」では、5種類をセレクト。

チーズテリーヌと一緒に味わうなら「ロータスブルー」がおすすめです。ラベンダーや矢車菊などをブレンドした華やかですっきりとした風味が、チーズの香りを引き立てます。

キュートな小瓶に入った人気ジャム

季節によってジャムの種類は変わる。常時5、6種類をラインナップ

「メゾンレクラ」では、鎌倉にあるジャムと焼き菓子の店「Romi-Unie Confiture(ロミユニコンフィチュール)」のジャムを買うことができます。

オーナーの木村さんが「ロミユニコンフィチュール」の元スタッフというつながりから、全国でも数少ない販売店のひとつに。いちごとフランボワーズなど、良質なフルーツを組み合わせたジャムが人気で、ショッピングをしに遠方から訪れる人も多いそう。
乙女心をくすぐるパッケージは、ギフトにもおすすめですよ。

「フランボワーズとキルシュ」(734円)。フルーツとリキュールの組み合わせも人気

素敵な空間とこだわりのメニューを楽しみに、ちょっと足を延ばしてでも訪れたくなる「メゾンレクラ」。ゆっくりと時間が流れる癒しのカフェで、休日のティータイムを過ごしてみませんか?

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載