1日中いても飽きません! 飼育種類数 日本一の鳥羽水族館

1日中いても飽きません! 飼育種類数 日本一の鳥羽水族館

2016/09/07

飼育種類数が日本一! 約1200種3万点もの海や川の生きものを飼育・展示している東海エリアを代表する水族館。動物が暮らす実際の環境をよりリアルに感じてもらえるように、斬新で新しい展示方法を取り入れています。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

珍しい生きものに会いに行こう!

ジュゴン: 場所/人魚の海

昔から人魚伝説のモデルとして親しまれてきたジュゴンを日本で唯一飼育展示しています。

他にも、アフリカマナティーなど珍しい生きものも飼育展示。さすが飼育種類数 日本一を誇る『鳥羽水族館』!

ジュゴン: 場所/人魚の海
ラッコ 「メイ」

エサのイカミミを獲るときは、水面より1m以上もジャンプ! エサの位置が高すぎたり低すぎると不満気な表情を見せるとか。

そんな表情もかわいいラッコの 「メイ」は、ぬいぐるみのようなふかふかの毛がチャームポイント。
場所/極地の海

アシカショー

 

ジャンプや輪くぐりなど、アシカたちの愉快なパフォーマンスショーを1日4回行っています。
場所/パフォーマンススタジアム
時間/約15分間

ペンギン散歩

 

キュートなペンギンたちが来館者の目の前を大行進! チョコチョコと歩く可愛いウォーキングに心和みます。
場所/水の回廊(アクアプロムナード)
時間/約10分間

セイウチパフォーマンス笑(ショー)

セイウチのユニークなショー

思わず吹き出してしまうセイウチのユニークなパフォーマンス!会場を沸かすトレーナーとの息もピッタリです。
場所/水の回廊(アクアプロムナード)
時間/約20分間

水辺に暮らす珍しい動物が見られる『奇跡の森』

奇跡の森

両生・爬虫類をはじめとした水辺に暮らす珍しい生きものたちのゾーンです。日本の水族館で初めてとなるスナドリネコの展示を行っています。
吊り橋を渡ったり滝をくぐったり探検気分で巡ってみよう。
場所/奇跡の森

グリーンイグアナ: 中南米に生息する草食性の生きもの。すぐ近くで見ると迫力満点です。 場所/奇跡の森
スナドリネコ: 水かきのついた前足を使って、水辺で器用に魚を捕まえる珍しいネコ。 場所/奇跡の森
うら側探検隊: 水族館の裏側を知ろう!

毎週土曜・日曜には、普段目にすることのない水槽の裏側をのぞきながら、水族館の仕組みを学ぶことができるドキドキわくわくツアー「うら側探検隊」を開催!水族館の裏側をスタッフが丁寧に教えてくれます。
対象/小学生以上
場所/コーラルリーフ・ダイビングなど
時間/約30分間

鳥羽水族館

住所:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
アクセス:伊勢自動車道「伊勢」ICより伊勢二見鳥羽ライン「二見」JCT経由、車で約15分
電話:0599-25-2555
営業時間:9:00~17:00(季節によって異なる)※入館は閉館の1時間前まで
休館日:無休 ※サミット期間中も通常通り営業いたします。
入館料:大人2500円、小・中学生1250円、幼児(3歳以上)630円
年間パスポート:大人6200円、小・中学生3100円、幼児(3歳以上)1550円
駐車場:500台(有料)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載