自由が丘の天ぷらBARでスタイリッシュな立ち飲み!

自由が丘の天ぷらBARでスタイリッシュな立ち飲み!

2019/08/03

自由が丘駅正面口すぐの、スタンディング天ぷらBAR「kiku(きく)」。都内を中心に全国7店舗を展開する「喜久や」の新業態だ。目の前で揚げる天ぷらを、しゃれたBAR空間で楽しめる。メインターゲットは「都会で働く女性」。帰宅前に気分をリセットする第三の場をイメージしているという。

たべぷろ

たべぷろ

イタリアのハッピーアワー文化を提案

レジで注文・支払いをすませ、カウンターで料理を受け取るセルフ方式を採用し、ワインや日本酒はイタリア製のマシンからセルフで注ぐスタイル。店で楽しんだ後は会計のわずらわしさがなく、サッと店を後にすることができる。

すべてにおいて、とにかくスマートかつスタイリッシュで、オトナの女性が心地よく楽しめるタイプの立ち飲み店なのである。

天ぷらは150円~。余分な油を約50%カットする「Dr.Fry」で揚げた天ぷらは、衣はサクサク、中はジューシー!

そして、同店で打ち出している「アペリティーボ」には、ぜひ注目したい。アペリティーボとは、夕食前に軽食とアルコールを楽しむイタリアのハッピーアワー習慣のこと。イタリアでは、アペリティーボでドリンクを注文すると、つまみ風の前菜が食べ放題になる。

同店ではこのアペリティーボを実施し、ランチ後からディナーまでの時間帯は5~6種類のフィンガーフードを無料食べ放題で提供。それで採算が取れるのか、心配になるところだが、「余った食材を活用して作るため、アペリティーボ用に食材を仕入れる必要もない。

食べ放題のフィンガーフードが小粋。「アペリティーボの文化は素晴らしい。日本でもぜひ広まってほしい」と、本間社長

もともとお客さまが少なくなる時間帯ですし、お酒とともに楽しんでいただけるのなら、店にとっても十分メリットは見込める」と、本間社長は語る。

店にとってもお客にとってもWIN–WINとなり得るこのアペリティーボ文化は、今後、日本でも浸透していくのではないだろうか。

同店では交通系ICカードでのキャッシュレス決済にも対応しているが、すぐ目の前の駅券売機でチャージできるのが便利!

●店舗情報
「KIKU 自由が丘店」

所在地=東京都目黒区自由が丘1-11-6 エトモ自由が丘1階
営業時間=11時~23時
坪数・席数=15坪・38席(カウンター)/平均客単価=2,500円

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「おいしい食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう!食の専門紙・日本食糧新聞社が運営しています。

この記事を書いたライター情報

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう! 食の専門紙・日本食糧新聞社が、おいしい食べ方、健康な食べ方、ニッポンの食べ方などをお届けします。

たべぷろ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載