今日はどれにする?名古屋の“まあるい”プリンは手土産にも◎

特集

今よろこばれる手土産はこれ!

2019/07/22

今日はどれにする?名古屋の“まあるい”プリンは手土産にも◎

名古屋・覚王山にオープンした、プリンとシフォンケーキの専門店「QOQONON(ココノン)覚王山」。素材を生かした極上プリンや、季節限定のプリンなど、さまざまな種類のプリンが勢ぞろいしています!店内はイートイン席も用意しており、ゆったりとした空間の中でこだわりのプリンが味わえます。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

おしゃれな店内で好みのプリンをチョイス

 

地下鉄東山線「覚王山駅」から徒歩1分ほどの場所に、2019年2月にオープンしたこちら。プリンとシフォンケーキの専門店として、いろんな種類のプリンなどを取り揃えています。

 

1階はプリンやシフォンケーキが購入できるテイクアウトスペース。ショーケースの中には、定番のプリンや季節限定のプリンなどがずらりと並び、どれにしようか迷ってしまうほど!5~6個プリンを購入する人も多く、プリン好きにはたまらないお店です。

 

2階はイートインができる空間。

広々とした店内では、テーブル席からソファー席まで完備しており、プリンやシフォンケーキとともに、コーヒー(400円)なども用意。午後のティータイムにはぴったり!

QOQONON覚王山の自慢のプリンをご紹介

 

「QOQONON(ココノン)覚王山」のプリンは、那須御養卵や、天然のバニラビーンズ、低温殺菌牛乳、純生クリームを使用していたりと、原材料にとことんこだわっています。また、濃厚で香り豊かな味わいも特徴です。

こちらが名物「覚王山プリン」(390円)。究極のなめらかプリンとして大人気で、一口食べると、なめらかな食感でプリンが溶けてなくなってしまうほど!

 

こちらは名古屋コーチン卵を使用した「金鯱プリン」(480円)。先ほどの「覚王山プリン」と比べて、少ししっかりとした食感で、生クリームとの相性も抜群!

 

名古屋城の「金鯱」をイメージした金箔もあしらい、名古屋らしいプリンに!生クリームのまろやかさとミルキーさが自慢のプリンです。

まだまだある!大人気のプリンに注目

 

プリンは常時7種類で、そこにプラスして季節のプリンがラインナップされています。

「珈琲ゼリー」(420円)は、常時登場するプリンのひとつ。山田珈琲のスペシャルティコーヒーを24時間かけて抽出し、バニラをブレンドしたジュレに仕上げた一品。コーヒーの苦味とプリンの甘みがマッチしたフレーバーです。

 

こちらも常時登場する「ベリーベリー」(450円)。なめらかプリンの上に、いちごのプリンを重ねた贅沢なプリン!ブルーベリーとラズベリーの果実が入っているので、食感も楽しむことができます。

 

8月末ごろまで登場予定の季節限定プリン「マンゴー」(450円)。濃厚なマンゴーがゴロッと入っており、マンゴーの美味しさとなめらかプリンが相性抜群。夏にぜひ食べて欲しい味です。

厳選した素材をふんだんに使用しながら、シンプルなおいしさを届ける「QOQONON(ココノン)覚王山」のプリン。自分用はもちろん、手土産としても喜ばれますよ!

text:岩下加奈

●掲載の内容は2019年6月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

昭和の香りぷんっぷん。#ボンボン喫茶部で人気のレトロメニュー

昭和の香りぷんっぷん。#ボンボン喫茶部で人気のレトロメニュー

おでかけメディア『るるぶ&more.』

モーニングの街として全国的にも有名な名古屋には、いろんな純喫茶があります。そのなかでもおすすめなのがインスタグラムで“#ボンボン喫茶部”というタグがあるほど大人気の老舗洋菓子店「ボンボン」。

NEWなのにレトロ?グランド喫茶「シヤチル」の“硬めプリン”

NEWなのにレトロ?グランド喫茶「シヤチル」の“硬めプリン”

おでかけメディア『るるぶ&more.』

レトロなのに新しい。懐かしいのに今っぽい。絶妙なバランス感覚でおしゃれ空間を作り出している名古屋のグランド喫茶「シヤチル」。なかでも人気が高い、クリームもりもりの大人プリンをご紹介します。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES