“ハイボール×絶品つまみ”で夏飲みが堪能できる東京の店3選

2019/08/17

“ハイボール×絶品つまみ”で夏飲みが堪能できる東京の店3選

夏といえばビール!……なんて方も多いかと思いますが、今年の夏は「ハイボールで乾杯」しませんか? ウイスキーをソーダで割ったシンプルなハイボールはどんな料理とも相性抜群。東京都内でハイボールを心ゆくまで味わうことができるお店を紹介します。

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

“ハイボール×絶品つまみ”で夏飲みが堪能できる東京の店3選

・代々木上原【LANTERNE】/からあげ×ハイボール
・新橋【燻男】/燻製×ハイボール
・池袋【焼鳥唐揚ハイボール】/焼き鳥×ハイボール

代々木上原【LANTERNE】/からあげ×ハイボール

大人数にもオススメの広々としたテーブル席。おひとり様でもゆったり過ごせるカウンター席も人気

ハイボールのお供で、一番最初に思い浮かぶのは「からあげ」ではないでしょうか。そんな“黄金ペア”がおいしいお店が、代々木上原の【LANTERNE(ランタン)】。

『名物! 超炭酸 角ハイボール』400円×『鶏もものからあげ』600円(ともに税抜)

超炭酸ハイボール×名物『鶏もものからあげ』

まずは『名物! 超炭酸 角ハイボール』と、同じく名物の『鶏もものからあげ』を注文。

箸で持ち上げると重みを感じるほど大きなからあげは、かぶりつくと、肉汁がじんわり溢れてきます。衣はザックリと、そして肉質は驚くほどやわらか。しっかりとした味付けだからこそ、強い炭酸のハイボールと抜群に合います!

夏のおかわりもう一杯!

『エルダーフラワーハイボール』680円(税抜) 、『キウイとクレソンのサラダ』680円(税抜)

オーガニックのエルダーフラワーシロップをつかった『エルダーフラワーハイボール』はハーブティーのような華やかな香りに、すっきりとした甘さが際立つ一杯。『キウイとクレソンのサラダ』と合わせれば、初夏を感じさせる爽やかなペアリングが味わえます。

【LANTERNE(ランタン)】

住所:東京都渋谷区西原3-5-3 ルネ代々木上原 B1F
電話:03-6407-1863
営業時間:17:00~25:00(L.O.24:00)
定休日:日曜 ※祝日の場合は翌月曜休み

新橋【燻男】/燻製×ハイボール

肩肘張らないカジュアルな雰囲気が魅力。AM2時まで営業しているので、2,3軒目での利用も可能

【燻男】のウリは燻製料理。使用するスモークチップは桜ではなく、ウイスキー樽として30年以上使われた樽材をつかっています。桜チップの燻製より落ち着いた香り、そして優しい味わいで、これが同じくウイスキーを使用したハイボールとマッチするのです。

『燻製ハイボール』580円×『燻製肉盛り』980円(ともに税抜)

燻製ハイボール×『燻製肉盛り』

まずは『燻製ハイボール』を注文。スコッチウィスキーの「デュワーズ」をベースにしたハイボールに、樽材由来の薫香がふんわり香ります。

合わせて頼みたいのが、5種類の燻製肉を堪能できる 『燻製肉盛り』。なかでも骨付きのラム肉は、スパイスとニンニクの香り、ラム肉の旨味が凝縮された絶品です! 一口食べるごとに、上品な薫香のハイボールが進みます。

夏のおかわりもう一杯!

シングルモルトウイスキー「ボウモア」ベースのハイボールと、『燻製鮭』630円(税抜)

海辺に建つ蒸留所で潮風を浴びながらつくられたという、シングルモルトウイスキーの「ボウモア」をハイボールで。合わせるのは沼津港から直送された鮭を使用した『燻製鮭』。箸を入れるとふんわりと身がほぐれ、口の中で優しい塩気がひろがっていきます。

【燻男(いぶしお)】

住所:東京都港区新橋3-16-10 リカム4ビル2F
電話:03-5843-8090
営業時間:17:00~翌2:00(L.O.翌1:00)※金曜は、~翌4:00(L.O.翌3:00)
定休日:日・祝

池袋【焼鳥唐揚ハイボール】/焼き鳥×ハイボール

ウッド調の心安らぐ空間。1日を疲れを癒しにふらっと寄れる、アットホームな雰囲気が魅力

【焼鳥唐揚ハイボール】はその名前の通り、焼き鳥とから揚げを中心とした“鶏料理×ハイボール”が人気のお店です。

『黄金比ハイボール』500円×『迷ったらお任せしましょう10本串』1,600円(ともに税別)

黄金比ハイボール×『焼き鳥10本串』

20種類以上もあるハイボールの中で、一番人気は『黄金比ハイボール』。看板メニューの焼き鳥『迷ったらお任せしましょう10本串』は、その日の朝〆の鶏肉を使用したオススメの焼き鳥と焼き野菜を、味付けもすべておまかせで提供。素材の旨味を生かした絶妙な火入れに、思わず舌鼓してしまいます。

夏のおかわりもう一杯!

『完熟マンゴーとオレンジ果汁のハイボール』680円(税別)と、『鶏レバーの肝ポン酢 600円(税別)』

マンゴーを2週間漬け込んだウイスキーでつくる『完熟マンゴーとオレンジ果汁のハイボール』と、『鶏レバーの肝ポン酢』。まるでジュースのようなフルーティーなハイボールと、自家製ポン酢で食べる鶏レバーは、柑橘の酸味と甘みを贅沢に感じさせます。

【焼鳥唐揚ハイボール】

住所:東京都豊島区西池袋1-34-3 矢島ビルニューウェーブ1F
電話:03-6914-3102
営業時間:17:00~翌1:00、※[金・土・祝前]は、~翌3:00
定休日:無休

オススメの記事

この記事を書いたライター情報

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

グルメサイト「ヒトサラ」は、美味しいレストラン紹介はもちろん、つくり手の情報までしっかりと紹介することで、高い評価をいただけるようになりました。このヒトサラマガジンでは、今まで編集部が培ってきたネットワークやノウハウを通じ、新たな食の愉しみ方や提案ができたらと思っています。

ヒトサラMAGAZINE が最近書いた記事

SERIES